google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

2020年09月

2793579_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

しばらくの間、体調不良でおやすみをいただいていて、申し訳ないです。
我が子が通う学校(私立中高一貫校・大阪)では、秋の定番行事である体育祭と文化祭で対応が異なりました。

体育祭は、当初開催予定でしたが、今年度は中止。文化祭は高3の保護者のみ入校OKで、10月開催になりました。

高3の生徒さんは、体育祭で毎年行うものがあるのですが、取りやめになったので、文化祭で披露することになりました。

他の学年やクラブは企画を立てていますが、うちの子のクラスは特殊なコースで去年から実施している企画があります。

今年、見にいけないのが残念ですが、今年はコロナ禍の中でどう開催するかを少しだけご紹介します。



文化祭・体育祭を受験予定者が見にいけない学校が多い

5月もしくは9月開催が多い文化祭や体育祭ですが、今年はコロナの影響ですでに中止した学校があれば、規模を縮小して行っている学校と別れます。


我が子の学校はというと、体育祭も文化祭も保護者入場は認められていたのですが、大人数になることや、今年の夏は9月でも猛暑だったので、体育祭は中止としました。

文化祭も、「3密」になりやすいということから、保護者の入場は禁止、ただし高3生が体育祭で必ず踊るものがあるので、その披露だけでもと、高3の保護者の入場は認められました。

問題は、受験したい小4〜6年、特に6年生の子供さんが実際の文化祭や体育祭を見れなくて、本来の学校の姿を見れないのは残念ですね。

学校によっては、人数と学年限定で文化祭・体育祭の見学はできるので、学校のホームページで確認しながら、見学できるのなら申し込んでみてください。

生徒さんたちは必死で準備。制限ありでの開催だから。

生徒さんはというと、「3密」にならないようにと、換気やマスク着用のもとに勉強と学校行事の準備をしています。

私の子供は、高等部1年生ですが、特殊コースで専門企業さんの指導を受けながら、「企業探求」というプログラムで、文化祭に参加します。

去年ぐらいから始めているプログラムで、ざっくり(詳細はお教えできませんので)説明すると、チームを組んで「ひとつの会社」として資金調達をしながら、実際に商品を売るプログラムをします。

そして、チームの資金調達金額と商品の売上高などから総合評価をし、「実際に会社とはどういうことをしているか」を体感させるわけですね。

事前に、会社の資金運用などの授業は行うのですが、実際に生徒だけですると協力する子としない子が出てきて、まとめる生徒さんは大変だとか。

私の子供は、何やら大きな荷物を調達して、学校で部活もあるのに作業をして帰ってくるので、ヘトヘト状態です。中には、何もしない子がいるので喧嘩もあるようです。

最終的には、先生も協力してくださるようですし、お金も動いていますから問題を起こさないようにはしてくださいます。

しかし、ここでの貢献度はどこかで評価されるかもと思います。

受験生へのフォローとして......

ぼちぼち、入試説明会が本校で行われる時期に入るのではないかと思いますが、コロナの感染率では、オンラインになるものと思われます。

もしくは、先生から直にお話が聞きたいという親御さんの意見もあるので、文化祭・体育祭での個別相談会ができない分、出張説明会や私立合同説明会で入試相談を受け付ける学校は増えています。

合同説明会だと、他の学校との比較ができるのでよいかと思いますね。

意外と子供さんが希望していた学校ではなく、別の学校に魅力を感じて変更する可能性は高くなります。今の学力で「希望の学校は無理だ」と言われている子供さんにとって、合同説明会は「違う道を開く」世界を与えてくれるかもしれません。

まとめとして

今年は、何もかもがイレギュラーで、生徒さん達さえ様々な制限の中で、悲鳴を上げながら文化祭・体育祭の準備をしています。

中には両方とも中止になって、しょんぼりしている生徒さんのいる学校もあるでしょう。

修学旅行も中止になって、代替え案を出している学校はありますが、積立金問題が出ています。

我が子の学校は、文化祭だけでもできるというのはよいことだし、企業探求で売れ残ったものは、保護者向けにオンライン販売をしてくださるという話になりました。

勉強の為に、発送作業も行うということですので、予算会議を行うといった大人並みのことをするので、こういう体験をさせてくれる文化祭は、貴重かもしれません。

来年の冬、受験をする子供さんはそろそろ追い込みを開始する時期かと思いますが、来年の自分の姿を思い描きながら、勉強に励んでください。

スポンサードリンク

3073690_s

久しぶりの更新になります。

「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

以前更新後、私事になりますが、ファイナンシャルプランナー技能士(FP)2級の試験があったので、更新をお休みしていました。

学科と実技がありまして、学科のみの受検でよかったのですが、5月に新型コロナの為に中止となり、再開後初めての試験になりました。

まだ完全に2級ではなく3級の扱いとなりますが、「得意を売ることができる」サイトで最近CMでも流れるココナラでこっそり「教育費相談」を承っております。興味のある方はご連絡くださいませ。



さて、FP試験できつく言われたのが、「検温とマスク着用」でした。マスク着用は口の周りが蒸れていやだなぁと思いましたが、感染予防には仕方ないことですよね。

ちょうど、中学受験が行われる1月(早いところでは前年12月)から2月は、インフルエンザと風邪が流行るシーズンで、コロナも流行るとどうなるかと不安の声は上がっています。

一斉期間中、オンライン授業が行われた私立中高一貫校は多いのですが、受験ではオンラインは行われるのでしょうか?すでに正式発表している部分はありますが、私からの意見も踏まえて紹介します。



東京で議論された「中学・高校入試のオンライン入試」の導入

東京都内は、毎日のニュースで新型コロナの感染者数が注目されますよね。多分、この冬中学受験をする子供さんをもつご両親は不安でいっぱいでしょう。

東京では一部オンライン入試導入を検討していたようですが、9月3日に東京私立中学高校協会では、話し合いの結果「在宅で受験するオンライン入試は自粛する」と取り決められました。

東京に近い神奈川や千葉はというと、オンライン入試のみは原則NGとし、併用するか各校の判断に任せるとしています。

理由としては、在宅でのオンライン入試では「不正受験を防げない」をまず最初にあげています。

受験は、同じ条件で不正を防ぐ為に監督官がいて成り立つので、オンライン入試を許してしまうと、やり方次第では不正行為は行われるでしょう。

さらに、協会が問題視したことは「受験校の偏り」です。受験校選びでも、緊急時にオンライン授業がスムーズに行われたかが注目されましたが、「オンライン入試を導入する」と発表した学校に人気が集中すると考えられたところがあります。

しかし、オンライン入試を導入して「実際に入試で不正行為が行われた」学校があれば、その学校の存続が危ぶまれます。

これらの理由から、オンライン入試は導入しないとしています。

参考記事


関西圏では?オンライン入試はあり?

関東とは双極をなす関西圏ですけれども、有名私立中高の入試要項を確認したところ、オンライン入試は行わないところばかりで、ほぼゼロです。

オンラインでの入試説明会やプレテストは行われていますが、実際の入試はオンラインは行わないようです。

関東との考え方が違う可能性はありますが、オンライン授業の経験から「オンライン入試は導入は難しいのでは」となった可能性はあります。

我が子の学校では、オンライン授業が一斉休校中に行われた時、回線が不安定でよく切れたりしましたし、他のクラスの先生の声が混じったりしたので、オンライン入試はありえないと思いました。

受験生や生徒側のネット環境がよくても、学校側のネット環境が悪ければ、安定してテスト問題を流せませんし、途切れてしまえば、どんなトラブルが待っているかもしれませんよね。

これらの点から、関西圏ではオンライン入試には消極的なのだと考えられます。

まとめとして

かなり今回はまとめさせていただいたのですが、今年の中学受験はコロナでかなり振り回される可能性は高いです。

私は、FP試験で5月受験が中止になり、9月受験にまわりましたが、マスクは必ずつけることや検温など厳しい条件がつけられると緊張しました。

子供さんが本来の実力を出すには、少しでも不安を取り除いてあげることが大事なのですが、今年はコロナが解決されるまでは、緊張の連続かと思われます。

今後、新型コロナの第3波がくるかどうかは不明な点があり、ワクチンは完成されていないので、入試関連は手探り状態でしょう。

いきなりオンライン入試が導入されるという可能性はあるかと思われますが、「会場受験が基本」と考えて、体調管理をしっかりして受験に望んでください。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ