google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

2019年01月

81745c68.jpg


お久しぶりです。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

昨日(2019年1月27日)に個人的な資格取得試験の都合で、更新を止めていました。
その間に、関西圏での一斉の中学受験が1月19日からスタートして、合格発表を終えて、今入学手続きなどを行なっているご家庭は多いでしょう。

関東では、今まで2月1日〜3日が受験集中日だったのですが、交通面などから12月から受験スタートしていました。

さて、関西はどうだったのでしょう?まだ、入学手続き中で、最終入学者は発表されていませんが、一部塾などから出されている、出願状況などから、関西圏の中学受験についての考察をします。
*国立・公立中高一貫校は省きます。



総評として。激しい倍率変更なしだが、受験者増加

この結果については、
ed-NET 近畿圏私立中学出願者速報」様と「SAPIX小学部 出願者速報」様
の出願状況データを参考に、分析させていただきました。

合格者と入学者については、まだ入学手続き中もしくは辞退があるため、正式発表は4月に入ってからとなります。

2019年の関西圏の中学受験については、総評としては、
「倍率の激しい変動はなし。ただし、私立中学受験者が増加」です。

全ての学校について、2017年から2018年、そして2019年と3年分を総合して見た所、
それほど大きく変動したという印象はありません。

若干変動があったのは、目立つところでは、清風南海A日程、西大和、大阪桐蔭、四天王寺・英数に変動があり、2018年度と比べると出願者が増加もしくは現象していました。

定番の難関校と言われる、灘中や大阪星光学院などについても、高倍率であるところは変わっていません。

そのほかの私立中学についても、倍率について大きな変動は一見見受けられませんでした。

よく精査してみると、受験者が2018年より増加しているのは、顕著に現れています。

初日午後受験・別日程も影響あり

最近導入が多い、「初日午後受験」と「別日程受験」が受験校を増やす要因となっていますので、受験校の選択肢を広げることになっています。
初日の午前中しか受けることができない学校を優先し、午後受験や別日程で受験できるところを、「チャレンジ校」「本命校」と選択して、受験している様子も見えます。

我が子が受験した2年前から、初日午後受験を導入する学校は増えていました。
この制度と、別日程制を導入している学校については、より優秀な生徒を取り込みたいという考えがある傾向が強いのです。
しかし、受験する子供さん側でも、どこを本命にするかで日程調整をしてくるのですが、同じような考え方に走るので、大きな変動がなかったものと、データ上では見受けられます。

医学・薬学に特化したコースに変動はなし

去年から問題になっていた、東京の医科大受験問題で、女の子や浪人生への厳しい対応で、中学から医学部を目指す女の子への影響は出るかと心配されました。

しかし、その後、国などが厳しい処分を出したことにより、該当大学への出願数は減ったと報道されています。

女子校に目立つのですが、医学部・薬学部を目指すコースを作っている私立中学校(中高一貫校)については、出願者が減ることはなく、逆に増加している傾向が出ています。

面白いところでは、大阪・女子校で、医学と薬学に特化させたコースを持つ「四天王寺・医志」「大谷・医進」については、午前中のみにしか行われない「四天王寺・医志」を受験して、初日午後・翌日受験可能な「大谷・医進」を受験するというルートが確率されていると見受けられます。

大谷・医進の初日午前は毎年人数が100人前後出願しますが、初日午後・B日程になると、200人以上が出願しています。
医学部への希望かどうかは謎ですが、薬学部を目指す子供さんもいるので、大谷は「合格してもキープしておく」という考えかもしれません。

今後の関西圏の中学受験の予測

2020年に大学入試改革が行われ、入試制度が一気に変わります。
記述式の出題が多いという方向に進むようですので、私立の中高一貫教育で、「考える力」「各地から」などを養うカリキュラムが導入され始めています。

そのため、2020年以降中学生になる子供さんを持つご家庭としては、金銭的な余裕があれば、ぜひ「中学受験をさせて、高校受験の負担を避けたい」という考えになるでしょう。

関西圏の中学事情としては、格差が激しく、大阪府は、学力テスト(小6・中3で実施)しても、ワースト1や3というレベルで、教育熱心なご家庭となると、私立もしくは国立へ通学させたいというのは当然になります。
ただし、大阪府内でも、教育レベルの格差があるので、公立中学に進ませて、高校受験時にレベルの高い公立か、私立へ通わせるという考え方もあるので、現状では「様子見」ということです。

まとめ

関東圏での中学受験が過熱化していて、関西はどうだろうと気にはしていたのですが、少し関東圏の影響は若干受けているように感じます。

ただ、私立間での試験日程の協定や学校側であまり長期的に受験日数を設定しないということがあるので、関西人独自の考え方である「合理性」が、少々ヒートアップしかけている中学受験を抑え込んでいるという感覚です。

とはいえ、受験者が確実に増えてきているので、中学受験市場(塾や通信教育、家庭教師)は、増益して、激しい受験戦争に突入ということにはなりそうです。

中学受験については、その時が終わりではなく、始まりであって、入学後にいろいろと問題が出てくるので、これから中学受験を考えているご家庭は、教育改革も始まりますので、慎重に考えるのがよいかと思われます。

スポンサードリンク


6ff0368ae839f1f643e7fcbf3c5d9911_s


お久しぶりです。
「ペンペンのぺたぺた知識欲」ペンペン(@penpenwaker231)です。

ただいまフィナンシャルプランナー2級の試験が迫っていたことや、関西圏など1月に実施される中学入試の様子を調べるべく、更新をお休みしていました。

1月27日が過ぎれば、更新などしやすくなるので、新しい情報については、もう少しお待ちくださいね。

実は、このブログは2016年12月13日に、「はてなブログ」さんで誕生させて、雑記ブログとしてスタートしました。

その後1年後に、心ない人からの嫌がらせがあって、運営さんに入ってもらったのですが、結局「はてなブログ」からこの「ライブドアブログ」へ引っ越しすることになり、現在に至ります。

グーグルアドセンス の審査にも、長い時間はかかりましたが合格して、ようやく2019年1月21日に初めての収益が出ました。

「雑記系ブログ」ではありますが、「中学受験」「私立中学進学後」というテーマに比重が重くなり、専門サイトになりました。

やっと収益化として安定したのも、「このブログを必要としている読者のみなさん」に支えられていることで頑張れるということです。


今年(2019年度)の受験状況などの情報は、今日が確か兵庫・灘中の合格発表で、関西圏の様子と同時に、東京方面で1月受験の様子などもわかり始めます。

今は、私のFP2級受検で落ち着かない状況と、まだ正確な情報が入ってきていません。
そのため、今日の記事は、みなさんへのお礼とします。

これからもこの「ペンペンのペタペタ知識欲」をよろしくお願いします。

ペンペン



163344
イラスト by 「イラストAC」
<加筆修正日:2018年1月23日>
<加筆修正日:2019年1月9日>

こんにちは。ぺんぺん(@penpenwaker231)です。

1〜2月は全国的に中学受験突入中でしょう。
同時にそろそろ、小学生で中学受験を目指す子は、2月が塾の新学期ですので、
新小6のお子さんはぼちぼち受験準備に突入になりますね。

5月ごろから入試説明会も始まるところが出て来ますが、高校入試で求められる
「内申書」が必要なのかどうかが気になりますよね。
関西と関東、超難関校でも対応が異なりますので、この記事は昨年(2017年7月)に
執筆したものを再構成したものですが、今後、かなり変更されることを含め
紹介します。


内申書は中学受験においては一応参考程度(例外あり)

内申書とは、高校受験では重要な書類の必要ですが、在学中の成績や素行、出席日数などが
記載された書類ですよね?
今の公立中学生の子は部活をしていないと内申点が悪くなるということで、
近所のお子さんは毎日部活と塾通いでヘロヘロです。

さて、中学受験で内申書(もしくは在学証明や通知簿のコピー)を求めてくる学校は
全国的には根強いものの、内申書なしで、当日の得点を重視する学校は多いです。

私自身も気になり、当時の塾の先生にお聞きしたところ、「一部の学校では、内申書や在学証明を
小学校の担任に書いてもらわないといけないのですが、かなり内申書を出さなくていいところは
多いですよ。当日のテスト結果が全てですね」という話でした。

志望校は、内申書を何に使うかというとそれぞれ違いますが、基本は「出席日数の確認」程度で、
もし他に提出してほしい書類というと、「英検4級以上取得していれば、証明書の提出」は
言われます。

ただし、教育指導改革が2020年に変わる前に、2018年度から英語教育について変更が出ていて、
小3・4は「国際理解タイム」的な指導、小5からは「教務化」で国の選定教科書を使った指導
で「成績」がつけられるために、すでに全国的に受験科目に「英語」が英検準2級レベルを
出している学校が出ています。

ですから、外部英語認定の証明を出していても、入学試験で実力が試されることにもなります。

また、超難関校では、出席日数も合否判定に使われる学校もあります。
特に有名なのが関西ではスーパー難関校と言われている「灘中学校」
いくら当日の入試結果がよくても、小5から小6の2学期までの出席日数が
合否判定に使われ、特別な理由(入院など)で欠席日数が14日以上であれば、
不合格になるケースも出ると言われています。

(もちろん、長期入院など特殊理由で欠席した書類を出願時に添付して、
内申書にも記載してもらうことで考慮はされます)

志望校が「内申書必要」となっていれば、入試説明会で必ず何に使うか、
合否判定に使うかはしっかり確認してください。

*内申書は、担任の先生に直接お渡しして、必要な学校数だけ記入していただきます。
内容は、最終的には教頭先生と校長先生の確認をいただき、学校印を押して、小学校側で封印を行なって、お子さんもしくは親御さんに渡されます。

中身を見たくなるかたもいらっしゃいますが、開けずにそのまま願書と一緒に提出してください。
封入の際に割印が押されるはずなので、決して開けないでください。

内申書がない場合、後日提出する書類は?

無事合格して、入学者の集合日や制服の採寸日に書類や入学までの宿題を出される場合が
あります。
その時に、保護者に渡されるのが、中学校の校長名での手紙で「6年間の健康記録と
歯科記録・6年間の指導記録の提出」を小学校の校長が期日までに子供の学校に
送ってほしいという手紙が渡されます。

さて、小学校時代にいじめにあった私たちは、「6年間の指導記録」の取り扱いを小学校側が
どう書くかを心配しました。

10月下旬に8月下旬からずっといじめにあっていたことがわかり、
11月下旬から2月初旬までは不登校にしました。
合格後、子供の気持ちが落ち着いてから、特別室に
かくまわれる形で学校に出ていましたので、あとで不登校になってから
再度登校するまでの欠席日数が82日とわかりましたが、その記録は
現在通っている中学校には、前日登校の形で知らされていることも
わかりました。

春に行われた3者懇談会で「え?いじめにあわれていたんですか?それは全く
小学校からの記録に書かれていませんでした」と
担任から聞かされてびっくりしました。

小学校側も素直にいじめの件を書いてしまうと、
小学校の管理面を怪しまれるので、不都合な点は隠したのかもしれません。


中学校に入学してからの評価は変わります

小学校の評価の付け方は「絶対評価」で、ある1人の生徒が様々な教科に対して、どこまでできるか
という付け方なので、担任の私情が入ってきて、納得のいかない評価がでやすいです。

反対に中学校からは、「相対評価」になって、母体数(クラスの人数)から
各教科の先生で判定をするけれど、学力テストや定期考査、普段行われる小テストなど
総合的に順位をつけていって、それぞれの教科で先生が細分化されていれば、
先生方で協議の上、評価をつけていきますから、
定期考査と大きな誤差は出てくることはありません。

たまに、私立中学で困った先生はいるようですが、それでは学校の評価が落ちるので、
真面目に勉強をして結果を出していれば、文句はつけられません。


中学にあがってからの子供の成績は?

小5と小6の担任の評価がひどくて、毎回泣いていたのですが、
中学にあがってからは、普段の小テストの結果や定期考査の結果、
特に英語特化コースなので、ネイティブスピーカーの先生の授業の
評価が重点的に見られました。

担任からの話を聞くと、書く方は成績は中間ながらもスピーキングで
良いということで、英語のみは中間クラスながらも、
スピーキングタイムの評価は高くついていました。

得意な数学や理科、そして基本の国語もよくてやっとまともに
成績がつけてもらえたと子供は喜んでいました。



まとめ

内申書がない代わりに、後日「6年間の指導記録の提出」は校長に依頼をお願いしましたが、
きちんと出してもらえているか心配はしたものの、届いていた代わりに、
内容を変えられていたのはびっくりしました。

全国区で有名な学校では、しっかりと学校に通っているお子さんで
優秀な子を確保したいという考え方から、内申書を出してもらっても、
出席日数で合否判定を行うというのは当然かもしれません。

今後は、小学校で習う科目や子供たちに対して「思考力」を求める教育を
施す考え方のようで、中学受験のシステムもどんどん変わるでしょう。

内申書についても、不要になるかもしれませんが、もしかすると白熱すると、
不要としていた学校も、提出を求めてくる可能性は高いです。

今の所は、必要ではない学校については、当日の実力が大切なので、
最新の情報収集はしっかりと塾とともにしておくことは大切です。

スポンサードリンク


01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

正月明けに体調を崩して、更新を休んでいました。

今日は1月7日。娘の学校は明日1月8日から学校が始まります。
去年、台風21号の被害のために、1日休校したので、始業式終了後に振替授業があると、嘆いています。

中学受験、特に関西方面の学校を受験される子どもさんは、今年は1月19日が入試日初日のはずで、今が一番大変な時期でしょう。
我が子の時(3年前)は、1月14日が1月第3土曜日に当たっていたので、2週間前に突入でした。

2週間前にできたことについて、記憶をたどりながら、紹介します。



もう夜中まで勉強をさせない! 朝モードに変えて行く

今までは、不得意科目や中学受験ならではの問題を解くということで、夜遅くまで勉強していたでしょう。

入試当日は朝です! しかも、学校前や空き地などで塾ごとに集合をかけるはずです。
ほとんどの学校が、8時に開門しますが、交通事情を考えて早めにつくようにという指示がでます。

そして、小学校も新学期が始まるので、夜遅くまで勉強をしているわけにはいけません。

朝から、頭がフル回転できるようなモードに、今から変更しておかないと、実力発揮ができません。

ですから、2週間前からでも十分間に合うので、朝方モードに切り替えていきましょう。

風邪とインフルエンザには要注意

今、風邪とインフルエンザが大流行りです。

この時期でお母さん方が一番悩むのは、「感染して、入試に響くのは困るので学校を休ませるか?」と
いう点でしょう。

結論から言えば、「ギリギリまで行かせる」でしょう。
ギリギリという範囲では、1週間前ぐらいならいいかなぁというところでしょう。

我が子の場合、受験2週間前にインフルエンザに感染し、ちょうど学校も塾も休ませないといけないという、非常に綱渡りの受験をしました。
治ってからも、学校には休ませた(いじめの話もあったので)ため、家で二度インフルエンザをひらうこともなく、本番は無事に受験することができました。


ギリギリまでいかせるとすれば、
  • すでにワクチンは打っているか?
  • 必ず外出先ではマスク
  • 人混みに出かけない
  • 帰宅後は、手洗いとうがい
を徹底しましょう。
ご家族も全員協力してあげてくださいね。


過去問よりも基本問題を解かせておく

過去問は、もう間際になれば、頭に入ってこないはずです。

それよりも、基本問題に戻って、確実に解けるかを確かめておく必要があるでしょう。
基本が解くことができれば、本番にひねくり問題が出ても、基本に戻れば解くことができる問題もあります。

社会や理科については、記憶ものは、試験直前まで反復で基礎部分を抑えておきましょう。
てこ、濃度計算、これらの理科問題は、少しひねりが入りやすい傾向はありますね。

必勝メニューよりも普段の食事で体調管理

よく、「絶対合格だ!」ということでカツ丼などの脂っこいメニューを出すご家庭もあるでしょう。

実は、子どもさんにとって前日は親御さんよりもかなり緊張しているので、こってりメニューを出して、スタミナを蓄えるよりは、いつも通りのメニューで、体調管理をしてあげてください。

いつも通りの方が、お子さんの実力発揮の力は大きいです。
5教科受験の場合は、外へ出ることができず、お弁当を持たせることになりますが、お弁当メニューも、通塾で持たせていたお弁当で十分です。

いつもどおりが、一番子どもさんにストレスをかけないコツです。

まとめとして

関西圏で、同日午後受験や、前期・後期試験と複数受験をされる子どもさんは、多いことでしょう。
複数受験は、つきそうご家族はもちろん、子どもさんが一番疲れ果ててしまいやすいです。

精神的にも疲れが出やすいので、その日の入試が終わった時に、糖分が一番脳にはいいので、学校を出てから、チョコレートや甘いお菓子をあげると、精神的疲労の回復は早いです。
(囲碁・将棋・競技かるたをやっている人ならやっている技です)

そろそろ、朝方モードにして、体調を整え始めていきましょうね。

スポンサードリンク


f3a4402166e78cf5f980d23c77356e68_s

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。というわけで、「ペンペンのぺたぺた知識欲」のぺんぺん(@penpenwaker231)です。

昨年は、ある一定層の読者の皆様に、たくさん読んでいただき、ありがとうございました。

「ある一定層」とは中学受験を目指すご家庭向けとして、運営してきたブログで、私立中学進学後の様子や中学受験に向けての情報をお送りしてきました。

今年初めての豊富や、今後の展開などをお伝えします。



過熱化する中学受験と報道問題

今年からちょくちょくお伝えしていますが、2020年の大学受験改革とともに、学校指導要領の変更も入り、公立中学や高校への進学ではなく、「中学受験」をさせて、高校受験をなしにして、難関大学への進学への通りやすさを軽減したいという考えの方が増えています。

しかし、最近の傾向としてわかってきたのは、過熱化しているのは、「関東と関西」の2つのみで、特にひどいのは、関東圏での中学受験事情です。

関西での受験は、私立学校間で協定が結ばれているので、受験日初日は全て統一化されています。
反対に関東圏は、東京都23区以外でも受験ができるので、すでに12月に受験がはじまっている学校もあれば、1月受験もあり、そして2月1〜3日に受験が集中します。

つまり、関東圏の方が受験チャンスが多いということになります。

年末に「え?これは違うでしょ?」という記事が出て、執筆した方が、私も読んだ本を書かれた方だったので、びっくりしています。

「1月入試」と「午後入試」の功罪
(読売オンライン 後藤卓也)


「大人もハマる算数」を執筆されていて、中学受験に必要な算数の特殊系問題を紹介されている方がこの記事を書いていて、びっくり仰天しました。

実際の掲載は12月19日で、Yahoo!ニュースで紹介されたのは12月30日。
すでに、関西や関東の中学では、入学願書の受付は受付終了間際か、終わっているかの日付。
「セカンドオピニオンとして読んでください」との文章からスタートしていますが、
実質出願後に出た記事になります。

内容としても、関西のお子さんが関東の学校に受験するツアーがあると紹介されていますが、
実際は、関東から関西の学校を受験しにきているというケース(もしくは塾主催ツアー)もあって、
実情が異なっているということもあります。

関西と関東以外の地域の受験は、この2つほど大きく加熱することは少ないと考えられますが、今後の公立での指導方法が変わらない限りは、どんどん私立人気は消えることはないでしょう。

このブログの方向性として

このブログネタが通用するのは2020年を超えて3年は、運用を続けられるとは考えていますが、次に我が子の大学受験が待ち構えています。

すでに、2020年の大学入試改革のテストパターンはスタートしているので、正式にどうなるのかというのが、我が子の大学受験時にわかってくることでしょう。

その時には、また扱う内容が少しづつ変化していきますが、中学受験を含め、大学受験へとシフトチェンジしていく予定です。


ライター、物書き業としての今後について

現在、安定してお受けしている仕事はあるものの、偏りが出ているので、新しい分野に挑戦したいと考えています。

しかしながら、健康面の問題があるので、やはり取材案件をお受けするのは難しいのではと考えています。とはいえ、いずれは取材案件にも取り組まなければいけない状況にはなります。

女性特有の体の変化もで初めているので、無理もできないという面もあり、そして、もともとの持病もあるので、どこまでできるだろうかとも心配はしています。

ライターとしては、どこまでできるかはわかりませんが、少しずつ「エッセイ」部門や、小説にチャレンジしていきたいとは考えています。

noteというプラットフォームで、「ほぼ毎日note」を続けていますが、今年はさらに「毎日note」を時間を決めて、体調が許す限り書き続ける予定です。
→私のnoteはこちらから

今年はとにかくがんばるぞい!

すでに中学受験に向けて、過激報道は始まっていて、我が子も今年の春からは中3。
そのまま上の高校へ進めるかは、10月上旬に説明会が開催されるということなので、どういうことになるかはわかりません。

これからは、教育関係はもちろん、私たち大人の働き方も大きな変化を迎えることになると思われます。

私自身も、「病気だから」と言えなくなる時代に突入するかもしれませんが、自分ができる環境の中で、子供を育て、家庭も支え、仕事にもがんばるぞいと考えています。


これからも、この「ペンペンのぺたぺた知識欲」で、よりよい情報を提供できるよう、精進していいきますので、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ