google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

2020年06月

2125299_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

我が子は、ぼちぼち高校進学初めての中間テストが始まります。
他の私立中高一貫校では、休校中に提出した課題を中間テストに置き換えるところもあれば、科目数を減らして実施する学校などにわかれます。

我が子の学校は、後者で科目数を減らして実施します。

来年の冬に受験する子供達は、今とても受験準備で忙しい頃でしょうし、入塾してまもない子供さんを持つ親御さんは成績を気にすると思います。

私も、最初の実力テストに絶句し「果たして中学受験で志望の学校へ入れるのかな?」と心配したものです。しかし、その後様々な問題があって、志望校でもあっても不本意な入学にはなりましたが、今となってはよかったと思います。

最近、Google検索をしていて、やたらと中学受験界で有名な塾に通う親御さんのブログや関東圏の中学受験情報しか入ってこないことは、非常に不本意だと思うことです。

中学受験には、様々なルートがあるし、入学後に下克上が起きることは不思議ではありません。



大手中学受験専門塾が全てではない

中学受験専門塾として有名すぎてトップに出るのは「サピックス 」でしょう。

関西なら浜学園は根強い人気はありますが、サピックス に押され気味かもしれません。
他にも早稲田アカデミーや日能研、関西圏だと馬淵教室などと出てくると思います。

しかし、我が家はその有名塾に通いたくても物理的に無理でした。大阪・南部で有名大手塾が進出していなかったので、通いたくても通えませんでした。

最寄りの教室を調べると、通塾に1時間。受験前のことを考えると、通塾に往復1時間かかります。学校生活との両立を考えれば、到底受験前までに心も体も壊すだろうと諦めました。

塾名は個人特定になるので公表しませんが、浜学園と業務提携をしていて「私が高校受験で利用した塾」が中学受験でも高い実績をあげていました。

私が知る先生も、中学受験部で指導管理者を本部でしていると知り、子供を通塾させることにしました。
親がその塾が少々やり方を変えていても、メソッドや授業の進め方を知っていたから、通えるならと決めて通塾させました。

結果、中学受験そのものはでき今の学校に通っています。大手有名塾から受験にきている生徒さんは大勢いましたが、大手塾からどのコースにどのぐらい入ったかは知りません。

高校に上がってから、さらにコース変更が行われましたが、医学部コースにいた子が下のコースに落とされたり、逆に下のコースや成績だったかもしれない子が上のクラスに上がっているというケースはあります。

だから、大手塾に入っても、目的の学校に入ってからが本当の「お勉強が始まる」のです。

受験時に成績が悪くても、いきなり入学後から「化ける」子はいる

大手塾に在籍時に成績が高く、超難関校に入れたとしましょう。

そのまま「偏差値」が高いまま、高校卒業いえ大学入学まで実力をキープできるという子はいます。

それは、子供さんの生まれ持った才能と、塾での順応力だからできるわけで、塾で得た力ははっきり言えばどれほどかは、測ることは難しいでしょう。

塾に在籍時、学力テストで40台しか出せなかった子に対して、「受験をあきらめろ」「志望校を変更しろ」という先生は確かにいます。

私の子供も、確かに学力テストでは、最初に考えていた学校の偏差値には届かず、志望校変更をしきりに言われ、一時中学受験自体も危ないものでした。

ところが、小6の秋に学校でいじめにあっているとわかり、なかなか成績が上がりにくい原因がわかりました。

いじめへの対応は、公立小学校の場合そして複数受験で考えていた学校全てが、内申書不要だったので、不登校にして、私が学校と話し合いを進めていきました。

塾にもいじめの対応全てを話して、安全にかつ確実に合格できる道を考えてくれたおかげで、ギリギリ
になって、成績はあがりました。

一応コースは希望のコースではなかったものの、合格したかった学校に入れたのでよかったとは思います。


問題は入学してからでした。

小学校時代に抑圧されていたものがいっきに加速して、成績の上がり具合が変わったからです。下がったのではなく、得意だったかもしれない「数学」で最下位に近かったのが上位に入り出したからです。

子供のクラスでも、中学入学後に不得意科目が一気に上がった生徒さんがいると聞きます。

その後、特別コースへの下克上の申請を出したのですが、入学時の成績、1学期の成績が悪かったということで、下克上はできませんでした。そこは仕方ないですね。

ただし、その後の中学部で受ける共通模試で順位を確認すると、科目によっては上の特別コースを追い抜いている科目もありました。

このような点から、有名塾に入って、医学系や国公立系コースが存在する学校に進学しても、子供によっての成績アップの速度が違うので、目の前の成績のみで判断は難しいとは思います。

されど有名塾、されど関東中心情報

私は以前ライターとして仕事をしていて、教育系の記事を書いていました。

求められるものは、関東圏の話ばかりで、関西の人間にとって情報が入りにくいので不利でした。関東系の塾に通わせていなかったので、契約打ち切りは早かったです。

関西系塾から一度お声かけをいただいたことはありますが、該当する塾生ではないということから、話も切れて、がっくりきたことはあります。

私自身が、教職を取っているわけではなく、大阪圏内でもハイレベルの学校に合格させたわけでもないのですから、そりゃお断りはくるでしょう。

ただし、私が言えることは「親が通わせたい学校を受験させるではなく、子供が通いたいと願う学校と差がないか?差があるのなら、苦しいだけだから中学受験は取り消す」というのは、合格まで貫いたことでした。

いじめ問題があったので、公立中学へ行かせるには居住地変更をしなければいけなかったので、いじめを受けた心に、新しい環境で馴染めるかというと、迷いはありました。

子供は、公立へ通うしかないならと、不登校中に塾の先生と協力しながら頑張ったので、今があり、それでよかったと思います。

関東圏にお住まいの方のブログなどは拝見していますが、親御さんのどちらかが中学受験経験者だとすると、かなり熱心だなぁと感じます。

今は、私立でもどんどん授業内容を変えようとしている動きはあるので、昔ながらの良さは消えていくかもしれないということは、心の片隅に入れておいた方がよいと思います。

我が家は、主人が中学から公立一本で国立大・大学院、私は高校から私立で私立短大卒業の立場です。教育については凸凹ですが、二人が決めていることは「子供の気持ち」を尊重することにしています。

無理でもいい、でもできるだけのことは頑張って欲しいと願っています。

これからも、大手塾の情報がどんどん出てくると思いますが、よく読み解いて、中学受験にチャレンジしてもらえればと思います。

スポンサードリンク

296f4f677cb9b4fba9576f6ad935129b_s

初投稿:2018年11月24日
再編集日:2019年11月19日
追加:2020年6月24日
※この記事は、過去に投稿したものを改めて調べて、再編集しています。

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

現在中3の我が子はというと、2学期も終わりに入り、もうすぐ期末試験対策をする時期になります。
中3となると、中高一貫校であれば、上の高校へ進学するのが普通かもしれませんが、ある程度の人数の子が別の高校を受験するということはあります。

※2020年6月現在、子供は上の高校へ進学し、クラスメイトの変更は多少あったもののコース変更なしで、元気に登校しています。


中学受験で希望した学校に入学できた学校のはずなのに、中1で退学する子はいますし、不登校の生徒さんがいるケースはあります。

子供の部活の友人で、医学系コースに入ったのに「ついていけない」と不登校になり、高校から別の学校へいくことを決めている生徒さんもいます。

さて、私立中学でのいじめや不登校について、いざ入学してから取り返しのつかないことにならないようにするには、どういう対策をすればいいか、ブラック私立なるものをどう見るべきかを紹介します。



学校によりけり。いじめ・不登校の学校側での認識問題あり

口コミサイトで、いじめの有無について、公開しているところがありますが、「うちはないですよ」と言う声があれば、「ありました」という声が、同じ学校なのに別れるケースはあります。

最近気づいたことですが、口コミサイトである入学年度から「いじめがひどい」とはっきり別れる学校はあります。詳細を調べてみると、短い年数で校長と教頭が入れ替わりが激しい学校で、「いじめ・不登校者が多い」という評価が高いと、確実にその学校は「何か変だ」と気づきます。

いじめ対策をしていると断言している学校でも、生徒達が首を傾げるような「いじめ調査」を行っていて、無実の生徒さんが「いじめの加害者だ」と呼び出されて、調査を受けることさえあります。

※我が子の学校で、定期的にいじめ調査をしています。ところが生徒間で誤った噂のおかげで、加害者認定を受けてクラス全員で抗議の結果、覆ったケースがあります。

超難関校では、東大・京大などスーパー難関大学を目指すと設定していても、無理な授業数を設定していなければ、部活も普通にできて、勉強に集中するという切り替えが早いので、いじめや不登校は少ないと言われています。

授業数のコマ数や長期休暇の日数で「これって子供は大丈夫だろうか?」という学校では、学校の対応次第ですが、いじめや不登校が多い学校はあります。

結局、いじめ・不登校を作り出しているのは、学校の運営方針がコロコロ変わると、生徒に影響がくるということです。

カウンセラー常駐でも、十分な対応が行われていない


5674e986b802d2b690b961bfeaa3562e_s


いじめ問題が深刻化して、私立校でもスクールカウンセラーを常時配置している学校はあります。

最初は公立校から、「臨床心理士」の資格を持ったスクールカウンセラーが配置されましたが、私立校でもいじめ・不登校などの問題が出てきたために、私立校への派遣もできるようにと、2010年からスクールカウンセラーの派遣をひろげています。
参考資料:「意外と知らない”スクールカウンセラー” 学びの場.com

スクールカウンセラーは、生徒さんからの相談を教員にフィードバックして、問題を解決するように動きます。

しかし、教員が実情を把握しきれていなかったり、問題がいじめのみならず、生徒側での問題も複雑になっているので、なかなか解決に至らない・スクールカウンセラーに対応を頼まないということの方が多いです。

子供の学校にも、カウンセラーは常時2名交代制でいますが、同じカウンセラーに相談することが難しい状況です。女子校では、女性カウンセラーが対応するようにしていますが、まれに男性ということもあって、話しづらいという状況もあります。

私立ならでは問題。不当評価や部活の制限問題

310275201911722b52c4c4257c1d2d95_s

この問題は、私が高校から私立校へ入学して3ヶ年を過ごしましたが、その時からあった問題です。

子供もクラスの生徒全員で「これっておかしいよ!」と抗議するほどの話もあります。

よくある事例としては、

  • 特定の生徒に対する個別指導をしている。
  • 小テストで、前の授業で予告されていた箇所と違う問題が出された(もちろん全員ゼロ点)
  • 定期考査で範囲内であるものの、記述式が多すぎて回答が間に合わない
  • 定期考査で習っていない範囲を出された
  • 成績が落ちていると判断されると、部活動を禁止される
といったところでしょうか?

私の場合は、怪しげな先生に当たったと1学期に気が付いた場合は、先取りで兄に勉強を教えてもらったり、自分なりの先取り勉強をして、「スキを与えない」対策をしました。

ですが、どうしても定期考査で覆すのが難しいことはありますし、部活動を禁止されることについて、子供から抗議することはできません。

あまりにもひどい対応であるなら、学校側に抗議するしかないのですが、ひとりで抗議すると我が子の今後の成績に響く可能性は高いです。

不当評価や部活動禁止、特定の生徒への特別対応があれば、学校がある都道府県の私学課、もしくは法務局に資料を揃えて対応をお願いするという方法になります。


万が一、入学してからブラックな指導が行われている場合

b68d016d09e071d27f67b9a83d78017b_s


我が子のケースになるのですが、入試説明会の時と入学後の校長先生が変わりました。すると、今まで口コミサイトではいい評価だったのに、最新版をみると、「いじめが多い、不登校も多い」「もうやめたい」という評価に変わっていました。

ある先生の授業でも、生徒に「何かあったら相談しておいで」というぐらい、古参の先生でも学校運営を怪しんでいる先生がいます。

有名大学への進学率アップを狙っているようですが、指定校推薦の枠も徐々に減ってきていることから、学校の評価も下がっているものと考えられます。

部活が活発であっても、部活そのものがブラックで、帰りがかなり遅くなり帰宅が午後9時を超える部があるケースもあります。部活で全国大会を狙っていて、勉強でもコマ数が多いと、相当生徒さんの心がささくれだってしまいます。

本当の「いい私立中高」は、生徒に無理強いはさせないし、先生方の質はかなり違います。

もし、乗り切れない場合は、先生と相談することは大切ですが、複雑化した場合は、学校を休ませても構いませんが、退学処分を下すこともあるので、都道府県の私学課に相談をしてくださいね。

まとめとして

我が子は小学校時代にいじめにあいながら、中学受験をして合格しました。

その後の生活はというと、面白いクラスメイトに出会えたことで、元気になって部活も趣味でしてきたことができる部に入部し、今では生き生きしています。

残念ながら、学校生活になじめず退学する子、不登校になっている子はいて、解決できていないというのが現実です。そもそも、学校運営が変わっている場合では、尚更なじめないということになります。

学校見学会が多くて派手な学校、入試説明会で「なにやらひっかかる、もやもやする」という学校は、なるべく避ける方がいいかもと、最近思うようになりました。

入学してからいろいろとわかることがあるので、どうか今受験勉強中とはいえ、少し心の片隅に留めていただければ幸いです。

<追記:2020年6月24日>
私どもは大阪在住で大阪のある学校に通わせていますが、昨日(2020年6月23日)にある教育系サイトで大阪私立中学高等学校連合会が、2学期編転入を認める学校があると発表しました。

帰国子女への配慮はもちろんいじめなどで学校へ通えなくなった生徒への配慮です。学校によっては、様々な条件や受け入れ人数が異なります。



大阪府のみの対応であることと、受け入れ対象校によっては、子供さんの受け入れができないという学校はあるはずです。

もし、学校を変えたいなどを検討されている親御さんは、子供さんとよく話し合いをしてから学校へ一度問い合わせてみてください。

スポンサードリンク


movie_tokusatsu_kaiju
初稿:2019年12月7日
追加・修正:2020年6月23日

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今ぐらいの夏前ぐらいには、中学受験をする子供さんはほとんどが中学受験に必要な特殊問題に取り組んでいるかもしれません。

学校で習うことをすでに終える「先取り授業」をするからです。

ところが、本番間近になって、いやそれより前に、塾や学校で「問題行動」を起こして、親御さんが悩んでしまうケースがあります。

小5でも出てくるのですが、小6で問題行動を起こしていれば、受験そのものに影響が出てます。さて、「中学受験での問題行動」はどう、そしてどこへ影響が出るかを私が把握している範囲で紹介します。



中学受験生特有の問題行動とは?

まず、中学受験をする子供は「先取り授業」を行っているので、小5ぐらいで小6の授業を塾でほぼ消化していることが多いです。

中学受験では、特殊問題が出るので、基本となる小学校での教育を早く終わらせる傾向が強いので、学校との授業速度が違って当然です。

すると、「塾の授業の方が楽しい」「もうそこ塾で勉強したよ」と、学校の授業を馬鹿にする生徒が現れて、授業妨害を行う生徒が現れます。

もしくは、塾でレベル別にクラス分けが行われますが、「授業についていけない」「先生との相性が悪い」など、その子が持つなんらかの気持ちから、塾の授業を妨害する子が出てきます。

妨害の仕方は様々ですが、代表例としては、「大声で歌う」「机をガタガタ揺らす」「他の生徒に手を出す」など、授業そのものを妨害することを行います。

学校もしくは塾で授業妨害を行えば、当然親の呼び出しはあります。

なぜ子供が授業妨害をしてしまうのか?

中学受験をする子供は、早期に入塾した子(小1から小3)に入塾した子は、先取り授業はまだ行わず、「勉強をする楽しみ」を教えていきます。

しかし、小3の2月から塾では「新学年の新学期」と捉えて、徐々に授業速度をあげていきます。その結果、小5では小6の授業をしているという塾は出てきます。

優秀な生徒なら、もっと先取り授業を行っているケースがあります。

学校で授業妨害を行うのであれば、
  • 担任の教え方が面白くない
  • すでに塾で勉強していることを、また勉強って面倒
  • もっと複雑な問題をしたいのにつまらない
  • 家で勉強したいのに、なぜ学校に出なければいけないのか
というところでしょう。
他にも、その子にとって、学校というものが「つらい場所」になっていて、不満の吐口として授業妨害を行うということはあります。

塾でなら、
  • 中学受験に対する考え方が変わった(中学受験をやめたい)
  • 指導する先生が気に入らない
  • 自分がいるクラスに不満がある
など、どこから手をつけていいかわからないというケースはあります。

ただ、学校や授業で「授業妨害」をする子の共通する点としては、「不満」があるということ。その不満は、何に対しての不満かというと、それぞれ違うのですが、親御さんが子供と向き合って、「なぜ問題行動をするのか?」を聞き出すことです。

解決策を見つけるしか「問題行動」をなくす手段はありません。

問題行動を起こすとどうなるか?

310275201911722b52c4c4257c1d2d95_s

もし、問題行動を起こすと、学校では「別室指導」として、保健室などで個別授業を受けることになります。塾での場合は「退塾を考えませんか?」とかなりきつい話を出されることになります。

学年が低ければ、親御さんが「何が原因なのか?」と話し合いをした上で、問題行動をなくすことはできますが、もう受験間近での問題行動となると、学校はもちろん塾からも厳しい話が出てきます。

一部の中学では願書とともに「内申書」、出願時不要で入学手続き時に学校側から出す「6年間の指導記録」などでは、出席日数は参考程度として見ていきますが、あまりにもひどい「問題行動」を起こしている場合は、学校長や担任の考えによりますが、学校でした「問題行動」が記載されてしまう可能性は高いです。ただし、学校側の名誉ということもあるので、書かないかもしれないかもしれません。

問題行動については、我々保護者は内申書や指導記録などにどのように記載されるかはわかりませんが、合否に影響がでるかと言われると、「影響が出ないという確約はできない」というのが、私の意見です。

おそらく、出席日数と受験日の合格点が合否の決め手になりますが、その後の中学生活のは多少いろいろと言われるかもしれないでしょう。

まとめとして

92db84d25376aac9bc2879f8f90ce740_s


塾や学校で問題行動を起こすのは、親子関係や小学校での問題、塾での問題と、複雑な要素が絡み合います。

子供の問題行動は、「子供からのSOS」「助けてー!」という悲鳴と同じ物ではないかと思うのです。

中学受験は、かなり子供に無理なことをさせることがありますし、他の子供達と違うことをするので、反抗期が始まれば「どうして自分には自由がないのか?」と悩み出します。

性格としてはっきり言う子はいますが、言語化して不満を言えない子供はいます。

もし、問題行動が出てきた時は、親が冷静になって行動して、もし学校や塾で抑えきれない場合は、学校をしばらくおやすみさせるか、転塾できる時期であれば、変えると落ち着くこともあるので、慌てず落ち着いて、子供と相談しながら、中学受験と向き合ってください。

【追記 2020年6月23日】
この記事では「小学校時代に先取り授業をすることがつまらないことになる」とどうなっていくかを紹介しました。

しかし、私立校に入れば、先取り授業はもちろん行いますし、かなり学年相当から離れた授業を行う学校はあります。私立校は在籍生がどの大学や学部にいくことで、学校の質を問われるので、親がみていて「きつい内容」をみっちりします。

学校に入学してから、その学校の本当の姿に気づいてから「ついていけない」というケースが出てきます。

「ついていけない」となると、退学に繋がることになります。

公立小学校での授業と中学受験専門塾でのギャップに苦しむのが第一段階とすれば、希望の学校で「ついていけない」とギャップに苦しむのが第二段階と思います。

小学校時代と中高時代で「スピードの差」の感じ方が変わりますが、小学校であまり困っている様子でなければ、中高ではほぼ問題は出ないでしょう。

中高は、ちょうど反抗期まっしぐらの時ですので、急に「つまらない」「ついていけない」など、勉強を嫌がる時期は出てきます。

その時は、成績で持って痛い目にあうしかないけれども、親御さんは叱らずに「何がどういけなかったか?」とゆっくり話し合いを持つようにして、学校生活を楽しくする道を探ってみてください。

スポンサードリンク


1504359_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

ようやく分散授業から学校へ通学し、クラスメイトと一緒に勉強をしています。「新しい生活様式」のもとでの授業ですから、クーラーをかけていても窓は全開、食事もみんな前を向いて食べるなどの休校前とは違う学校生活です。

今月末(2020年6月)から中間テストを行いますが、休校期間を考慮して中間テストを行い学校、教科数や試験範囲を狭める学校と対応が異なっています。

私の子供の学校では、実施教科は減らして行うと連絡がきていますが、中間テスト前に実力テストが行われました。その際に生徒のみなさんに異変があって、話を聞いてからとても心配しています。

これは、これから中学受験を目指す小6生の子供さんも体験しているかもしれません。
気がつかれているお母さんもいるはずですが、参考になればと思います。



いつも得意な科目ができない!

先日、高校生全員、共通の実力テストが3教科(国語・英語・数学)で行われました。

いつもなら70分間の試験時間が与えられても集中力が途切れることはないと子供はいいます。

ところが、先日の実力テストでは、国語は普通に解けたけれど、英語と数学へと順番にテストが行われると、集中力が途切れたり、気分が悪くなってきたと話しました。

数学に至っては、得意科目のはずなのに、数問解けなかったと帰宅してから泣き始めて、冷静になるようにと慰めました。

後日、クラスメイトに自分の実力テストの様子を話したところ「私も途中でしんどくなって、解くのがつらかった」と話していたというのです。

なぜ、このような現象が起きたのでしょうか?

考えられるのは一斉休校期間の過ごし方


SMIMGL3968_TP_V

3月から一斉休校に入り、オンライン授業が開始されたのは5月でした。

中高一貫校なら、特別なことがない限り中3から高1へ自動的に進学となります。オンライン授業の立ち上げが早かった学校は4月中旬から授業を始めていました。

しかし、私立でも多くの学校がオンライン授業の立ち上げに遅れが出ていました。立ち上げ期間中は、郵送される課題をこなすだけでよく、テストもなしでした。

テストを行う時間がないと、緊張感や集中力はなくなるのでしょうか?

私の子供も、課題をこなしていた時期とオンライン授業のみの時は、ノルマを果たせば遊んでいる時間は多く、私が注意をしてようやく、通信教育の課題をしていました。

通信教育でのオンラインテストは受験していますが、他の生徒さんはいません。
家でのまったりした雰囲気で受験するので、緊張感はありません。

いざ、クラスメイト全員が集まって、テストを行うと慣れていたはずのものが全くできなくなるのは?
休校期間が長ければ、通常の学校生活を忘れてしまうのではないかと考えられます。

日本でオンライン授業を行うこと自体が初めてなので、子供達も順応するのに時間はかかるはずです。
それなのに、順応した頃に学校生活が戻ったのですから、元に戻るまでは時間は必要でしょう。

小6生でも気をつけたい。塾と学校との速度の違いでつらくならないように。

私立校も同じ対応をしますが、公立小中学校は一斉休校で遅れた授業数を夏休み返上で埋め合わせていくとしています。

私立校の生徒は土曜日授業や、真夏の講習会に慣れていますが、公立小学校で土曜日授業を行っている学校はあるけれど月に1度程度だと思います。

今はどうでしょうか?

遅れを取り戻すために毎週実施している公立小学校はあるでしょう。

塾も、休業要請が出ていたので、指導の遅れを取り戻すために必死にコマ数を増やしたり、オンライン授業もプラスするなどの対応をしていることでしょう。

特に、中学受験をする小6生は、塾で教わる内容と学校で授業でかなり開きが出ているし、オンライン授業からの頭の切り替えに、時間がかかる可能性はあります。

個人差があるので、なんともないという子供さんはいるけれども、もし「画面を見ていて気分が悪い」「学校にいくのがつらい」「眠れない」など、子供さんからなんらかのSOSが出た場合は、塾や学校に必ず相談してください。

対応が早ければ、一旦休憩することでもとの受験体制に戻れます。深刻になると小児心理専門のお医者様に受診することになります。

これから夏は湿度や気温もあがり、体調を崩しやすいので、十分気をつけてあげてください。

子供はかなり敏感。親御さんも適度に休憩をしてね。

私の子供はというと、中間テストが入ったので、対策の勉強に追われています。同時に、遅れていた科目の講習会も受講しているので、ストレスが溜まっているせいか「眠れない」と言い出しました。

これはあまりよくないと気づいて、土曜日の昼からと日曜日の昼の3時間ほど「必ず昼寝をする」ことを許しています。

多少なりとも疲れを取らないと、頭に何も入ってきません。

中学受験時の小6の時も、休める時だけでも昼寝はさせて、疲れをとるようにしました。

疲労が蓄積するとこころが疲れてダウンしてしまいます。
本格的にダウンする前に、早めに心のケアはしてあげましょうね。

スポンサードリンク


e6585070a4a12ed291c1e15acbd72c2d_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今日からコロナで自粛要請が出ていた「全国の移動」がOKとなりましたね。
地方の有名校への見学などもいけるかもしれないと、お考えのご家庭もあるはず。

しかし、まだコロナは終わったわけではないので、中学受験を目指す子供さんの学校はもちろん、受験先の学校も、厳重体制の中で授業をしています。

私の子供の学校も、毎朝の検温はもちろん、友達同士での会話、お昼の食事、部活動でできることの制限がついています。

一昨日、久しぶりの部活で今年の活動について、話があり大会などが開催されるかが問題となっています。

中学受験関連にも、多少の影響は出ると思われますので、こちらで知り得ていることをお伝えします。
なお、感染状況によっては、中止となることもご理解ください。



オンラインでの授業見学や説明会の導入

1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_s

親御さんでも、仕事で在宅勤務をされている方はオンライン会議をされている方は多いでしょう。

学校によっては、三密を避ける為に見学会や入試説明会をオンラインで行う学校が出始めています。

願書類の発行については、学校ごとで変わるものと思われるので、志望校のホームページや説明会でしっかり確認して、指示に従ってください。

願書提出は、今後は親御さんが提出しにいく・郵送のみとする学校はあるかと思います。
コロナのことを考えると、今後はネット出願を採用する学校がますます増えることでしょう。

子供の学校は、あるクラスの授業をオンラインで公開する予定で、ネット回線の問題上、人数を制限して公開するとしています。

学校で行う説明会や出張説明会は、今年は日にちや時間を分散させる傾向にあります。
なるべく3密を避ける為です。

気になる学校を一度でも見たい場合は、ホームページで必ず実施スケジュールは確認してください。

文化祭・体育祭の見学が今年はできないかもしれません

学校によりますが、すでに文化祭や体育祭を中止もしくは生徒のみで実施した学校はあります。

中止にしていたけれど、生徒達の声でオンライン文化祭を開いた有名こうさえあります。

9月以降に文化祭や体育祭を行う学校は、感染状況によりますが、ひどくなければ実施を予定しています。

しかし、受験予定の生徒さんが学校に入れるかというと、学校判断になりますが、基本「今年は無理」と思っておいてもよいでしょう。

子供の学校では、すでに文化祭・体育祭で保護者の来校は禁止にすると発表されました。

加えて、合唱や楽器演奏、食品提供も中止になるかもしれないとしています。

部活動の出品も制限が厳しく、体育祭での競技も減らす予定だと言われています。

そこへ、受験予定者の方がどのぐらいくるか?

実際に学校の様子を見てもらうのが、受験の判断基準にはなりますが、今年はコロナの影響で身動きが取りにくいものと思われます。

オンラインやYouTubeでの限定公開が今年は多く出るかも

internet_school_e-learning_woman

今年は、生徒も感染予防の為に、気を使っているぐらいです。受検生の子供さん達は、さらに体調管理に気をつけなければ、本番の受験ができないことも出てくるでしょう。

ちょうど、受験シーズンはインフルエンザも流行る季節なので、今年は記憶に残る受験になるかもしれません。

今年は、親子で学校に赴く機会はかなり減ってしまうかもしれませんが、オンラインでの説明会や見学会は活用していくとよいですね。

まれに、学校がYouTubeのチャンネルを開いて、公式チャンネルで普段の授業や学校内の設備、卒業生の話を聞けるでしょう。

ただし、YouTubeの中身は、編集が入ったり実際の学校の姿を誤魔化している部分はあるので、あまり間に受けず、参考としてみればいいかと思います。

今回のまとめとして

今年は、いつどこで大きな感染が出るかわかりません。

東京方面では、連日二桁台の感染者報告が出ていて、毎日不安を持ちながら過ごしているご家庭は多いでしょう。

塾も自粛要請からはずれたものの、子供さんが「ついていけない」など体調不良や精神的にまいっている状況も出ていると聞きます。

娘の学校では、特に体調不良などの話は出ていませんが、遅れている授業数を取り戻す為に特別講習が毎日続いています。

帰りが遅くなるので心配ですが、体調がやはり心配です。

来年の冬、受験する子供さんは塾でも遅れを取り戻す為に、かなりハードな授業体制かと思います。

体調がすぐれないなどの異変に気づいた時は、すぐに専門医に相談して、休める時は休ませるようにしてあげてください。

今は、まだ遅れていても十分間に合うので、無理は絶対避けてくださいね。

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ