school_jugyousankan_parents
こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

昨日、たまたまSNS上でバズっている記事を見かけたのですが、「?????」となる話が出ていました。

実際のツイートは、一個人の方のものですから公開は控えます。その中身は「親が公立中出身で子を私立中に入れると、子供の交際費がとんでもない」という話でした。そのあとは、話は延々と続いていました。

私自身、公立中出身で高校から私立高へいきました。確かに内部進学の子で派手なこと地味な子はいました。我が子(私立中高一貫校、中3・女子)はというと、派手ではなく、かなり地味です。

というわけで、私立中学・高校ってそんなに派手なのでしょうか?



学校自体が派手な校風のところはあります

ad6daf5c81776df295ee891051ee8d29_s

見学会や説明会で、いくつかの学校を親子で訪問しましたが、建物が「ここだけ別世界!」という学校は確かにありました。

後から、その学校へ進学した子どもさんのお母さんや、塾の先生からの話で「あそこの学校は、しょっちゅう寄附金を求められますよ」「校則があるようでないので、自由奔放ですね」など話を聞くことはあります。

うちの子が通う学校はというと、目に見える部分は地味ですが、PTA会費が他校より高めということと、PTA主催の春・秋の遠足はありますが、学校からの補助金が少ないので、会費が高くて参加をしたのは1度だけです。(宝塚歌劇観賞会だけは行きました)

中学受験をする為にお金を十分かけられるという家庭は結構多いので、ご家庭の年収が非常に高いてことで、派手な学校はあります。説明会などで親御さんの服装を見ると、すぐにわかるし、持ち物も違うので、思わずひるんでしまいます。

学校外でのママ友付き合いや子ども同士の付き合いで大変な面はあり

38c80c991b9ae168c19f9782b48a07b0_s

クラスでの食事会などの付き合いは、我が子の学校はもちろんどこの学校でもありだと思います。


我が子の学校での例では、授業参観や説明会など始まる2時間前に集合して、クラス内の食事会は毎回ありますね。毎回、その時のクラス代表のお母さん方がお店の確保をされていますが、会費が高めだったり、低めの設定だったりとばらつきはありました。

私は、「会食恐怖症」で誰かと一緒にご飯を食べると大量に汗が出て、つらくなってしまうので、いつも”欠席”にしていました。大人数だと無理で、気心のしれた方とだと問題はないのですが、いつも参加しているママ友さんに聞くと、「うーん、無理して参加する必要もないよ」と教えてくれました。

クラスでの悪評や学校に対する不満も出て、それを肴に話をするので、無理に参加することもないと思います。「参加しないと嫌われる」ってのは一切なしで、参加しないことで除け者にされることはありません。

実際に共働きでお忙しいご家庭など、参加しづらいご家庭は結構あるので、クラスでの食事会の参加は無理しなくていいです。

ただし、部活で「保護者会」が存在する時は、コンクールなどで衣装作りの手伝い、食事の世話などがあり、別途食事会があるので、お手伝いをしなければいけないとなると、多少は参加しないと困ると思います。

子ども同士の付き合いでは、確かに派手に遊んでいる子はいて、我が子も中1の時に「遊びに行こうよー!」と誘われて困ったことはありました。付き合うお友達次第では、お金の使い方が荒くなることはあります。

親御さんがコントロールする必要はありますし、子どもも将来のお金の使い方を考えるいい機会になります。

学校の雰囲気に飲み込まれず、独自路線でも大丈夫!

21e97afeec4c84ebda939cb983ebc676_s

前述した方のツイート内容はかなり長かったのですが、

  • 習い事をしているのに、遊ぶお金の方が高い
  • コスメやアイプチを欲しがる。カラコンも欲しがる
  • お友達からお金を借りている(服を買う為)
  • ブランドものの服を欲しがる
  • 遊ぶところが高い(とあるネズミさんのランドですね)
  • お小遣い制にしていない。必要な分だけ渡している。
という内容でした。冷静に読んでいると、「お小遣い制」をしていないというところに問題はあると思います。我が家は、2000円までとお小遣い設定をして、高校へ上がってからは、子供と話し合いをして、値上げするかは決める予定です。

女の子は、どうしても周りがおしゃれをし始めるので、思春期となると私たち親世代と違って中学生でもお化粧をしている子はいます。

私が私立高校時代でも、派手で遊びまわっている子は一定数いました。しかし、後々成績に反映されるので、子供には「適度に遊ぶのもいいけれど、遊びすぎもあかんのやで」と教えています。

派手な校風の学校でも地味な子はいますし、お化粧品やブランド品を買えるお宅は、それでいいのかもしれませんが、お金というのはいとも簡単に消えるものですから、おうちで「お金に関する教育」をする必要はあります。

親御さんがなんでも買い与えてしまう、言われるがままにお金を渡すということは、子どもさんの金銭感覚を育つことができないので、親御さんも「お金の教育」について考えていくのも大切です。

周りが派手でも、その家の金銭感覚で地味でいることの方が難しいかもしれませんが、後々子どもさんが大人になった時に助かるということもあります。

まとめとして。

049a5f265c24ce3c6c19420e80f7dedb_s

クラスの保護者会ランチでは、上級生・下級生、違うコースやクラスの情報は手に入ります。私は持病の都合で参加していませんが、自分の職業や年収など「探り」を入れられるのがいやでした。

そして、学校でICT教育の説明会の時に、ちょうどライター業まっしぐらでしたので、学校での設備面の質問をかなりしたので、よく子供からの言伝でパソコンやネット回線の質問がかなりきました。

親同士の付き合いはそれぐらいでよいのです。しかし、子供同士の付き合いは「お金の価値観」がまだ未成熟なので、自分の親がどのぐらいだせるかという意識はありません。それには「お小遣い制」をして、どこまで許せるかというのを、家で線引きしないとどこまでも「欲」は消えません。

思春期で「よその子のファッションやおしゃれが気になる」年頃ですが、大人でも「プチプラファッション」を楽しんでいる方はいるし、お肌が弱くてお化粧すらできない子もいます。

日頃から「お金の大切さ」ということと「周りに流される必要はない」ということを教えることは大切です。

今回は、女の子バージョンでしたが、男の子の場合はというと、少し女の子と同じ傾向に走ることはあると聞きます。日頃持つものや、コンサートに行きたがるなど派手な傾向が出てきた時に、話し合いとなりますが、男の子も女の子も今は案外「派手め」なのは確かなので、日頃からよくお金について話し合いをしておきましょうね。

スポンサードリンク