fcd0bbc1f8758d81859d09a03291f918_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

いつもは、子供さんの中学受験対策記事を紹介していますが、先日までは「WEBライター」として、活動していました。教育系から「教育費にまつわる金融系」記事を執筆していました。

現在は、体調不良のため、ライター業は一時休業としていますが、持っている資格や経験から「専門ライター」として執筆依頼をいただく場合はあります。

私が、教育系ライターとして、最近まで活動できたかを紹介します。




クラウドソーシングである程度の実績をあげることからスタート

私の場合は、最初は主婦向けのサイト「シュフティ」というクラウドソーシング社に登録してから、ライターとしてのハウツーを勉強しながら、報酬をいただいていました。最初は、ブログのように書くことはダメですから、何回も修正を受けて、首切りってのはよくありました。

その後、「クラウドワークス」や「ランサーズ」に登録して、様々な分野の仕事をしていましたが、このブログをプロフィールに登録していたところから、教育に関する記事執筆、特に中学受験に関する記事執筆を引き受けるようになりました。

さらに、このブログの内容量が多くなって「有益ではないか?」という情報を掲載していると、問い合わせを通じて、大手塾や大手出版社から直接のお仕事交渉はありました。


いきなり、ブログ経由からの依頼というのは難しいので、クラウドソーシング社でライターとしての書き方や実績を重ねてから、ブログの内容の充実をしていくと、お仕事につなげていくことはできます。

中学受験系記事の執筆で気をつけた方がいいこと

334e9bee879c94c7d25e94e64cf7bee5_s


私は、クラウドソーシングで紹介された案件で長期で継続して執筆できた理由としては、
  • 子供が中学受験した
  • ライター歴がある程度あったこと(せめて登録して1年間数多くこなしている)
  • プロフィールにこのサイトを紹介していた。しかも中学受験に特化している)
は大きかったです。しかし、近年の大手教育系サイトの掲載したいものとしては、「関東圏の情報」に偏っていて、関西圏の事情とはまた異なります。

関東の中学受験事情が欲しいのか、いきなり継続を解除されることはありました。確かに関東圏は「内申書提出必須」の学校は多いものの、関西圏はごく一部であって、受験科目も少なめという学校はあります。

お母さんが子供の中学受験にどれだけ力を入れたかということで、記事執筆を任せてくれるかは、サイト運営者や編集担当さんの判断になりますが、「中学受験をさせた母親」という肩書きだけで、精神論や選び方だけしか語れないと、すぐに契約解除はされやすいです。

今、子供の中学受験の忘記録としてブログを書いていても、書き方や内容が「ライター」としてよければ、問い合わせを通じてお話はあるかもしれません。

気をつけたいのは、「契約書を用意しない」「報酬金額が不明」「月間で書く記事数が多い」など、ライターとして「働く条件」が不明瞭なサイトは、即決せずに細かく条件をお聞きしてから、無理のない条件のもとで依頼を引き受けるのがよいでしょう。

初めてブログからの依頼なら、一度断って、クラウドソーシングでの教育系サイトの執筆依頼から実績を積んでもよいかもしれません。手数料を取られますが、一番安全に働ける場所でしょう。

塾講師や元教師は優遇されやすいけれど、母は強し!

6caa3c304b43ad76f5abbc7352eac5fd_s

中学受験を経験してきたお母さんのブログですが、案外子供さんが合格してから、執筆開始されるのですが、受験と同時進行で書いてきたブログは、一番最強です。

そして、入学後も引き続き書いていくと、ひとつの財産になりますし、学年が上がると新情報を得やすいので、「この情報を追加した方がいいのでは?」などわかると、リライト(内容をほぼ変えずに追加するなどの作業)や修正(入学してから間違いに気が付いたこと)、追加事項などを重ねると、「良記事」が生まれます。

良記事が何記事かあれば、ひとつの財産となります。というのは、有名なサイトになると、お仕事につながっていきます。

アフェリエイトサイトとはまた違う「忘記録サイト」を持っておいて、常に新鮮な情報をおいておくと、「中学受験で困っている人向けにと」サイト構築をしている会社から「書いていませんか?」とお話はきます。

なのに、塾講師や元教員が採用されやすいというサイトはあって、これらのサイトは解答サイトというのが多いです。でも、実際に中学受験を経験した子供を持つお母さんの情報は非常に強いので、文章能力
とそれぞれの科目に対してちょっとした知識があれば、採用されやすいです。


まとめとして


d416da2bd8542fbf671aebc1d226d8bb_s

私は、もともとクラウドソーシングで実績をあげていて、このブログを続けていたおかげで、大手企業様からお仕事をいただいたことは数回あります。

しかし、残念なことに、独自のレギュレーション(決まり事)や、そのサイトを見る人達の設定が曖昧なことがあって、テスト記事を提出しても、噛み合わずに契約解除になることはあります。

近年、中学受験を通り越して小学校受験も過熱化しているので、どこまで対応できるかということも今教育系を得意としているライターさんは、少し悩んでいる点はあります。

中学受験の傾向も徐々に変更がかかっているので、「教育系ライター」として専門家するのではなくて、今は「教育費のことも書ける」金融系ライターも注目されています。

家計見直しができる資格として、ファイナンシャルプランナーも注目されていて、私も3級を取っていて、2級取得を目指しています。

中学受験を乗り越えた家庭のお母さんは、いろいろとスペックを持っておくと、後々役に立つことはあるので、ブログで記録をつけながら、教育につなげられる資格を持っておくと、役に立ちますよ。

スポンサーリンク