google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

2018年11月

296f4f677cb9b4fba9576f6ad935129b_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

現在中2の我が子はというと、あともう少しで2学期の期末試験2 週間前に入ります。
普段はバタバタしながらも子供の話は聞いていたものの、昨日は祝日で、主人に家事をお願いすることもできたので、娘と話し合う時間ができました。

最近の子供同士の付き合い方事情は、かなり難しく、特に中学受験で厳しい世界を経験してきた子供たちにとっては、中学入学後は戸惑うことが多いらしくて、中途退学の子も出ています。

もちろん、不登校問題はあって、娘の友人も不登校で、時々連絡はとっているものの、今後の進路について、結論を出すように言われています。

私も、子供のお母さんから聞いた話と、実際の様子からお話できる範囲で、実際の私立中学校でのいじめ・不登校対策についてお話します。



学校によりけり。いじめが絶対ないとは言い切れない

口コミサイトで、いじめの有無について、公開しているところがありますが、「うちはないですよ」と言う声があれば、「ありました」という声が、同じ学校なのに別れるケースはあります。

学校によりけりで、いじめ対策をしっかりしている学校もあれば、いじめ対策をしているようで、不十分な学校はあります。

いじめ対策をしていると公言している学校でも、実際の対応が「被害者側が悪い」という判定を行う学校もあり、このことで退学していくお子さんもいるぐらいです。

超難関校でも、多少のいじめはあるものの、学年があがるにつれて、他人に関わっている時間もなくなるのか、いじめ自体が消えていくケースもあります。

しかし、「絶対どの私立中学でもいじめはない」とは言い切れないのです。

カウンセラー常駐でも、十分な対応が行われていない

いじめ問題が深刻化して、私立校でもスクールカウンセラーを常時配置している学校はあります。

最初は公立校から、「臨床心理士」の資格を持ったスクールカウンセラーが配置されましたが、私立校でもいじめ・不登校などの問題が出てきたために、私立校への派遣もできるようにと、2010年から
スクールカウンセラーの派遣をひろげています。
参考資料:「意外と知らない”スクールカウンセラー” 学びの場.com

子供の学校にも、カウンセラーは常時いるようになっていますが、交代制で、同じカウンセラーに相談することが難しい状況です。

スクールカウンセラーは、生徒さんからの相談を教員にフィードバックして、話し合った上で、問題を解決するように動きますが、教員が実情を把握しきれていなかったり、問題が、いじめのみならず、不登校や発達障害であったことなど、生徒側での問題も複雑になっているので、なかなか解決に至らないこともあります。

無実の子が加害者扱いとなるケースも!

最近のお子さんの友達付き合いは、私も話を聞いていて、すごく難しいと感じます。

シャーペンの貸し借りのことで、「いじめられた」と泣きながら職員室に走って、担任の先生に言いにいく生徒さんがいて、貸し借りのことで相手をした生徒さんが呼び出されて「いじめをしたでしょ」と言われて、加害者認定をされてしまうというケースもあると聞きました。

後でわかったことは、「シャーペンの貸し借りのことではなくて、シャーペンの芯を分けて欲しい」という申し出で、1本しか渡さなかったということだったということで、「いじめ判定」となったのです。

しっかりと双方の事情を聞き出していれば、生徒と先生の間で、深い溝になることはなかったのですが、
双方の話を聞かずに、すぐに白黒をつけてしまう先生側の対応にも問題はあります。

しかし、先生側でも問題はあって、まともな対応ができないという事例もあります。
なぜかというと、先生でも、最近休職・退職をしている方が増えていて、精神疾患で入院されている場合もあります。

先生たちも、学校上層部からの成績向上指導や、部活指導など、公立に勤めている先生よりもハードな面もあり、休んでいる先生は結構いらっしゃいます。
先生も人間なので、仕方のないことなのでしょう。

中学受験がもたらすものとは?精神面への影響とは?

中学受験は、長期に渡って「勉強での戦い」を強いるものです。
超難関校を目指すとなると、かなり厳しい指導を受けることがあります。

ちょうど小5・小6となると、多感な時期なので、勉強のみで突っ走ることになると、お子さんの精神的な成長に影を落とすこともあります。

その中で、勉強での戦いが、いい方向への成長となる場合もあります。
それは、お母さんやお父さん、ご家族が中学受験の中で「精神面のよりよい成長」をも教えてあげることが大切です。

入学後は、また同級生との成績争いはあるかもしれませんが、小学校時代とまた違うクラスメイトと一緒になるので、精神的な成長はいい方向に走っていきます。

もし、乗り切れない場合は、先生と相談することは大切ですが、複雑化した場合は、学校を休ませても構いません。そして、私学の場合は、都道府県の私学課に相談をしてくださいね。

まとめとして

我が子は、小学校時代にいじめにあいながら、中学受験をして合格しました。

その後の生活はというと、面白いクラスメイトに出会えたことで、元気になって、部活も趣味でしてきたことができる部に入部し、今では、生き生きしています。

残念ながら、学校生活に馴染めなくて退学する子、不登校になっている子はいて、解決できていないというのが現実です。

その学校に馴染めるかどうかは、学校見学会などではわかりません。
入学してからいろいろとわかることがあるので、どうか今受験勉強中とはいえ、少し心の片隅に留めていただければ幸いです。

スポンサードリンク


321a6dd6da1bfd14c78be2fae6ce331a_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

もう来月は12月。関西は1月が受験本番で、関東は2月ですよね。
関西の私立中学校を受験する子にとっては、今がいちばんん焦るときではないでしょうか?

もう志望校の入試説明会に行かれたはずですが、在校生では、「え!そんなばかな!」というお知らせが来て、保護者としてびっくりすることが多々出ています。

ほんの一部ですが、紹介しましょう。
今後は、もっと変わっていくことも増えるはずです。


え? 男女共学に変わるーーーー!

関東はどれぐらいかは謎ですが、関西圏の大阪にある学校で、男子校・女子校と男女別々の学校は、ほんのわずかになっています。

男子だと、
  • 大阪星光学院
  • 清風学園
  • 興国学園
  • 明星学院
女子だと
  • 四天王寺学園
  • 大阪女学院
  • 大阪・大谷学園
  • プール学院
とほんのわずかになっています。(もし間違えがあれば、ごめんなさい)
過去、桃山学院は男子校だったのですが、今は制服ありの男女驚愕にかわり、女子校では東大谷が場所も移転して、男女共学になっています。

トイレなどの設備変更が必要になるので、在校生には早めに告知されるはずですが、かなり在校生側は動揺することになりますね。

それと、共学化することで、学校の成績が落ちるかというと、学校の指導方針に揺るぎがなければ、偏差値に変更はでません。
しかし、超難関校であった清風南海が共学化した時にわかったことで、女子の方が勉強を頑張って、男子を抜くケースが多いという結果が出ています。

完全中高一貫校が高校からの受け入れもありとするケース

これは、関西では大谷中学・高校の話になります。
今まで、こちらの学校は、完全中高一貫校の女子校で、高校からの編入もしくは高校入学はなしとしていました。

しかし、来年度(2019年度入学)から、高校からの受け入れを始めるとし、80名を定員として、募集することが発表されています。
詳しくはこちらから

中学からの入学者と、指導スピードが違うということから、高校からの入学者に対しては、コースを別として、授業を行うとしています。

どのぐらい高校からの入学者が出るかわかりませんが、今後は、完全中高一貫校は消えるかもしれないということです。

このことについては、在校生のお母さんで、卒業生である方から「完全中高一貫教育がよかったのに」という不満の声は出ていると聞きます。

制服が高校から完全に入れ替わる学校が増えている?!

これは、最近制服で学校を選ぶお子さんも増えての対応と、高校からの受け入れ枠がある学校での対応です。

ネクタイやリボンだけを変更する学校は、少額で高校への進学時に済みます。
中学は学ラン・セーラーだった学校が、高校からブレザーに変更となるのが、定番化しています。

中高一貫校としても、高校進学時に入学金を納付しなければ学校がほとんどで、さらに制服の変更があるとなると、中学の入学時とほぼ同じぐらいの金額がかかると考えておく必要があります。

ですから、入試説明会の時に、高校進学時の制服変更の有無は聞けなかったとしても、入学説明会の時などで、聞けるタイミングはありますが、ホームページでも制服の変更などは見れるので、チェックしておくとよいでしょう。

ちなみに、先ほど紹介した大谷中学・高校は、来年(2019年)高校進学するお子さんは、セーラー服から新しいデザインのブレザーへ変更となります。

金額については不明ですが、かなりいろいろと購入するものがあるようなので、親御さんも驚いていると聞いています。

まとめに、変更があってもブレないこと

希望した学校に、様々な変更が出たとしても、学校側の運営がしっかりしていれば、学校の評価が下がるということはありません。

ただ、入学してから多くの変更が発生するようでは、少し考えなければいけないかもしれません。
基本としては、制服や共学化については、親御さんとお子さんとの話し合いで、その希望校を受験するかは、しっかり相談してください。

気をつけて欲しいのは、学校長がしょっちゅう変わっていたり、やたらと受験直前まで入試説明会を行なっているところは、学校運営に問題がある可能性はあるので、見極めるのは難しいかもしれませんが、説明会の時の様子などを思い出して、判断してくださいね。





e6585070a4a12ed291c1e15acbd72c2d_s


こんにちは。「ぺんぺんのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

この頃twitter上で話題になっている「小学校での算数指導」についての、意見交換が繰り広げています。
しかし、ちょっと気になることがあって、「中学受験」というキーワードで検索をすると、凍りつくような世界が繰り広げられていました。

中学受験合格を目指すお母さんの気持ちは、わからなくないのですが、少しだけ冷静になって欲しいのです。
読んでいて、「いやいや、それ違うよ」というツイートや、やってはいけないことをやろうとしている人もいました。

後々、後悔しないようにするために、経験者のママさんとして、実際にみたこと、経験したことを紹介します。



中学受験することは合格するまで秘密!

もしかすると、学校見学会や入試説明会で、同じ塾の友達もしくは学校のクラスメイトと遭遇する可能性は高いのですが、真剣に中学受験をすることは、合格確定までは秘密にしましょう。

地域によっては、中学受験をする子がクラスで半分以上というところはありますが、合格するまでは原則として秘密です。

「悪いことじゃないのに、なぜ?」と思うお母さんはいるかもしれませんが、中学受験が絶対成功するとは限りません。
早めに中学受験チャンレンジをバラすことで、いじめの対象になるケースもありますし、不合格になった時のバツの悪さはかなりかわいそうです。

また、バレることで、中学受験に興味がある・中学受験させるというお母さん達から、質問責めにあって、人間関係で疲れてしまうこともあります。

塾によっては、保護者さんの合同懇談会があって、ママ友さんができることはありますが、クラスである程度、目指す学校が見破られても、「いやー、考えてないんですよ」と、交わしましょう。

指導を完全塾任せにはしない、でも手伝えることは手伝おう

中学受験は、確かに小学生の子どもに高校3年生までに習うことを、小学生で勉強することで解かせるという「いじわるな受験」です。

それは、優秀な生徒を小6で確保して、その後6年間しっかりと教育するために、それなりの頭を持った子を大切に育てたいからです。

志望校で、出題するものの傾向は違いますが、塾ではある程度中学受験に必要な知識を入れると、応用問題をどんどん出してきます。

親御さんがしっかりみてあげられるのは、小学校中学年まで。
中学年以降は、塾での指導スピードがあがって、小6で特殊算などが入ると、いくら有名大学を出ていたり、中学受験経験がある親御さんでも、指導不可です。

中学受験の問題は、10年ぐらい経つと、ガラッと問われることが変わりますし、特に社会については、データが変わっています。

ですので、塾での指導に頼らざるを得なくなりますが、完全に塾任せというのも、問題があります。

例えば、お子さんの字。これは、お家でもお母さんがみてあげることはできますよね?

中学受験では、いくら正解を書いていても、読みやすい字でなければ正解としてくれません。
なぜかといいますと、記述式問題や漢字の書き取り問題で、採点がしやすい字を書いていることが大切ということです。

大勢の子どもさんの採点を行う先生側からすると、読みやすいきれいな字の方がいいというわけです。
そのために、塾での小テストで、きれいな字を書けていない子は、いくら正答を書いていても、不正解扱いとします。

親御さんとしては、「なぜなの!」と思われるでしょうけれども、採点者の先生も人間ですから、甘くはみません。

字のチェック程度なら、お母さんやお父さんでもチェックはできるので、たまにみてあげて、くせ字や字の乱れがあれば、少し教えてあげてくださいね。

ご両親まで受験内容の勉強をしなくていい

これは、中学受験あるあるで、ご両親が子どもさんを家でも指導できるようにと、中学受験の問題を勉強しているケースがあります。

これは、やめましょう!

「え!えらい冷たいじゃないの!」というご両親が出てきそうですけれども、塾で教える方法とご両親が参考書で勉強した方式で、違いが出ることがあって、パニックを起こすことが出てきます。
特に、算数の特殊算は、基本部分までご両親が勉強をして、教えてもいいかとは思われますが、お子さんが拒否すれば、速やかにやめましょう。

我が子の時、主人が理系の人間だったので、教えられるかと試すと「パパの教え方、わからない!」と怒って泣きました。
私は、少しだけかじっていたので、基本の基本は教えられましたが、応用編になると、塾の先生におまかせするしかありませんでした。

理科についても、てこの原理や食塩水、単位変換は、塾の先生の指導力がよかったので、覚えるためのお手伝い(問題を解いてみて、私が解答集をみて、チェックをするなど)のちょっとしたお手伝いで、できる範囲のことはしてあげました。

受験直前になると、解答集は私が預かって、ひとりでもくもくと勉強してから、解答集を取りに来て、丸つけをし、復習をするという、「自分なりの勉強スタイル」を作っていました。

小6の受験直前で、自分スタイルの勉強を作っていなければ、その後の中学生活に問題は出て来ます。

まだ受験をしない学年のお母さんへ

小1から開始して現在小5のお母さんにとっては、小6での受験までまだまだ遠い戦い(これちょっといやな表現なのですが)になります。

塾の主任の先生や、科目ごとの先生とのコミュニケーションを最優先にしてください。

ママ友さんを作るのは別にいいです。
しかし、心理戦を仕掛けられて、受験に対して疑問を持って、途中でやめるご家庭もありです。

いろんな情報に振り回されて、疲れてしまうのも当然ですが、小4までならよほどのことがない限り、
中学受験の専門塾に入れる必要もなく、プリント式塾で、計算の基本や、漢字の書き取りをしっかりと固める方が最優先です。

そして、習い事も、中学受験と関連するものでなく、スイミングや剣道などの体を動かすスポーツや、ピアノなど、ストレス解消に繋がる習い事十分!
書写(お習字)は、中学受験目的ではなく、教養という範囲で習わせるといいのですね。
ただし、途中で変なくせがついてしまいやすい年齢なので、時々注意してあげる程度で大丈夫です。

低学年の間は、甘やかしても大丈夫。
もともと地頭のいい子は、いきなり数学に目指したり、プログラミングにこだわる子はいます。
それは、本当にわずかですから、あまり詰め込みすぎをしないようにしてください。

まとめとして

twitterで、トンデモ発言をしていたお母さんがいたので、ちょっとリプライさせて頂いたのですが、反応がなく、心配しています。

あまり早くから、受験をしていないのに、親御さんがヒートアップしてしまうと、小6の本番まで、絶対に心と体は持ちません。

私ですか? よく聞かれるのですが、イライラはしたものの、不安を子どもに悟られないように気をつけていました。

困ったことは、塾のメールサービスを利用できたということがありますし、大至急で対応が必要なことは、事前に連絡をして、面談の時間を取ってもらいました。
特に、受験前にいじめにあっていたことがわかったので、どう対応するべきかと、先生たちと情報共有しながらの受験でしたから、特殊なケースです。

小6のお子さんは、ぼちぼち追い込みに入りますが、今回の話については、受験間近のお子さんを持つお母さんにも通じますので、どうか、お子さんの気持ちを楽にしてあげて、ご自身も気持ちを楽にして(難しいけれど)、最後まで頑張ってください。

スポンサードリンク


050b4e229c4b4c1f7cf100a204f2c35d_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

中学受験関連は、ぼちぼち入試説明会が開催されて、入試関連資料が説明会で配られているシーズンではないでしょうか?

我が子も3年前にこの時期に入試説明会があり、2校書類を取りに行きました。

このブログで、非常に今の時期によく読まれているのが、内申書(調査書)関連で、地域によっては入試の時は不要としている学校はありますが、まだまだ願書提出時に調査書の提出を求める学校はあります。

関連記事:中学受験に内申書は必要なの?重要視されるケースあり!

子どもの受験時は2校とも内申書(調査書)なしで、合格後に学校からの6年間の指導記録などの提出を求めることになっていました。

内申書が必要となる場合は、どのような対応が必要でしょうか?



調査書が必要と判れば、早めかつ事前に相談をしておくこと

調査書の作成は、担任が行うことになっていますが、小学校側の質(指導の仕方など)を問われるので、小学校によっては、作成に時間がかかる場合があります。

担任は時間外に6年の2学期ぐらいまで、資料を調べて、記入するので時間がかかります。

そのまま担任から渡せるケースはありますが、教頭と校長、生徒指導の先生などのチェックが入って、校長の職印を押す必要がある中学校もあります。

受験の出願のタイミングもありますので、調査書提出が必要になれば、早めにお母さんから直接先生に連絡をして、「中学受験をするので、調査書の記入をお願いします」とお願いしましょう。

お子さんからでは、中学受験をする子が少ない学校となると、いじめの要因になりかねませんので、お母さんが口頭でお伝えすることと、直接手渡しをすることにしましょうね。

調査書でチェックされるのは、本当は欠席日数

調査書記入をお願いする時に、クリアファイルに入れて、外から見えないよう茶封筒でお渡しするのが原則です。

願書配布が始まって、調査書が必要とわかれば、事前にお願いした上で、願書提出のタイミングと合わせて記入していただきます。

学校によっては、調査書を親が見ないように封印されて返却されますが、絶対に開けずに志望校へ提出していください。

調査書には5〜6年生2学期末までの成績記録や、出席・欠席日数などが記載されます。
*志望校によっては6年間のところもあります。

ここで気をつけたいのが、欠席日数です。

これは、関連記事でも紹介しているのですが、欠席日数が多すぎる子については、受験そのものができないとしていることがあります。

有名なのが兵庫・灘中学校で、地方からの受験者が多い学校でも有名です。
入試説明会に参加された親御さんの情報や、すでに出回っている情報からいきますと、
「出席すべき日数の1/4以上欠席している場合は、なんらかの事情がない場合は、受験不可」
説明を受ます。
「なんらかの事情」とは、病気による入院といった妥当な理由と書類さえ揃って入れば大丈夫で、願書と調査書を出して、学校側から願書のことで問い合わせなど連絡がなければ、受験できるという解釈です。

インフルエンザは「出席停止」というカウントになって、「欠席扱い」にならないので、問題はありません。しかし、家庭事情といった曖昧な事情では、灘中は受験できません。

ここで問題になるのが、「不登校」の子の受験ですが、ここではあからさまに書けませんが、不登校になった原因によっては、受験を認めてもらえるという救済はあります。

子どもが受験した時、実は学校との問題があり、不登校にせざるを得ない状況下で受験させましたが、調査書不要でしたので、何も言われることはなく、合格後に小学校から引き渡す「6年間の指導記録」でもって調査書と一緒になりました。

他にも提出する書類があれば、それも早めに準備

最近は、小3でも英検4級や3級、TOEFLを受けてくる子がいます。
英語の外部検定のスコアを持っている子は、加点要素となる場合があるので、入試説明会で、提出が認められて入れば、提出方法も指定されるので、早めに準備はしておきましょう。

ちなみに最近は、「WEB出願」を積極的に導入している学校が多く、1つの学校で出願したことがあれば、別の学校でも同じシステムで出せるという学校はあります。(関西圏で多いです)

WEB出願でありながら、調査書や他の書類提出が必要であれば、提出締切日も必ず説明会で日にちをかくにんしておきましょう。


まとめとして、一番チェックされるのは欠席日数!

これは口を酸っぱくして書きますが、「学校が知りたいのは欠席日数で、合否は当日のテスト結果判断!」であることです。

実は、受験勉強のために、まだ受験直前ではないのに、長期的に休ませて家庭教師をつけるという家庭もあり、超難関校に入れようと考えるご家庭もあります。

超難関の中学側としては、きちんと小学校生活を過ごせていないお子さんが、優秀だとしても受験のために休んでいるのは、入学後に支障が出てきてしまうのは、長年の経験でわかっているので、正当な理由がなしなら、受験を断るというのは、至極当然な考えです。

不登校でも、いじめや不登校特有の病気については、志望校としては救済してあげたいという考えはあるので、親御さんからの説明と学校側の判断に委ねることになります。

学校側は、欠席日数はチェックするのみ。
願書の字や印鑑のずれなどは、なんにも気にしていません。
WEB出願であれば、ほぼ内申書を求められることはありません。

地域によって、いろいろと違いはありますが、調査書を求められた場合は、担任の先生には早めに連絡を入れて、出願日までにはいただけるように、親御さんが手配してあげましょう。

スポンサードリンク


IMG_1893


こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

9月に行われたフィナンシャル・プランナー技能士3級の試験で、見事合格をしました。
現在執筆しているサイトの都合と、「お金に関する勉強」をしたいということで、かなり強行軍で受検準備をしました。

今は来年(2019年)1月の2級試験に向けて、必死になって勉強しています。2級は3級よりも、出題内容が幅広くなり、合格率も下がります。

3級をまず取っていないと2級は受検できません。
それから、これから金融系ライターを目指す方や、金融系コンサルをされる方は、士業のちょっとした足しにはなり、相性がいいので、取っておくことをお勧めします。

では、3級試験ではどういう対策をすべきか、私が使った教材、勉強方法を紹介します。



通信講座もいいけれど、Edtech教材はお勧め

2f3070b27fb8dfde448070e359580445_s

ユーキャ●ンなどの、通信講座となるとかなり高額になってしまい、単元ごとに宿題を提出しなければいけないし、動画講座がないなどあります。

独学で受検される方もいらっしゃいますが、全てを覚えようとして、受検まで間に合わないというおとにもなりかねません。

そこで、受検期間まで2ヶ月を切った時に、私が選んだのは、Edtechを使った試験対策講座でした。
有名なところでは「通勤講座」にですね。

通勤講座のサイトを見ると、他の通信講座よりかなり安く、テキストもプリントアウトはいるけれど、重要なポイントをおさえながらの指導でした。

納得価格(私の時は39000円だったかな?)でしたので、すぐに申し込んで受講を始めました。

「通勤講座」を見るならこちらからどうぞ!
ちなみに、通勤講座では、他の士業関係の受検対策講座があるし、キャンペーン価格で受講できるチャンスがあるので、自分が取りたい資格と併用できます。

市販の教科書と問題集も併用!

本屋さんで売られている分厚い教科書と問題集も併用して、勉強しました。
ですが、どうしても全てを覚えようとしてしまい、短期間で受検するにはしんどいです。

通勤講座のFP3級講座の場合は、「3級の合格ラインは合計点の6割」と知ってのことで講座を組むので、出やすいところをピンポイントで教えてくれます。

音声と図で解説してくれて、市販の教科書では解説されていない部分も解説されていたので、問題集をする時に、非常に役に経ちました。

私は、TACのFP教科書と問題集を購入して、通勤講座にも含まれている過去問題集や実践問題を同時に攻略したおかげで、お互いの足りない部分を補えたので、合格できたのではと分析しました。




独学で勉強される方は、TACの教科書を使われている傾向が強いですね。


金財と日本FP協会とあるけど、どっちがいいの?

実は、フィナンシャルプランナーの試験をする団体はふたつありまして、「金融財政事情研究会(金財)」と「日本FP協会」があります。

どちらも「学科」と「実技」に分けて試験が行われます。
3級については、学科も実技もマークシート方式ですから、実技で計算問題が出されて、計算方法がうろ覚えの時は、近い数字にマークを入れても大丈夫という点はあります。
(2級以降は実技は記述方式です)

どちらで受けてもいいのですが、難易度からいうと「金財」が上で、問われる内容が非常に細かい上に、実技(3級は番号選択制)で問われる内容が難しいです。

日本FP協会の方も、初めて金融界の世界を勉強された方は、頭がパニックになりますが、最低点のことを考えると、しっかり勉強して入れば、6割合格があるので、日本FP協会で3級は受検してもいいです。

合格してから2級合格を目指す場合は、将来FPの資格を生かすことを考えるとすれば、2級からは「金財」で受検するのもいいでしょう。

合格してからどうするか?

履歴書にかけるのは2級以降で、金融系のお仕事に生かそうと思うと2級と1級は必要でしょう。
2級合格時にAFP、1級ではCFPの取得資格が与えられます。

AFPとCFPは技能士以上に厳しい資格で、規定の授業と試験に通過しないと取得できません。
それと、2年ごとの更新も必要となります。

これらを持っておくと、個人で資産運用などの相談に来た人へアドバイスなどができることができ、金融系に転職する時や、ライターとして活躍する時にはお得な資格です。個人開業も可能です。

ただ、最近AIの知能が良くなって来ていることで、「将来消える可能性がある仕事」の中にフィナンシャルプランナーが含まれているので、FPと相性のいい士業(行政書士・司法書士・中小企業診断士・宅建士)とセットで持っておくといいです。
特に司法書士や宅建士は「登記」が絡んでいるので、FPの知識もあるとかなり総合的な家計診断とともに様々なアドバイスもできます。

宅建士は、事務所に就職して宅建士免許を発行してもらわないと、実務ができませんが、「民法」について集中的に勉強をするので、宅建士の免許資格(免許書発行前)まで取って入れば非常に重宝されます。

まとめとして

実は受検前に台風21号が来て、長期停電したので、暗闇の中でライト片手に勉強をしました。
通勤講座の内容は全て終わらしていて、通勤講座からプリントアウトしていた問題集もあったので、助かったという面はあります。

通勤講座については、合わない人もあるかもしれませんが、効率よく勉強ができるので、市販の教科書と併用しての勉強がいいでしょう。

近い将来、専業主婦でいる人も働かなければならない時代になるとも言われていますので、今時間の余裕があるうちに、何か将来役に立つ資格はFPに限らず、得意なもので取っておくといいです。

これは余談になりますが、現在75歳の実家の母。20年前に喫茶店や飲食店でのパートの実績から「調理師」免許を取り、給食センターなどでの仕事に役に立たせました。

それでは、本日はこれにて。





↑このページのトップヘ