3dcf521d.jpg


引用元:「写真AC

こんにちは、ぺんぺんです。
引っ越し後、初めての本格記事になります。

今回「アンガーマネジメント」について取り上げさせてもらったものも、今回の
みんぞくブログ大移動と関係があります。
そもそも「アンガーマネジメントってなに?」ということになりますね。
これを理解していれば、イライラや怒りに対してのコントロールが
できるということなので、是非紹介します。


【そもそもアンガーマネージメントって何?】
アンガーというのは、英語では、アングリーともいいますが「怒り」です。
人間なら誰でも持っている感情なのですが、最近のストレス社会のせいか、
ご自身の怒りをコントロールするのが難しくなっています。

「怒り」の原因というのは様々でその人の感情に左右されると言われています。
1970年代にアメリカで「怒りはコントロールできるし、管理することもできる」と
提唱されて、ようやく日本でも紹介されているのが、「アンガーマネージメント」

これは、政治家などの地位のある人が失態をしない為でもあり、一般の人では、
会社でのしくじりをなくす為、育児ストレスを解消するためにもなるといわれています。

    • 人間関係でトラブルにならないように
    • 子育てで不必要にイライラしないために
    • 職場でイライラせずに効率的に仕事をするために
    • 学校で子どもたちの情操教育の一環として
    • 弁護士、医師などのストレスの高い仕事の人はストレス対策として
    • 経営者は、怒りにまかせた行動で信頼を失わないため、部下のマネジメントのため
    • スポーツ選手は、試合中に頭を冷静に保ち、最高のパフォーマンスを発揮するため
    • 政治家は、怒りで失態をおかしたり、醜態をさらさないため
日本アンガーマネージメント協会」のはじめての方より

【この怒りをどうにかしたい!どうすりゃいいの?】
「怒りの原因」というのは、それぞれ様々で「まともなことをしたのになんで怒られないと
いけないの?」「理不尽なことで怒られた」「自分は悪いことはしていないのに怒られた」
などなど怒りにはいろんな種類があります。
感情のままに、すぐに怒るというのは最近の世の中では危険な行為とも言われ始めています。
怒るのは簡単なことですが、自分の信用を失うこともあるし、
訴えられることもあります。

まず、自分の怒りを理解して、それは怒っていいのかを考え、怒りからくるストレスを
軽減して、落ち着かせることが「アンガーマネージメント」と言われていて、
最近では、5月の下旬に在阪の夕方の情報番組で紹介されて、今日の在阪の情報番組で
木村佳乃さんが「アンガーマネージメント」の勉強をして、育児に利用していたと
インタビューで話されています。

【怒る前に、目をつぶって6秒間瞑想してみる】
「怒り」が生まれると、脳が興奮して「冷静さ」を見失いがちになります。
「日本アンガーコントロール協会」の代表理事・安藤俊介氏によると、
「とにかく6秒間目を閉じて深呼吸してください。たったこれだけで落ち着きます」
と話されています。

あることで怒り倍増でどうしてくれようと思いましたが、
怒りのまま証拠がないまま運営事務局に訴えるのはどこうだろうと
「アンガーコントロール」を取り入れてみました。
さすがに「6秒間目をつぶって落ち着かせる」ということで落ち着かず、
1日ぐらい時間はかかりました。

結局は、トラブルについて考えてみて冷静な判断の上で運営事務局に
通報してトラブル解決になりました。

ここでは、私は怒りを運営事務局にぶつけましたが、怒りのエネルギー満々の
ままで突撃するのではなく、理論的に運営にお話をするという「理論的説明」の
組立時間を与えることで解決へと導くことができました。

【余計な怒りをふりまかなくてもよくなる】
納得のいかない怒りは、どう「6秒間目をつぶって冷静になる」といっても
できないことだと思います。
そういう怒りは、素直に怒ってもそれはいいのです。

ただし、理論的に落ち着いて感情のままに話したり書かないことです。

他の「あ、ほっとけばいいか」ということに対しては、この「6秒間目をつぶって冷静になる」
ということは大変有効です。特に育児ストレスで、思わず赤ちゃんや子供に自分の
イライラをぶつける前に「これでいいのか?」と考える機会を与えることは、とても
有効で、ご自身のイライラを鎮めるといういい結果を生み出します。

【まとめ】
いかがでしょうか?
私も仕事のことや、子供のことでイライラ溜まって、思わず気持ちをどこかにぶつけたく
なるときもあるし、腹立つことをされて怒りたくなる時はあります。

それは、自分が怒りに身を任せてもいいのかと考えてしまいます。
その時に役に立つのが「アンガーコントロール」です。
「日本アンガーコントロール協会」では、ファシリエイターという方が
アンガーコントロールの指導を各地で開催していますので、ホームページで
日程を確認して、一度お勉強してみるのもいいです。
ちなみに、日本アンガーコントロール協会のサイトはこちらからご覧になれます。

体をほぐすこともいいということで、関連本も出ていますので、是非ご一読ください。

アンガーマネジメント入門 (朝日文庫)
安藤俊介
朝日新聞出版
2016-09-07