google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

2019年12月

304d074c83319742fc1d8943814ef588_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

もう12月末になり、すでに中学受験を終えた子供さんは少数ですが、年越しをして1月から中学受験が本番を迎えます。

特に関西方面は1月初旬で、この年越しシーズンに「直前特訓会」が開かれます。

しかし、毎年ですが合格発表で鬼のように子供を叱りつける親は見かけまして、「かなり無理させてたのでは」と見かけることがあります。

よく中学受験関連ブログをみていると、「中学受験に向いていなかった」と書いているお母さんや、「こういう子はやめた方がいい」とブログに書いている家庭教師さんはいます。

我が子も受験直前でいじめを受けましたが、あきらめるわけにはいかなかったんで、必死になりました。
というところで、中学受験を諦める方がいい子がいるという実態をお話します。



中学受験を甘くみていてはいけない


c7f48e356bae337fe0b810b1f34ccc13_s

中学受験は、受験の内容が「小学生が高校生級の問題を、小学校で学んだことで解答する」ことが前提です。暗記物もありますが、暗記している内容を惑わせる内容も出題されますし、時事問題が出るケースはあります。

それゆえに、中学受験準備開始の小3(小2の3月)から、中学受験に使うことをどんどん教え込んでいきます。学年が上がれば、学校の授業との差が広がっていきます。

勉強に対して、早いうちからコツをつかんでいる子はいます。しかし、そのコツをつかんでいなくて、小テストで悪い点をとり続けると、親だってイライラしはじめますよね?

このイライラってなんでしょう?

成績が上がらないのと同時に、子供が望んでいることと、親が望んでいることのギャップが子供のやる気を奪っていることはあります。

ガミガミ叱り続けること、つい手を出してしまうこと、親が行かせたい学校の話ばかり続ければ、子供だって、自分のやりたい夢があるから反発を起こして、塾を嫌がるというのは出てくるでしょう。

中学受験は、親子で協力しながら受験するものだと、私は思います。子供の意志を尊重しながら、親がどこまで協力できるかということが大切で、親は金銭面と精神面の支えをしっかりしていれば、子供は確実に親の気持ちに応えていきます。


金銭面で苦しくなったら、早めに考えを切り替える

1f3c7b0f1cdaaf550007ab5eec8759e7_s

我が家も経験したのですが、算数の成績が悪く、塾から「個別指導コースですし、算数だけコマ数を増やすことはできますか?」と相談をされました。

小4から関西では老舗の塾に通わせましたけれども、3年間で約80万円超えしました。私がその塾の卒業生で、本部で事務員をしていたから、少々値引きしてもらっていた部分はあります。

有名塾(サピックスや日能研など)の授業料を公式サイトやそのほかの情報から調べると、特別講習会などを考慮すると、1年間で100万円は納付しているかもと思う金額になります。

塾だけで大金を使えるのは、富裕層かもしれませんが、おじいちゃんやおばあちゃんからの教育資金生前贈与制度を使っているケースもあります。(これは後日解説します)

塾から先、入試にもお金は必要です。受験校が多ければ多いほどお金は必要だというのは、わかりますよね。受験料は1校だいたい2万〜3万円。関東圏内だとひとり10校受験する子は普通で、入学金(平均して1校20万円)相当を受験料に使う親御さんはいます。

もし、合格すれば入学金も同時入金する必要があります(辞退なら話は別)。

入学する学校が決まれば、学校制定品を買う必要はあります。教科書も国の教科書を使わないという学校もあります。

忘れてはいけないのは、私立中学は義務教育課程でも、授業料や諸費用を納付しなければいけません。年間授業料が安いという学校はありますが、諸費用で悲鳴をあげる学校も少なくありません。

中学受験で合格することだけが、ゴールではなく、上の高校卒業まで、いえ大学受験をして卒業するまでのお金を考えておく必要はあります。

中学受験をすると決めたからには親がやるべきこと!

92db84d25376aac9bc2879f8f90ce740_s

中学受験は、受験準備期間中からお金はかかるし、親も子供の成績ののびにイライラして、思わず手を出してしまいがちです。

もう間も無く、中学受験本番のご家庭では、今が一番ピリピリしていて、大変な時期だとは思います。

ただ、子供ばかりを責めても仕方なく、親にも実は問題があるということはあります。よく聞くのが「お金のことを忘れていた」「親が行って欲しいと思っている学校を嫌がる」「成績があがらない」と。

これらのことは、親のエゴと押し付けで、子供が怖がって中学受験をするへの価値観を失ってしまうからです。

中学受験をした方がいいという子は一定数いますし、我が子のようにいじめなどで地元中学に通うのはハイリスクという子はいます。

その子たちの勉強をみていると、「ここの学校でこういうことがしたい」「自分が選んだ学校だから、自分で頑張る」という自立心に近いものがあります

親のエゴで合格したけれど、授業がきつくて、自主退学をする子はいます。それなら、その学校へ合格するために費やしたお金はとなって、親子関係にヒビが入ります。

「中学受験をさせる!」と決めたのなら、親としてできることは、
  • 我が子が厳しい塾の指導についていけるか(体験授業で様子をみる)
  • ガミガミ何度も叱りつけない
  • 成績が下がった場合は、塾の先生と相談
  • 志望校を見て、いい顔をしなかった時は、子供の話を聞く
  • 笑顔が消えた時は、中学受験について考え直す
  • 「受験をやめたい!」と言い出し時は、やめる勇気と覚悟はもつ
これらかなぁというのをあげました。一時的な感情で言い出す子もいますが、よく話し合ってから、どうするかを決めるということは一番大切。

子供の気持ちがわからば、それで中学受験をスパンとやめるとしましょう。

まとめ

中学受験本番前の12月末となると、子供が悲鳴をあげて「やめたい」と言い出す時期でもあります。高校受験なら、親の説得で持ち直すことはありますが、中学受験は、まだまだ精神的に未熟です。

未熟さゆえに、中学受験をやめたくなる子は当然います。親のエゴだけで動いていないか、見直す時期とも言えますので、どうか、すでに受験料を払って、受験票が出来上がっていたとしても、「中学受験をやめる」という決断力はもっておいてください。

もし、乗り越えることができて、掲示板で「桜咲く!」となった時は、嬉しいものですが、残念ながら不合格になった時は、「よく頑張った」とこの一言で子供は救われます。

決して、子供を追い込むことはやめてくださいね。

スポンサードリンク

822961d30e39a3ed2af75ce264945d09_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。


すでに中学受験が始まっていて、合格発表が出ている地域もあるかと思いますが、年明け1月から関西や関東の中学受験が本格化していきます。

我が家は、現在私立中高一貫校の中3生で、そのまま上の高校へ進学にしました。今月、三者面談で今後の進路や勉強について、先生とお話する予定です。

しかし、我が子の学年から高校へ進学後、制服変更があり三者懇談後に採寸が行われます。今までなら校章の色が変わるだけだったのが、丸ごと制服が変わるという話なので、痛い出費が発生します。

これは、仕方がない部分とはいえ、今後の進路のことや中学では通ってきたことが通らなくなることが出てきます。上の高校へ進学すると、義務教育から離れるので、厳しい指導方針に切り替わっていく学校すらあります。

今回は、我が子の高校からの指導方針をベースに、中高一貫校ならではの厳しさをお伝えします。



中学で落ちこぼれた子はどうなるか

304d074c83319742fc1d8943814ef588_s

中学受験で志望校にトップで合格した子でも、3年間の間に成績変動が起きて、いつの間にか底辺層にまで成績が落ちた話はよくあります。

中学は私立であれ公立であれ「義務教育期間」なので、生徒本人が希望すれば、入学した私立中学に在籍することは可能です。学校によりますが、あまりにも目に余る成績の下がり方だと判断した場合は、在籍中に親子での呼び出しを受けて、退学を促される場合はあります。

中学在籍中に自主退学を言われずに過ごした子で、中3生に進級してから、成績の改善が認められない生徒はどうなるか?

他の高校へ移籍(高校受験をする)か、コース制があるなら、コース変更を勧められるかの対応となるでしょう。

中学在籍中に「この学校ではしんどい、つらい」と感じていた生徒なら、他校への移籍を考えるでしょう。ところが、親の考えで「学校は代えたくない。コース変えをしてもいい」というのであれば、学校との相談で、コース変更が認められる可能性は高いです。

コース変更って簡単にできるか?

実は、ここが一番ショックを受けるかもということになりますが、学校によっては、コース変更を希望した生徒に「ある条件」をつけて承諾することによって認めるケースがあります。

我が子の学校の場合では、英語特化型コースへのコース変更を希望する場合は、高1での海外語学留学1年間が条件と聞いています。

特に条件を設けない学校はありますが、コース変更をすることで、トップクラスにいた生徒のプライドというのは、相当傷つきます。ただ、その後の学生生活に対して、自分自身が変わっていくことで、実はコース変更をしてよかったということもありますから、しょんぼりすることもありません。

原級留置(留年措置)に要注意

中学在籍時から、赤点が多く先生から採算の注意を受けている子は、要注意です。

一応、形式的に高校進学の為の入学試験は行われますが、高校へ進学してからは「義務教育」から外れますから、定期テストで悪い(赤点をとっている)となると、学校側も甘い対応はしません。

学校によって規定は異なるかと思われますが、ひどい点数を取り続けていて、学校が定める規定に添わない生徒は「原級留置(留年)」が行われます。事前通知されますが、実際に成績不良で留年対応となった生徒がいると聞いております。

成績不良による留年をした生徒は、高3になって、大学の指定校推薦を取りたくても、過去の成績や素行など全てに渡り調査が入ります。留年の過去があれば、当然推薦を受けることができません。

ただし、国や学校からの留学で1年間欠席となった場合、原則「原級留置を行う」としています。帰国後、試験をした結果、留年対応ではなく、1年間必要な単位として認める学校は多いです。

成績不良と留学での「留年」の扱いは、学校で異なりますから、必ず学校側に確認を取って対応してください。

下克上や理系・文系を行き来することも想定しておく

c475f97e93bf7ab57fa2464a07f92153_s

私立中学に入学しから、若干コース変更が行われたり、成績の下克上はあったことでしょう。

しかし、高校からは子供が描く「将来の夢」が叶わない可能性が出てくることもあれば、やりたいことが変わるということが出てきます。

中3の時に、「将来なりたい職業から大学を考えておくように」と指導する学校はあります。ただ、高校からいきなり成績アップする子が出てきますし、理系コースに入った子が「文系に変わりたい」(その半反対もあります)と言い出すことは出てきます。

進みたい道がころっと変わることがあるので、学校側もそれなりの対応を取りますが、あまりコロコロと進路を変更すると、学校側での対応が難しくなります。

理系から文系に変わるのは、取得科目の都合で簡単なのですが、文系から理系に変わるとなると取得科目が足りなくなる(特に数学と理科)ことが出てくるので、高1の段階で進路をしっかり考えておくとよいでしょう。

取得科目が足りないと、大学受験などに影響が出るので、中学受験時から将来の夢を考えてもいいぐらいです。中学受験が迫っている中で、「将来の夢」というのを親と子が話し合う時間は難しいことですが、合格してからどうするかはしっかり考えておくとよいでしょう。


まとめとして

私立中高一貫校は、指導速度は早めですし、コース制度があれば取得科目数が変わってくることがあります。

中学受験後、入学者集合日に3年間のコマ数表を渡されることがありますが、高校への進学時にコース制をする学校であれば、それぞれのコースで行う授業コマ数表が渡されます。

高校でかなり差がついていき、コース間での入れ替わりは激しくなります。そして、ついていけない生徒はというと、見捨てられることがあり、最悪自主退学するということにも繋がります。

中学受験中に「この子はそういうことはない」と思っていても、意外な落とし穴で、成績が悪くなったり、学校の方針についていけないなどの問題で、不登校になることはあります。

中学から厳しい指導をする学校はあるけれど、高校からいきなりきつくなる学校があることを忘れないでください。

スポンサードリンク


00be05a0c02aa28cc9a5115f253c8ed3_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中学受験本番までのカウントダウンが50日を切った学校もあれば、まだ余裕がある学校もあることでしょう。

ご家庭や塾で、受験する学校の過去問題集や過去問題を何度か解いているという子供もいるはず。

我が子の時も、ぎりぎりになってから分厚い俗にいう「赤本」を購入して、抜き打ちでタイマーをかけてやっていました。

さて、今新しい大学共通入試テストで、民間会社(某ベネッセ)がテスト作成・添削するという話題が出て、一旦議論に戻りました。

中学受験では、民間会社が入るということがあるのでしょうか?
心配になっている方もいるかと思いますが、最後まで読んでいただいて落ち着いていただければと思います。



まず外部会社が作成するってことはないです

310275201911722b52c4c4257c1d2d95_s

これは、断言してもいいです。中学受験での入試問題は、学校内で入試関連を担当する教員が、作成にあたります。外部委託を行うと、来年度の問題漏洩が行われて、一定の生徒に渡れば公平性がなくなります。

だいたいの私立中での問題作成は、大筋は夏までに、本番用は秋にはできていて、何度も見直しをした上で、本番にどんと受験生に渡して、解答してもらいます。

夏までに、何をするかというと、国語なら長文読解に適した作品選考、算数なら前年度の問題を見直して、入学してきた子供達より難易度をあげるか下げるかを検討しての問題作成、社会・理科は、時事問題や理科で入れてみたい問題選びなどが行われます。

そして、大筋の問題を完成させて、見直しをかけて、本番の問題作成に入っていきます。

入試担当の先生をしている先生は、実は年中忙しいというわけです。

学校によっては、説明会などで大盤振る舞いすることもあり

944546

私の子供が受験した時、数校入試説明会や見学会、体験授業に参加しました。その帰り際に、入試要項などと一緒に、1年前の「過去問題集」が入っている学校があります。

関東圏ではどうかは存じ上げないのですが、関西での学校で、市販の過去問題集が販売される前に、学校側から1年前の過去問題集を手に入れることができる場合があります。

塾側としても、せめて1年前の最新版が赤本発売前に手に入れば、対策を取りやすいので、手に入った時は、塾側に1冊お渡ししました。(親子で行った時に2冊もらえたものでして)

さらに、ある学校では入試説明会や体験授業の際に、「この科目は、大問3まで正答であれば、ほぼ合格と思っておいてくれればいいです」と合格ラインを公表するケースもあります。

ところが、大盤振る舞いをされたとしても、合格基準となる大問が、とてつもなく難しいという点もあるので、大問3までどのような問題が出ているかをみておく必要があります。

必ず学校ごとに出題する問題のクセがある

塾で、偏差値表なるものを配られているかもしれませんが、大きく変動しているケースは、そうそうないと思います。

なぜなら、入試問題に大きな変動がないからです。

いきなり出題方式を変えてしまうと、先日の大学入試共通テストのように、採点に不公平が出る恐れがあるからです。一定の採点方式を取っておかないと、受験生の子供が必死になって書いた解答が、報われないことになります。

そこで、出題傾向は大きく変えず、難易度を少しあげる部分があれば、「この単元は絶対に出すよ」というものがあります。だから、過去の入試問題集でクセを見抜いておくと、すごく楽にはなります。

でも学校側としても、同じパターンで問題を出題するというのもいけないので、数年に1度しか出さない問題、時事問題に絡んだ問題をわざと入れ込むということがあります。

我が子が現在通っている学校では、算数で「これは必ず出しますよ」といわれたのは「場合の数」でした。

ユニークというか、「そんなこと考えたことないよ」と大人が悩む問題を出すのは、灘中・開成中・麻布中など、超難関中学はさらっと出してくるので、毎年の話題にはなっています。


まとめとして

中学受験は、大学受験と同レベルに難しいと言われています。なぜかといえば、小学生の知識で高校生レベルの問題を解いていくのですから、難しくて当然。

学校によっては、最低合格点が低いと言う学校はあります。

ですが、中学受験で使われる本番の入試問題に、外部の委託業者が入るということはありません。

入ってしまえば、学校の名誉に傷もつきますし、毎年特定の学校の出題を楽しみにしている、受験マニアの方もいらっしゃるし、ユニークな発想を楽しみにしている人もいます。

委託業者が入らないかわりに、難易度はかなり高い。それはしっかり覚えておいて、試験本番に挑んでくださいね。

スポンサードリンク


df4c00afb97cb03f5e1373d11ad18bf2_s

こんにちは、「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

昨日(2019年12月3日)の夕方もしくは今朝のニュース・新聞でも報道されましたが、日本の子供達の「読解力」が急落しているという調査結果が発表されました。

この結果は過去最低で、不思議なことに理数系の力に対しては上位であるという結果が出ています。

このことについて、私の子供に聞いてみたのですが「そりゃ、今の学校の状況じゃそうなるんじゃないの?」と冷静に言われました。

子供がすでに気づいていて、私達親が気がついていないこと。一体どういうことなのでしょうか?
今回の調査結果が、今後の日本における教育方針を転換させる要因にもなりかねないので、子供が取り組みやすい方法などを紹介していきます。



日本の「読解力低下」を出した調査とは?

新聞・ニュースでも紹介されましたが、OECD(経済協力開発機構)が79カ国・地域の15歳(日本では高校1年を対象)計60万人を対象に、「国際学習到達度調査(PISA)」として実施しています。

2000年から3年おきに実施しており、今回発表された結果は2018年実施分です。

参考元


読解力・科学的応用力・数学的応用力をテストし、テスト結果から今後の子供達の教育について分析と改善を行って行きます。

読売新聞・本日の朝刊では、2003年でも大きく読解力と数学的応用力が落ちたことから、「ゆとり教育」の見直しにつながっていると報じられています。よく考えれば、私の子供が入学した年に教育指導要領の変更があったと記憶しています。

PISAの結果から、全国学力テストの導入などで、大きく順位を落とした時から浮上はしてはいます。前回実施の2015年では、
  • 読解力 8位
  • 科学的応用力 2位
  • 数学的応用力 5位
という結果です。ところが、3年後の2018年では、

  • 読解力 15位
  • 科学的応用力 5位
  • 数学的応用力 6位
と一見理数系は落ちていないように見えても、3要素全て落ちている、特に読解力が大きく落ちています。

逆に躍進しているのは、中国・シンガポール・マカオで、アジア勢が上位独占をしています。

なぜここまで落ちてしまったの?日本の力

050b4e229c4b4c1f7cf100a204f2c35d_s


文部科学省・担当者のコメントが出ていますが、「子供の言語環境の急激な変化。読書など長文に触れる機会が減った」と読解力の低下の要因を出しています。

OECD調べの平均でも、日本の子供「読書量」すなわち本を読む量や新聞を読む割合が減っているという結果も出ています。

私は、子供にスマホを持たせていまして、帰りが遅くなった時の緊急対応用に「LINE」を使っています。よく見ると「主語」が抜けていることが多いことや、かなり短文であることが気になって、使い始めてから、国語の成績が落ちているとは感じています。

反対に、海外の友達(オーストラリアに研修旅行に行ったので)とは、InstagramでDMのやりとりをしていますが、主語がなければ通じないということから、どうしても長文にはなっています。

これは子供からの意見なのですが。

「学校から大量に宿題を出されて、帰りの電車で読書をしたり、家に帰ってからは宿題や小テスト対策をしないといけないし、読書読書といわれても、時間がなくて困っている」

という意見がでました。

スマホはたまに見ていますが、ゲームアプリは入れさせないように制御しています。スマホを見るとすれば、友達からの連絡(宿題の範囲、テスト範囲の確認、学習発表の打ち合わせ)で見る程度に制限をかけています。


日本でのデジタル教育の遅れは致命的

snsIMGL4199_TP_V

今回の調査では、インターネット上の複数の情報の質や信憑性を評価する内容なども追加されていると発表がされました。実際はどうでしょうか?

ICT教育導入をして実施している、日本の高校は少数派で、参加国中でも最低水準で、ネット上での複雑な文章を読む経験が不十分ではないかという見方は出ています。

子供の学校では、ICT教育を導入して「探求」という授業を行っています。

あるひとつのテーマから、ネット上のデータを拾い出すか、実際に気になるところに訪問して、お話を聞いて「論文」として発表します。

その時にパワーポイントやキーノートは使いますが、必ず読み上げて解説するようにしています。

「探求」で注意を受けるのは、Wikipediaは使わないこと・公的機関からのデータを利用することなど、様々な制約というより「ネットリテラシー」とデータ分析に対する指導を受けています。

一部の高校や大学で「探求」の授業を取り入れています。ただし、紙ベースではなく、デジタル教材を利用して、ネット上でのデータ分析と、資料作りでの文章能力を高める必要は、今後必要になります。

まとめ。読書時間は少しでも作ってやる

a1568d5fcecfb28bd35221c3e93276b8_s

小学校から「本読まなきゃダメでしょ!」というお母さんは多いのですが、学年があがったり、子供を取り巻くネット環境が変化すると、デジタルの海へ子供がダイビングしやすくなります。

中学生になれば、小学校の勉強量よりも多くなるし、部活も入ってくるので、疲れて本や新聞を読む機会も減り、ゲームやスマホでのSNSめぐりもあるでしょう。

最近、子供がSNSで怪しげな大人と関わって、事件に巻き込まれるというケースは出ています。スマホを持たせるかどうかは、ご家庭の事情もありますが、スマホやネットの世界とを分断するには、「読書タイム」を設けることは大切です。

我が子も、この読解力低下のニュースを見てから「やば!期末テスト終わったら、せっかく買った本読もうっと!」と話していました。(どうやら、大真面目な本と私が以前からお勧めしていた本が溜まっていたようです)

私が中学生の子供に勧める本としては、新渡戸稲造の「武士論」や藤沢周平の「蝉しぐれ」などを進めています。あとは子供が好きそうな本を選ばせています。

これはほんの一例ですから、参考としていただき、本選びは子供に任せてもよいかと思います。

これから先、国際学力調査の結果を元に、教育改革が進められますが、「読解力」は全ての勉強には必要ですので、この力を伸ばす教育はご家庭でも可能ですから、読書は是非時間のある時ということで、勧めてあげてくださいね。

スポンサードリンク


a1568d5fcecfb28bd35221c3e93276b8_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

もう、関西圏や関東圏で1月入試のところであれば、そろそろ志望校への出願が始まっているかと思います。この時期は、そろそろ朝型の生活リズムに戻して、苦手科目の克服など、塾や親御さんも必死になるシーズンですよね?

私も性格には4年前、子供の受験対策で体調管理や苦手科目のトレーニングに付き合いました。(12月初旬にインフルエンザで寝込んだ時は焦りましたけどね。)

さて、志望校によっては、5教科もしくは2教科(3教科もあり)を受験対象科目としていますよね?入試時に得手不得手の科目が出てくるのは仕方ありません。

少し話は先になりますが、入学後に「あれ?こんなはずじゃ?」という現象が出てきます。入学後びっくりされるかもしれませんが、事前にお伝えしておくのがよいかと思ったので、紹介します。



受験時は不得意科目が得意科目に化ける現象はあり!

cf79f5e62740e35f701c0ef3698b932f_s

私の子供が一番わかりやすいので、実際の成績の変わり方を紹介していきますね。

中学受験準備期間中、ずっと算数が大嫌いで、成績も悪くて、個人指導コースの先生でさえも、頭を炒める生徒でした。

中学受験間際に成績が思うように上がらないので、「コマ数を増やしたい」と打診されるほど、算数はのびませんでした。

後日、学校でのいじめが原因で、精神的苦痛を受けていたことがわかったので、先生方も指導方針を変えてくださいましたが、合格した学校での学力テストは、まぁ悲惨なものでした。

中1の前期における学力考査は、ほぼほぼ公表できるものではありませんでした。

ところが、中学の授業が本格化してきてから、ガラッと成績は変わりました。

特に、苦手だった「数学」がクラスやコース内(医学部系には負けるけれど)ではトップをとるようになり、理科も常にトップクラスにいつもいる状態になりました。

ちなみに、これは中2に上がってからの話です。

逆に下がっていて、いま順位をあげようと特訓中は「国語(現代文・古文)」と歴史で、これは先生の指導方針に問題があるようですから、やり方次第では高校からアップすることでしょう。

いきなりその子の得意科目が逆転することは珍しくない

「え?嘘でしょ?そんなはずない!」という方はいると思います。

これ、実は高校に上がってからもある現象で、成績優秀者でトップ合格したとしても、卒業時に最下位で卒業する生徒は珍しくなく、何がいけなかったのか、何がよかったのかというのは、子供の中の「何か」が目覚めるとしかいいようがないです。

私の子供は、数学は大好きで週末に主人(大学院卒・大学受験までの家庭教師可能・現在研究職)に分からないところは教えてもらっているものの、飲み込みはものすごく早いです。

中学受験準備期間中は、どうしても父親が小学生が受ける「中学受験の算数」を教えることって難しく、関数や方程式を使えば簡単なことを教えられないという弱点はあります。

国語の力があがっていくのは、母親が指導できる能力があれば、教えることはできますが、せめて漢字の書き取り程度で、読解問題は、まず教えられません。

ところが、

中学校に入学すると、今まで習ってきたことは、全て無に返して、中学生でしか解けないものにシフトチェンジする必要があるので、最初成績がよくても、途中で急降下する生徒は出てきても当然な話。

指導する教員も、科目ごとで変わるので、指導方法が上手な先生との出会いがあれば、急激に得意科目が変わっていくということもありますから、得手不得手科目がガラッと小学生時代と変わっても仕方のないことです。

ただし中3からはなるべく成績の高低差はなくす

7d91f5ff593f3ef89c5697f0b94419fc_s


私立の中高一貫校であれば、コースなどによっては、中3の2学期から高1の授業に突入する学校や科目はあります。

そして、今問題になっている2020年大学入試改革次第で、影響が出てくるかもしれない「指定校推薦」についても、厳しく指導が入り、総合評価による指導や部活・学校への貢献など、進路指導の先生や担任から指導が入ってきます。

指定校推薦のみの話でいくと、かなり一般入試でも厳しい大学・学部となると、高1からの総合評価で4.0以上の評価がなければいけないという学校は多いです。

これから中学受験をする子供を持つ親御さんとしては、「え?うちの子、これからどうすればいいの?」ということにはなるかもしれませんが、今は中学受験を乗り越えて、入学することだけまず考えてください。

入学後、徐々にクラスでもトップクラスにいられるような勉強などを、子供と話すとよいのではと思います。入学してからは、どうしても力が抜けてしまいがちですが、それはそれでいいと思います。合格してどこに入学するかで実は別れるのではないでしょうか?

まとめとして


juken_sleep_inemuri_woman

希望の中学に入学してからの話は、驚かれる方、「そんなの知っているよ」という方に別れるでしょう。実際に我が子が成績優秀で特待生で入ったのに、みるみる成績が下がって、特待生に対する優遇措置が消えるということもあります。

特待生だからと、勉強を疎かにすると痛い目にあうので、他の入学生がぐいぐいと上位に食い込んできた時にさてどうなるか?

ということで、入学時にあまり点数がふるわず、なんとか合格できた子も、中学入学後に、勉強のコツをつかんでしまうと、追い越すことは余裕になりますし、素晴らしい生徒さんは続出してきます。

中学受験前に、こういうお話をしたのは「今の成績に甘んじてはいけない」という教訓で書きました。本当に合格して入学してからが、いろんな生徒の実力発揮なので、今がよくても将来のこともしっかりと見据えてお勉強していきましょう。


スポンサードリンク


↑このページのトップヘ