google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

2018年01月

5a407e9089094b172e66f785c4d9b7b5_s

phot by 写真AC

どうもー、ぺんぺん(@penpenwaker23)です。
実生活は、WEBライターとして、現在のところは体調面などのこともあって、
クラウドソーシング経由の仕事しか受けないようにしています。

以前は、ペット専門で記事を書いていた時期もあったのですが、
ちょいと冒険をして、大きな失敗をしてしまったし、
自分のわんこに今起きていることと、その記事はいいのだろうかと
考えさせられています。

ということで、専門サイトのライター登録をしてもいいかどうか、
いいサイトもあるんですけど、えげつないサイトもあるっというわけで、
今日はライターのお話をします。



登録制の専門サイトって結構あるよ

WEBライターのお仕事には、クラウドソーシング(クラウドワークスとかランサーズなど)や、
登録制(審査があるってことで)ライター会社、特定の分野のサイトなんだけれど、
隅っこに専属ライター募集をかけているというパターンに分かれます。

私は、クラウドソーシングで基本はうろうろしています。
外注さんの話もあったのですが、話がおかしくて壊れてしまうケースも。

よく資料探しに利用していたサイトで、ライター募集というところがあったので、
登録してみて、担当もひとりひとりつくところなど、気に入ったサイトで執筆を
して、報酬はもらっていました。

これは、私もうかつというか、こういうこともあるんだとびっくり
させられたこともあります。


担当替えになって、思うようにOK出ないし報酬100円!

順調にそのサイトで執筆をしていても、記事の掲載がないことに
ふと気が付いたのが、登録して1ヶ月後。

どうも、おかしいと思ったら、担当の方が変わって、
提案していた記事を書いて、納品しても却下の連続。
ついには、「こちらの指示に従わないから報酬100円!」と
なり、その根拠を問いました。

私の確認不足だったのは仕方のないことなのですが、
あとで知ったことで、標準は100円で、なんら問題のないいい記事なら、
だいたい700円は出るということ。
文字数は2000文字。超える分については支払いなし。
自分で撮影した写真があれば、1枚100円で買取。

これは、クラウドソーシングの会社で、仕事を受ける時に、
「独自ツール」というのを使う仕事があるのですが、
私が登録したところは、「独自文法」というのがあって、
それに従っていなかったのに、何度指摘しても修正してこないと
いうのが、相手の言い分。


「いやいや、わたしゃ担当さんの指示どうりに直しましたよ」と
いうと支払い拒否。

話し合う(チャットでやりとり)しても、相手は支払う気は
なかったので、そんなに記事を納めていなかったし、
高額報酬はもらっていなかったので、登録は解除しました。


専門サイトで書いていくというのは、専門資格保有者しか難しい

ペット関連サイトということで、名前は明らかにしませんが、
私の書いた記事は掲載されることは一切なく、
結局掲載されているのは、何らかのペットに関する専門資格を
持つ方の記事しか掲載されていませんでした。

それと、最近のぞいてみたのですが、なにやら問題があったらしく、
ライターが獣医師であっても、監修が全てつくようになって、
その記事内容も、少し怖いものを感じました。

実際に、我が家の犬(チワワ)は食物アレルギーもちで
獣医師の指導のもと、除去食を与えています。

そのサイトをみて、びっくり仰天記事をみて、
監修もついていて、もう二度とみないと決めたぐらいです。

その記事をみてから、絶対ペット関連の記事執筆の話があっても、
受けないと決めました。


いろんな引き出しを持つことはいいけど、見極めること

これは、先輩ライターに言われたのですが、「いろんな情報というかいろんな引き出しを
持っていると、仕事の幅が広がるからいいよ」ということで、
いろんなジャンルにトライしては、がっくりしたり、「やられたー」ということも。

クラウドソーシング外のこの手のサイトも、チャレンジのひとつというか、
新しい引き出しを作るつもりがどかーんとぶっとばされました。

よく支払いのタイミングや、どういうライターさんが執筆に
参加しているかというのを見極めるのは、最初のうちは難しいもの。

ベテランさんでも「やられたー」ということもしばしば。

サイト内のトラブルなら、まだすっきりするんですけれど、
外部の検索サイトと連動しているところで、きつい評価というより
洗礼を受けて落ち込むことも。

ライターという仕事は、頑張ればおいしい仕事かもしれません。
でも、買いたたかれたり、報酬の支払いを拒否されたり、
理不尽なことなんて、盛りだくさん。

外部での話を一つでもうければ、実績になるけれど、その記事が
日の目をみるまでは、油断もすきもないのが、この世界なのかなぁ。

まとめに

WEBライターというのは聞こえはいいけれど、結構弱肉強食。
しかも、潰し合いも平気でするしねぇ。

その中で、助けられて仲良しになって助け合うライター仲間も
できるので、ひとつのサイトでひどい目にあって、
泣くことになっても、それをきっと拾い上げてくれるライターや
新しいお仕事に巡り会うこともあるので、
私がやめられないというより、やめずにいようと思うのが、
この仕事の魅力かもしれません。




150415222377_TP_V
phot by ぱたくそ

どうも、ペンペン(@penpenwakaer23)です。

今週末(今日は2018年1月29日)に、関東圏と東京都内で超大きな山となる
私立中学校の入試が始まりますねぇ。

しかも関西方面との違いは、調べてみたのですが今年は平日の2月1日が初日
というか一発勝負になって、去年の読売新聞では、毎年平日に東京圏では
平日に中学受験があるので、ほとんどの子供さんが休む小学校では、毎年
給食に悩むとか。

関西からも開成中学など有名校を受験するご家庭もあるようですが、
徐々に大学入試改革の内容が見え隠れして、私立中学の存在が揺らぎ始めている
様子も見え隠れしています。

そこで、ちょっと今日はかなり真剣モードでお送りします。(いつも真剣ですよ)



これは私も言われた言葉「子供さんの夢を知っていますか?」

我が家のケースでいくと、小3までは一般的な小さなプリント学習の塾に通わせてから、
小4で中学受験専門塾に入塾しました。

小4の段階では、中学受験はするけれど、子供の成績がどこまで上がるかわからなかった
ので、塾側には「〇〇中学に行かせたいです」とはお伝えしませんでした。
その後、塾側で小4から中学2年の塾生の家庭向けの講演会で、
2020年に行われる大学入試改革について話を聞きました。

「子供さんの将来なりたい夢をご存知ですか?これから先は今までの受験勉強では
将来の夢を大きく揺るがすことになりますよ」

という前置きからスタートしました。

子供の方が、親のいいなりで中学受験をして、いわれるがままに勉強をして
反抗期も何もないままに過ごすと、その子供はどうなるのだろうという
話でした。

すでに、2020年の大学入試改革について調べているお母さんや、
もう私立中学校・高校に入学していて、学校教育の方針に
違和感を感じているお母さんもいるはず。

徐々に大学入試改革で問われることになる「問題の中から様々なことを推理して、
自分の言葉で表現する思考力と推理力」「英語での4要素必須化」が
学力テストに導入し始めているということです。

子供さんが何を夢見て、何を目指して勉強するかによっては、
思考力や推理力、高度な英語力がないということは、今後は致命的に
なりますし、思考力などはそう簡単に育つわけではないです。

お子さんのなりたいことに、柔軟に対応する「親の力」も問われます。

まだ東大神話が根強いが実際はどうなのかはご存知でしょうか?

有名校になると、「平成○年度、東大合格22名」など掲示板に出ているでしょう。
我が子の学校も、東大合格特に理学部Ⅲ(医学部)を出したいようですが、
掲示板に掲載の合格者数は、その年の現役合格と一浪合格との合算と
いう場合もあるので、この数字の魔力にひっかかるのも要注意です。

実は、東大そのものが世界の大学ランキングからかなり落ちていて、
2018年1月現在では46位にまで落ちています。
去年あたりは42位でしたが、さらに落ちているということは、
「本当にできる子」というのは、海外の大学に直接入学しているとも
いえます。

私の母校でも東大コースなるものはありました。
一人話せる友達がいたのですが、どこが違和感があって、その
もやもや感は卒業してからも残りました。

そして、自分が母親になって、中学受験を考えた時に、
お子さんを全て東大理Ⅲに行かせたお母さん(名前はあえていいますまい)
の持論に「そこまでして東大に行かせる価値はあるのか」と
考えました。

前述した友達も、東大には行きましたが、その後
音信不通になっています。
入学後、ご両親と大げんかになって、東大を退学したらしいのです。
自分のやりたいことがわからなくなったと。

最近起こり始めている下克上!名もない学校が有名校に!

東大は古くから名門といわれる学校しか入れないと言われていたのに、
最近は、関西圏の有名校でも東大合格生が少しずつ減っているし、
関東や東京圏の学校でも東大合格生の現役合格率も減りつつあります。

その代わりに、公立高校や今まで名前も聞いたことがない私立高校が
巻き返しを始めています。

地方の学校も、教育方針を変えて、「詰め込み教育」というものを変えて、
思考力などこれから先の大学受験対策では養えないと判断して、
指導方針を変えて始めている学校が、いきなり成績を伸び始めて、
東大合格者を増やしています。

ですから、前述した有名ママの指導方法でよく聞いたのが、
「とにかく寝る時も起きている時も勉強」というものが
ますます覆されます。

お母さんが敏感ながらもおおらかさがないと潰してしまう

私自身、時々「これでよかったのかな?」と振り返ることは多々あります。
子供が満足に学校にいけているのか、自分の手柄のように中学受験を
成功させたとか、考えることは多々あります。

子供は子供で様々なことで悩みながらも、小学校時代の苦労をバネに
自分で道を切り開こうとしているので、長い目でみてやろうとは
思います。

保護者会に出席すると、意見の合わないお母さんや嫌味をいうお母さんなんて
ザラですから、ママ友さんを作るなんてとんでもない苦労で、
ようやく一人たまたま体育祭でポツンと座っていた子供の友達の
お母さんでして、うちの子と同じ境遇で入ってきたので、
いっきに友達になりましたが、子供さんが学校に行けるだけでも
幸せだという方でした。

外部やクラスの保護者会でさまざまなお母さんを見かけますが、
ちょっと困ったお母さんは実際に大勢いらっしゃいます。
私は、自分の子供を私立には行かせましたが、子供の気持ちは尊重してやろうと
支えになりながら助けたいです。


まとめに

別のお話で、入試説明会のお話を書いているのですが、学校側が
「東大至上主義」で、学校長の挨拶でもうお腹いっぱいになって、
ちょうどその日は模擬試験で疲れ切っていた子供は、寝ていたというのが
あります。

興味津々で聞いているお母さんで子供さんはなんだか無理やりつれて
こられた感のあるご家庭もありました。

私は、子供に受験について聞いてみると、ここの学校は避けるということで、
別の学校を選択して合格はしましたが、今の授業の揺れ方をみていると、
時々不安にはなります。
有名大学への進学というより、子供の夢が叶えられるのかという不安が出てきている
ので、どうしたものかと考え中です。

中学受験を乗り切っても、今の教育改革を考えると
お母さんが揺れ動かないということが大切といえます。





PAK105215431_TP_V
 phot by 写真AC

こんにちは、ペンペン(@penpenwaker23)です。

ぼちぼちと全国的に中学受験が終わっていき、関東方面にはもうぼちぼち最終の
追い込みではないのでしょうか?

すでに中学受験が終わって、合格をいただいて入学手続きを終えたご家庭では、
制定品の購入や様々な入学前のことで、小学校生活の終わりでも、
新しい学校生活に向けての宿題や、学力テストなどのことで
忙しいことでしょう。

おそらく、入学予定者の集合日などで説明を受けたり、入学後に
親御さんに伝えられるとは思われるのですが、
学校ごとに指定されることは違いますが、代表されることを
紹介します。



春季講習は許されるけれど、入学後の通塾について

入学前に、進学する中学の授業を先取りということで、
通っていた塾が3月まで春季講習への参加を呼びかけてくるケースはあります。

受講しておけば、まぁひとつのお守りとして役に立ちますが、
入学後、学校から「塾へは行かせないでください」と指示がでる場合があります。

なぜかというと、学校の授業ペースと塾の集団授業ペースは全くことなり、
塾はというと、公立中学からの高校受験対策となります。
中学受験専門塾となると、もう私立中学合格となると、もう卒業となります。

そうなると、別の塾へと考えるわけですが、塾が私立中学の授業ペースを
よほど知らない限り、授業内容についていけないということになってしまいます。


学校によっては、高校から特定の塾と提携して学力アップを図るところは
ありますが、よほどの指示がない限りは、通塾や通信教育の必要性は
ないです。

進研ゼミやZ会などの通信教育で、「プログレス対応」と掲載されているケース
がありますが、「プログレス」とは英語教科書なのですが、ハイレベルなので、
一部の学校で副教材もしくはメインで使っている場合があります。
親御さんとしては、子供さんがこの教科書に対応できているか不安にはなりますが、
学校側もしっかりと指導していくので、少し様子を見る程度で大丈夫です。

(もし、学力低下が顕著に出ている場合は、学校側から呼び出しがくるはずです)


どんどん導入されている「自己管理手帳」

大人でも仕事やプライベート管理を、今までスマホのカレンダーに登録していた方が、
手書き手帳に切り替えて、付箋だらけにして管理していますよね?

入学後になりますが、自己管理手帳(学校ごとで呼び名は違いますが)を渡されて、
その日の行動などを記入して、先生のチェックが入り、保護者会でクラス内での
傾向が伝えられます。

私も入学後の初めての保護者会で、自己管理手帳から先生方が分析した
生活について、かなり指導がつきました。

寝る時間が遅いことや、自宅学習の時間が短いことなど様々な指導が入ります。
先生から手紙などで個別注意が入ることもあるので、
あまりうるさくいうと、思春期まっしぐらのお子さんが反発してしまうことに
なるので、書いているかどうかの様子はちらっと入学後見てあげてください。

英検などの外部資格取得が必須となることも

娘が進学した学校は、英検はもちろん漢字検定については、入学後
しばらくしてから、団体受験で強制受験です。

進学した学校が英検などの指定校であれば、慣れた教室で受験できるので、
楽なことは楽ですが、不合格となると、学校ごとで条件は変わりますが、
2回目のトライは学校負担で、また落ちた場合は自己負担で自分で申し込みと
いうこともあります。

今後大学入試改革で、英語関連はTOEICやTOEFLを受験しなければならないことに
なりますが、英検は最低限受験となりますので、もし強制受験ということなら、
いいチャンスと捉えていいでしょう。

ただし、入学したコースの特色上で外部資格がいろんなことに
影響するケースもあるので、強制受験でもそれは拒まずに受験しておきましょう。


入学後の様々な行事後は少し気をつけてあげてください

最近の学校では、クラスメイト同士が馴染めるようにという配慮と、
学力のばらつきをなるべくなくすための目的ということで、
入学後、しばらくしてからお泊まり会がある学校があります。

また、宗教法人の学校では、ゆかりのあるお寺巡りなどの行事が
入ってきます。

その時に多くの生徒さんが馴染めなくて、結束感やちょっとした
いざこざが出やすいのですが、
今までイライラしながらの受験勉強から少しは解放されると
いうことから、この時に友人関係の土台ができるので、
あまり心配する必要はありません。

ただ、お泊まり会などの行事以降から、学校に馴染めないお子さんも
出てきてしまうのも事実なので、しばらくの間は、
子供さんの様子には気をつけてあげて、体調や行動に異変が出た時は、
早めに担任の先生に相談してください。

しばらくすれば落ち着きますが、長引くのはよくないので。


まとめとして

様々な家庭の子供さんが入学されてきますから、入学前から
びっくりされることは多々あるでしょう。
私も娘の学校の制定品購入の時や、入学式、初めての保護者会で
びっくりすることばかりでした。

しかも、お泊まり会が1泊2日であって参加したのですが、
ちょっとしたいざこざに巻き込まれて、落ち込んで帰ってきたので、
理由を聞いて、担任の先生に相談したことがあります。
すぐに解決となって、その時に助けてくれたお友達と今は
大親友となっています。

入学直後は、公立中学とは違う様々な変化や行事などで親御さんも
戸惑いますが、気楽に楽しむのがよいですよ。





334e9bee879c94c7d25e94e64cf7bee5_s

                                          phot by  写真AC


どもども、ぺんぺん(@penpenwaker23)です。

関西圏の受験がひと段落して、そして今度は他府県、2月は東京の私立中学が
どんと中学受験に突入します。

ぼちぼち、塾側も新年度生募集ということで、説明会は入塾テストが始まる
時期でもあります。

ほとんどのお子さんが、今の所は現在小2生で2月〜3月に入塾させるか、小3生からか
となります。(我が家は小4の4月からスタートしています)

有名な中学受験専門塾は駅近なのですが、一部の塾だと立地条件が悪くて、
送迎バスを運行しているところもあります。

それで心配になってしまって、子供さんにスマホもしくは子供携帯を持たせるかと
いうことになるのですが、果たしてそれがいいかどうか?
説明会で時々気になる光景はあったので、

ちょっと、持たせてもいいのかを少しばかり経験から、親御さんにも
考えてもらえたらと思います。




結論からいえば、受験チャレンジ中はガラケーもしくは子供携帯で十分!

これは、手厳しく結論から書くと、中学受験に向かってチャレンジ中の
場合は、ガラケーか子供携帯で十分です。

塾側も、最近は入退室システムを導入しているところが多いです。
例えば入塾後に生徒用のカードが渡されて、事前に親のスマホなどの
メールアドレスを登録してます。
子供さんが、塾の受付に設置しているセンサーにカードをおくと、
親御さんのメアドに入退室した時間が送られるというシステムが
あります。

もしくは、親から子供さんの欠席連絡がなく、塾に来ていない場合は、
塾側から連絡はありますし、子供さんから家に連絡を入れたい場合は、
塾の事務所の電話を使うようにと決めている塾もあり、
塾内でのスマホ類は持ち込まないもしくは電源オフを義務つけています。

スマホは「小さなパソコン」と言われるぐらいですよね。
大人は電話としての機能や、ちょっとした情報検索に使うなどですが、
子供さんにとっては、遊びや友達との繋がりのツールをメインに考えがちだし、
塾の宿題でわからないものが出てくると、検索して解答例を
見つけてしまって、塾で教えてもらったことが定着しないことに
なってしまいます。

となれば、成績が伸びるどころか、塾の授業についていけないことに
なってしまいますし、学校の授業にも響き始めます。

もし、通塾で「どうしても」ということであれば、子供携帯かガラケーに
とどめておくのがベストです。

我が家の実例

我が家の娘がスマホを持ったのは、中学校に入ってから。
学校自体も娘の入学年度前は、携帯・スマホ持ち込み禁止で見つかれば即解約の
学校でした。

スマホに切り替える前、やはり塾へは家から遠くて送迎バスがあるものの
個別指導でしたから、送迎バスが利用できないという日もありました。
早めに終わる日もあったので、私が車で迎えに行く日もありました。

塾で電話をお借りしてもよかったのですが、模擬試験に出かけるようになった小5から
ガラケーを買い与えました。

ただし、条件はつけさせてもらいました。
  • 家に帰って来たらすぐママに渡すこと
  • お友達にどうしても電話する時は、10分以内
  • メールしてもいいけど、ピンポン卓球状態にしない
このルールで運用しましたが、やっぱりお友達とメールをして、
私がガラケーを預かる前に、メールが来たら、すぐに返信して、
そして友達もすぐにメールを送るのですぐに返事の繰り返し。
これが「メールのピンポン卓球状態」てやつで、
LINEでもこの現象はあるはずですよね?

これを見つけた時はすぐに取り上げて、注意した上で、1週間ほど
預かったということはあります。

友達にも伝えて、ピンポン現象は消えたのですが、今度は
スイミングスクールで知り合った、年上の中学生の男の子からしつこく
つきまとわれて、しかも娘も自分のガラケー番号を迂闊にも
教えてしまったために、男の子が自分のお母さんのスマホから
電話をかけてきたので、すぐに電話を変わってその子に説教をして、
お母さんに全てお伝えしたところ、お母さんも知らなかったらしく、
かなり謝られました。

多感な年頃の子供どうしでのスマホやガラケーのやりとりは、
大人で管理できる部分とわからない部分があるので、
「自分だけの電話」を持つことがどれだけリスクを背負うのかと
いうことは伝えて、ルールは作らないと怖いことになります。

お家でのルール作りは絶対必要

中学校入学後、盛んに娘がこまったのは、「みんながメアド聞くのはいいけれど、
LINEのIDを聞かれる」ということでした。

LINEでのトラブルは、大人の私でも経験をしているので、
娘がちょうどスマホに変わった時、「LINEは絶対にしちゃダメ」と
禁止にして、勝手にダウンロードしないように、
制限をかけました。
(アンドロイドならグーグルプレイで制限できます。方法はここでは
公開しません)

入学時に保護者向けのスマホの取り扱いについて、近くの警察署と
携帯電話会社の方が講演会をしてくださって、
最近のスマホ事情を教えてもらいました。

その上で、学校側からも注意を受けたことは
  • 自宅学習の時、子供さんの手元にスマホ類は置かせない
  • 時間を決めて、お母さんが子供さんからスマホを預かる
  • 子供さんでフィルタリングを解除する子もいるので注意!
  • SNSでのトラブルが多いので、常に子供さんの様子に注意!
特に、LINEでトラブルが起きて、クラスでのトラブルに繋がるケースも
あるので、異変に気がつけばすぐに学校に相談してほしいということ
でした。

今は、勉強の方でバタバタしていて、SNSでトラブルに巻き込まれている
というより、巻き込まれる要素、要は「そんなのしてる暇ないよ!」なので、
我が家では夜9時になれば、スマホを預かることにしています。
私も調べたのですが、フィルタリングに必要なパスワードなどを、
知らないうちに親のスマホや手帳に残しているところから調べて解除する子
もいるとか。。。

フィルタリングの管理についても、ちょっとした注意は必要です。

関連性は不明ですが、視力低下にも

大人でもスマホを見ているとしんどいのに、子供さんはまだまだ成長期。
私が一時期メガネを作ってもらっていた検眼の先生によると、
「骨の成長とともに視力が変わることはあるし、目を使いすぎると
落ちるスピードはあがるよ」と聞きました。

私が入試説明会に行った時や、見学会、そして入学後の子供の友達の
写真を見ると、眼鏡の子供さんがクラスの半数以上でした。

よく話を聞いてみると、たいがいがタブレットやスマホを持っていると
いう結果でした。その使用開始時期も小学校。

早いうちから眼鏡をかけるということは、より視力の低下が早いということに
なるので、スマホとの関係性は不明ですが、目を酷使することには
変わりありませんから、スマホの利用には注意は必要ですね。


まとめ

小学生でなおかつ中学受験をするご家庭へ

格安スマホなどで、気安く渡してしまうお家もあるでしょうが、
私の経験からいうと、小学生でまだスマホや携帯類はまだまだ早いと
思いますし、もたせるべきではないです。

もたせるのであれば、子供携帯でも十分。

もたせてしまうと、ネットの世界にどっぷり入ってしまえば、
親子のコミュニケーションも薄れがちになるし、
知らない間に、ゲームやSNSにはまって、勉強をサボりがちになるので、
本当はもたせない方がいいです。

どうしても、もたせるなら、しっかりとルールを作った上で、
親御さんもそのスマホの操作を覚えて、子供さんの使い方も知っておく
とよいでしょう。

なかなか大変なことですが、子供さんにとっては未知の世界ですから、
十分に親御さんが管理して、怪しい世界に行かないように
気をつけてあげてくださいね。





86234e0a.jpg
イラスト by イラストAC


どうも、ペンペン(@penpenwaker23)です。
しばらくの間、仕事の方でバタバタしていたことや、中学受験の様子などを見たくて、
更新をおやすみしていました。

関西圏(特に京阪神間)の中学受験状況が徐々にわかってきたので、
私で知り得た情報ということと、今後のことについてちらりと紹介します。


志望校計画によるけれど、午後受験に勝負をかけた子が多い

1月13日が京阪神間の中学入試解禁日なので、その前日の出願状況で
ちらっと分析したのですが、大本命は確実に合格したいので、
初日の午前受験に回すのは当然でしょう。

(初日午前しか受験日を設けていない超難関校があり)

そして、初日午後に「プレテストでもA判定出てるし、模試でも合格判定
出てるから一か八か」ということで、初日午後受験を設けている学校に
対して、初日午後受験をもってきたご家庭が多かったです。

その代わり、午後に受験するということは、学校側としては、
「きてくれないかもしれない」という考えから、難易度は高くなりますが、
この午後試験で合格すればラッキーともいえます。

2次試験を設けている学校に走った子も

出願校が全滅してしまい、公立中学にいくか迷った時に、2次試験を行なっていて、
前日の夕方5時までWEB出願を受け付けた学校もありました。
初日前日の出願状況では0人でも、初日受験で全滅したお子さんが、一応考えていた
学校で出願したものとは考えられますが、2次試験は、初日午後よりも
問題内容がアップするので、この試験で合格を得た子は、本当はかなりできたのでは
とも思われます。

地域によっては、無理に私立中学に進学せずに、公立中学在学中に実力をつけて、
志願した高校に対して「高校受験」を行うという道になります。
しかし、中学受験で培った「自分の勉強テクニック」は中学での勉強に役に立つので、
決して無駄にはなりませんし、むしろもっと発展させて欲しいです。

入学校を決めたら必ず入学志望者集合日を忘れずに

ピンポイント受験で合格していたり、複数受験をして、第一志望校が合格してから、
お母さんは、まず入学金入金や、制定品などの入金手続きに走り回ることになります。
入学金確認が取れれば、「入学志望者集合日」と入学者と保護者が揃って、
通知書もしくはハガキを持って、集まる日があります。

希望する学校の集合日を忘れて欠席すると、入学金を納めていても
欠席することで入学が取り消されることになります。
ただし、風邪やインフルエンザでどうしてもこれない場合は、連絡を入れていれば、
後日個別説明になります。

この日、何があるかというと、学校からは、入学までの勉強のことや、校則の話、
学校からの宿題の手渡しが行われます。
ついでに、入学前もしくは入学後に「学力テスト」が行われて、後日保護者との
三者面談やもしくは初めての保護者会などで、成績が公表されます。

学力テストは、宿題の範囲からか、中学受験で学んだことがそのまま出てくることが
ほとんどですが、入学までの間に遊び呆けさせないということもあるので、
学力テストまではまだまだ手は抜けないことになります。

学力テストがこの時に悪い成績でも、入学後にはどんどん逆転劇は
行われますが、最初の出だしは大切ですから、しっかり学校からの入学前の
宿題などで勉強し直すというのは大切ですね。

新テストを導入した学校の様子がみえなーい

大阪・大谷中学校の1次Bの凛花コースで実施された「未来力テスト」。
大谷中学校のプレテストを受けた子は、塾からの指示か、
ほとんどのお子さんが受験されているのですが、
詳細不明です。

500文字程度の論文を読んでもらって、推理して解決策を書いてもらうという
「思考力」を問われるテストで、東京の一部の学校ではこれに似た
問題は出されているのですが、京阪神では珍しかったので、知りたい部分は
多いものの、これは今年の秋ぐらいに本屋さんで売られる赤本を見る
しかわからないし、実際に1次Bの凛花コースでこのテストを選んだお子さんが
どれだけいたかも不明なので、早く知りたいですね。

そして、今年の春ぐらいから、小5・6年に対して、英語は必須になるでしょうし、
小3からも指導に入るので、来年冬の中学受験は、科目数に変更が出てきそうですね。

まとめ

子供の学校内でも、ぼちぼちと2020年の大学入試対策に向けた教育が
進み始めていますし、しかも、この1年間で入学したコースに馴染めなかったり、
コースを変更して上がりたいこと、入れ替わりのシーズンが始まります。

もし、希望のコースに合格できなかったお子さんもいらっしゃるかもしれませんが、
学校によっては、下克上ができるというタイミングもあるので、
合格してからも、学校生活を楽しみながらも、しっかりお勉強だけはしておきましょう。
まずは、目の前にどんとくる宿題や、制定品や教科書などの購入でパニックに
なりそうですが、順番に片付けて行ってくださいね。





↑このページのトップヘ