google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

2017年02月

f:id:potechitan:20170228200811j:plain

写真提供:「写真AC

 

こんにちは。ひろむ(@potechitan)です。

芦田愛菜さんが、難関校を合格した時の話で、「一か月で

60冊の本を読んでいた」という話がありましたよね。

 

速読コースに通っていた娘からいうと、「どんな本を読んでいたか

わからないけれど、速読術を使っても1か月で60冊はしんどいよ。

それに、どんな本読んでいたんだろう?」と話をしていました。

 

その時、「あ、うちってどんな本を娘に読ませていたかな」と

考えました。

すると、こういう結果になりました。

 

 

まずは、絵本

保育園時代、毎月定期便で届く絵本の読み聞かせをしていましたが、

用事をしているときは、一人で眺めていました。

私の幼少時代とよく似ています。

特に「ぐりとぐら」「だるまちゃん」シリーズは大好きでした。

 

ぐりとぐらの絵本 7冊セット

ぐりとぐらの絵本 7冊セット

 

 

 

だるまちゃんとてんぐちゃん

だるまちゃんとてんぐちゃん

 

 これらのシリーズがお気に入りでした。

ひたすらこれを眺めていたという記憶があります。

 

小学校にあがってから

小学校低学年の間は、手持ちの絵本を「音読させる」という

ことを重点的にしました。

小さい時から、絵本や図鑑を眺めるのが好きだと、

読書好きになりやすいかもというのが、私の考えです。

反対に、学校の宿題で音読が出されるので、低学年の時に、

本嫌いにはなりやすいです。その時は、学校の音読だけに

集中させてもいいと思います。

かといって、漫画を読ませすぎるというのもいけないので、

親御さんがある程度コントロールする必要があります。

 

小学校中学年以降は?

もし、中学受験を目指すのなら、ぼちぼちと読書量を増やす必要は

あります。

しかし、いきなり10冊ぐらい買ってきて、どーんと本人の前に

置くのはかわいそうです。

なので、一緒に図書館に行くか、本屋さんに出かけて、

ジュニア文庫ぐらいの本を少しずつ読ませてあげるといいです。

その本は、親が決めるのではなく、最初の一冊はお子さんが

題名などで気に入った本であれば、読書の世界に入りやすいです。

それから、どんどん近代文学系の要約系の本に突入するといいでしょう。

 

小学校高学年は?

中学受験が本格派するとやはり様々な分野の読書は必要です。

俵万智さんや知らない作家さんの現代文学がメインでした。

ただ、押さえておきたいのは、近代文学系(例えば夏目漱石太宰治など)は、

原文そのままの新仮名遣いバージョンで読ませるといいです。

小学生でお勧めしておきたいのは、

は、押さえておきたい作家さんです。

この方々の作品をある程度読んでみた様子をみながら、

マニアックに

を目を通すだけでもいいです。受験がからんでいたら、

強制はせずに、お勧めする程度でいいです。

 

意外な結果もでてきます

実は、娘の進学先では入試の際は、現代文での論説や小説の長文読解が

出題されました。それは別に問題はありませんでした。

その後、学力テストが開かれ、入学までの事前宿題からの

出題範囲ということでしたが、意外なことに、近代文学作家と

代表作品名との紐づけ問題が出ました。

普段から現代文学を読みながらも、近代文学を読んでいたので、

この紐づけ問題はクリアできました。

ただ、詳しい本の内容や何を言いたかったかを理解していない部分があるので、

これからの中学生活の読書次第で、どんどん蓄積されます。

 

まとめ

私は、小学校時代から実は近代文学の本が好きでした。

読書量が増えたのは、高校時代からだったと思います。

中学時代は部活があったからです。

ゆっくり読書をするという時間は少なかったけれども、

塾でかなり近代文学系を叩きこまれたので、

結局暇な時にちょっぴり読む癖はついていました。

小さい時からの読書の癖付けというのは、大切だと私は思います。

f:id:potechitan:20170224160819j:plain

(今回の写真全ての提供元は「写真AC」さんです)

 

どうも、こんにちは。ひろむです。

 

クラウドソーシングの仕事は、娘の学校の問題を抱えて、電子書籍出版の仕事も

準備しながら、地道に仕事はしています。

文章やコラムを書く仕事より、単純でありながらも細かいチェックが必要な

データチェックや画像チェック、校正の仕事をしています。

 

でも、ちょっとした時間にできそうなプロジェクト式の案件もあるので、

探していたら、「これってやばくない?」という案件があり、

これを放置しておくのは危険なので、すぐに通報して、現在は削除されています。

 

クラウドソーシングが初めての人だとどうしても、

「この案件なら大丈夫」と見抜くのは難しいです。

私も、過去にやられたひとりでもあります。

では、どうすれば危険な案件に巻き込まれないかを私の体験を元に

書きます。ぜひ、これからクラウドソーシングで頑張りたいという方、

挑戦しようという方は、ぜひご一読ください。

 

 

応募要項がわかりにくい、質問に応じないは無視!

最近、クラウドソーシングの仕事を「ママさんの在宅ワーク」と紹介する

テレビ番組があるせいか、若くて子供さんが小さいから働きに行けないし、

スマホからでもできる仕事もあることはあります。

だから、応募要項に「初心者!ママさん大歓迎!」という触れ込みが

文章に含まれている募集内容文があります。

この手の仕事で、あまり私はいい思いをしたことがありません。

 

手厚くフォローを入れてくれるクライアントさんもいますが、

大抵は、上から目線です。

しかも、応募要項がわかりにくく、質問しても返事がない、

逆に暴言を吐かれるというのが案外多いです。

仕事内容が不明だったり、質問しても返事が返ってこないという

クライアントは無視をして、次の案件を探す方が早いです。

 

高報酬で仕事内容不明は、絶対手を出さずに通報

これは、昨日(2月23日)私がたまたま見つけた案件で、

「これは危険だ」ということで通報しました。

 

もう、その応募要項を控えていましたが、

ここで掲載するということは、クラウドソーシング社にご迷惑おかけするので、掲載はしません。

 

内容からいうと、

・報酬は最低50万円から

・仕事内容は応募してから教える。

・応募前の事前問い合わせをすれば、ブロックする

・今、応募しなければチャンスはない

という、ちょっと暴力的な書き方で、慣れている人間なら、

すぐに回避する案件だったのですが、一人応募している人がいて、

驚きました。

 

どこのクラウドソーシング社でも、利用規約でクライアント側にも

「仕事内容の詳細は必ず記載する」という規定はあります。

これは、welq問題があってから、特に厳しくなった話です。

しかし、それでも、こういう仕事が審査などの目をかいくぐってしまう

のです。

 

これは、今朝仕事仲間ともツイッターで話題になったのですが、

「高額商材を買わせるんじゃないの?」「やばい輸入代行をさせるんじゃない」

いうのが、ほとんどの意見でしt。

詳細はわかりませんが、もし、こういう仕事内容の詳細がわからず、

異常なほどの報酬提示をして、質問も受け付けない案件は、

絶対手を出さないでください。

 

ヤフオクの出品業や輸入代行も危険

これは、国民生活センターでも一時注意喚起がだされたのですが、

クライアントがお金をだすから、指定されたサイト

(ほとんどがAmazonか海外の通販サイト、特にアリババ)で

商品をワーカーが輸入し、ある場所へ発送するというもので、

実はその発送場所というのは、ヤフオクなどの落札者か

売買サイトの購入者だったりして、落札者および購入者が

頼んでいたものや落札したものと違うものが届いたというのが、

古典てきなだまし輸入代行の手口でした。

 

しかし、最近は日本に輸入してはいけない薬品などを

輸入させるという手口も出ていて、案件での仕事内容では、

海外からの輸入代行業としか書いていないという例が多いです。

クラウドソーシング社でワーカー同士が相談にのるコーナーは

ありますが、答えにならない答えのやりとりが最近は多く、

質問者さんが困るということも出てきています。

 

最終困ったら、運営への通報もしくは消費者生活センターへの相談

これらのことから困ったり、怪しいと思ったらすぐに

運営に相談もしくは通報することで、危険クライアントを

排除することができます。

 

しかし、輸入代行の話になると契約完了をして仮払いを受けていると

いう点から運営が関与してくれない、自己解決しろという姿勢に

なるケースがほとんどです。

 

ただ、日本へ持ち込んではならない品物を輸入させる仕事を

請け負ったクラウドソーシング社もいけない点があるので、

だめもとで、運営に連絡を入れて相談はしても構いません。

私が過去の例を調べてみたのですが、運営側は自己解決しろという

姿勢がほとんどで救済策はないと思っておいた方がいいです。

f:id:potechitan:20161220170053j:plain

 

そうなれば、消費者生活センターに資料を全部持っていて、

相談ということになります。

ヤフオクが絡んだか売買サイト(アプリ)が絡んだかで、

対応は変わってきますが、報酬は勉強代として、

本来品物を受け取るべきだった人へその報酬をお渡しすると

いうのがいいのかもしれません。

 

まとめ

ここでは、代表的なびっくり案件の回避策を書きましたが、

まだまだびっくりするようなクライアントさんは

大勢います。それはちょくちょくいいクライアントに巡り合うための

方法としてまとめていきます。

 

さきほど、びっくり仰天の昨日の晩に通報した案件は、

既に削除されていました。

そりゃあの内容では絶対削除されますね。 

 

f:id:potechitan:20170222085304j:plain

 イラスト提供:「イラストAC」

こんにちは。ひろむです。

 

不登校から徐々に私の付き添いのもとで学校へ行き始めていました。

もちろん、教室にはいじめのグループがいますから、教室に入ることを

とても恐れます。

 

ですので、特別室という特殊な事情で教室にいられない子の安全な場所で

勉強をさせてもらっていました。

特別室は、限られた生徒もしくは先生しか入室することができません。

しかも、柵を立てていて、常に専任教員がいるので、絶対クラスの生徒が

誰でも入れるところではありません。

 

ようやく落ち着いたのに、ちょっとしたことがきっかけで、過呼吸発作を

起こして、行けなくなりました。

それは、「卒業式」です。

 

なぜ娘が怖がるかを聞き出せたし、「それは当然だと」思いました。

学校側の対応というのが、本当に生徒に寄り添ったものなのかを考えて

みました。

 

 

学校側の考えの浅はかさ

学校としては、いじめられた子も一緒に卒業式に出て、「いじめがあった」事実を

隠そうというのは、ありありとわかりました。

特別室で勉強している娘に、「卒業式の練習があるんだけど、こういうスケジュール

だからどうしよう」と、担任が練習スケジュールのプリントを持ってきました。

お別れ遠足があることや、歌を4曲も歌うこと、卒業証書授与の練習を厳しくする

ことは、娘は小5の時から知っていましたから、プリントを見ても

別に特別な反応は示しませんでした。

ところが、お別れ遠足の日は進学先の中学校の健康診断があって、指定日を休むと

学校ではできず、外部の機関で予約を取って健康診断を受けなければ

いけなくなります。お別れ遠足を優先してしまうと、その健康診断の手続きが煩雑なので、お別れ遠足は参加できないとつげると、担任はむすっとした反応を示しました。

 

担任も「いじめはなくなった。仲良くみんなで最後のお別れの遠足にいけば、

いじめの事実は消える」と考えたのでしょう。

しかし、こちらとて都合もあるし、いじめたグループがまた不登校状態でいる

娘が遠足に参加することで、せっかく鎮火していたいじめを呼び起こすことに

なるので、きっぱりと断りました。安易に想像がつくことなのに、

どうして、配慮してくれないのだろうと、お断りするついでに

さらっと担任には伝えましたが、結局担任は、いじめられた子供の

気持ちはくみ取っていないようです。

 

学校側の対応は本当に大丈夫か?

娘の学校には、文部科学省のいじめ対策の考え方に添って、

スクールカウンセラーの派遣やいじめ対策専任教員の配置はあり、

娘は、秘密の特別室で、いじめ対策専任教員やそれに準ずる先生が

常にいて対応しています。

 

しかし、担任が娘のことをどう説明しているかというのは、

聞き取り調査をして、一度いじめについての授業を行ったのですが、

どこまで浸透しているかは謎ですし、先日「娘さんが別室で授業を

時々受けにきている。しかし、その場所は教えられないという説明は

してもいいかと、担任から言われました。

そのことは、卒業式の練習の見学のこともあるから了承したのですが、

果たして、子供達の納得のいく説明をしているかという

疑問は拭い去ることはできません。

 

一応、文部科学省が学校側に求めている「いじめ対策」については、

こちらで確認することができます。

学校におけるいじめ問題に関する基本的認識と取組のポイント:文部科学省

 

結局はいじめ対策は徹底されていない

娘の学校のいじめ対策の先生は、娘のいじめが今まで対応してきたいじめの

中で一番強烈で、ひどすぎたということで、動いてはいますが、

校長や担任が今一つの対応をするが為に、娘の心の傷をより深く

傷つけていることになっています。

 

一部の先生で、いじめについて対応したベテランの先生もどんどん

少なくなっているので、担任で解決するということは非常に難しいし、

校長や担任は自分の身の保身を優先する為、子供の気持ちというものを、

どこまで理解できているのだろうと考えさせられます。

 

毎日報道されるいじめ問題を見ていても、担任や校長に話してもダメで、

教育委員会に申し出てもダメで、ようやく司法の手いわゆる弁護士や

警察の手によって、第三者委員会が開かれてようやく解決するという

道しか今は完全解決はできないということになります。

(私立・国立となると話は変わりますが)

もう、日本の教育界が腐敗してしまっているということと、

今のいじめが巧妙化しているということで、完全解決は難しく

しかも、心を深く傷つけるという結果で、生涯心の片隅に

残る可能性が出てしまいます。

 

まとめ

頑張って学校に休みながらも、特別室でいじめグループから離れて、

勉強できると思ったら、「卒業式の練習を見たいか」という

一言で、せっかく体調が戻ってきていたのに、逆戻りになってしまい、

まさかの反応で、私も戸惑っています。

 

これでせっかく合格した私立中学に行けるのかという心配はあります。

しかし、いじめに関する相談のホームページやいじめられた経験者の

ホームページなどを読んでいると、環境を変えてやることで、

今までの恐怖は消えると言われています。

 

薬物療法という手もありますが、脳の発達の為には避けるべきと

私の主治医が意見を出してくれました。

今は悪い夢を見ていると言い聞かせて、娘と自分に言い聞かせています。

どうも、ひろむです。

娘の方は、ようやく学校への恐怖はなくなりつつありますが、

教室にこっそりと先生がクラスの子供と遭遇しないようにしてくれて、

すぐにしんどくなって、過呼吸発作を起こしそうになります。

娘は、それだけ今までの話からすると、精神的に追い詰められた

いじめを受けていたということが用意に創造できます。

いじめというと、

f:id:potechitan:20170219121233j:plain

イラスト提供:「イラストAC」

 

というイメージが強いかと思いますが、実際のところは、
陰口をこそこそと叩いたり、グループ行動で妨害行為をする、

最悪は金銭要求(いわゆるかつあげ)ということにもなります。

金銭要求は最近は一部報道でも言われていますが、低年齢化していて、

小学生でも行われています。

 

一番、「いじめだ」と先生たちが確認してくれるのがいいのですが、

今回の娘へのいじめで分かったことは、先生がいない隙や登下校で

攻撃されることや、一緒にいる子供が「傍観者」に回ることです。

そうなると、一緒にいたクラスメイトや集団登下校しているのなら、

一緒にいるグループの子が証言者となりますが、

「自分達もされると怖い」ということで、先生や自分の親に

打ち明けないのです。

だから、すぐに止めることができないし、解決策をこじらせることにもなります。

 

そして、先生や大人のいない隙を狙っていじめをし、

「傍観者」となったクラスメイト達がいると、いじめの内容が

ますますエスカレートします。

 

娘のクラスの他の子供は、先生が朝一番に教室にいないという点をついて、

クラスで気の弱い男子生徒のランドセルを床へたたきつけ、

蹴とばして、中身を仲間と取り出して、ゴミ箱へ捨てたといいます。

その子は泣きながら、ゴミ箱から捨てられたノートや筆箱などを

拾い、娘はあまりにもかわいそうだからと一緒に拾ってあげたといいます。

その間、誰も助けたりしませんでした。

 

その後、娘は組立体操の練習中にムチウチになって、そのことが

いじめの火種になって、いじめにあうことになりますが、

担任のコルセットをしている説明不足やケガの説明不足がかさなり、

「嘘つき呼ばわり」を受けて、その中を耐えて3か月間を

耐えました。

 

後日、不登校になってから、担任のしつこい私への電話連絡でぶちぎれて、

ノイローゼになりそうだったので、学校に申し入れて、それでようやく

いじめ対策専任先生が動くことになりました。

 

娘は1年生の時に、学童で取り残されるといういじめにも会い、

学童に行くのがいやになって、私が病院の通院でいないはずの家の前で、

暑い中、私を待っていたので、命の危険があるということで、

いじめ対策専任先生と学童の責任者とがすぐに対応してくれました。

 

それは、まだ小1という年齢面と命に係わる問題でもあったので、

すぐに動けたということがあります。

 

しかし、いじめというのは、担任がいない時間帯や登下校でやられているのは

確かで、本人からも事情聴取をして、金銭にかかわることや、いじめによって

怪我を受けたということであれば、警察に被害届を出すことは容易に

できますが、いじめをした方が「やっていない」「おごってもらった」

「あの子が勝手にこけた」と証言すれば、すべては覆されることになります。

 

そこで、重要なのが、「傍観者」を作らないということで、

見ていた子が先生や親に「あの子いじめられている」と話しても、

その子の身の安全を確保して、いじめを食い止めるということは

できるはずなのです。そう「傍観者」はひどい言い方をするかもしれませんが、

「いじめの加担者」としか私は娘がやられたので、そう言いたいです。

 

さらに、これはいじめ対策専任の先生も話されていたのですが、

いじめた方を呼び出して「お前、誰かいじめたか?」と言っても、

低学年なら、まだやりようで素直に話をしてくれるのですが、

高学年だとうまく逃げる方法を知っているので、

メンバーを知っていても「聞き取り調査」が難しいのです。

そこで、仕方なく「無記名アンケート」で素直な所を書いてもらうと

いう方法をとるしかありません。

 

もっとつきとめると、担任の先生にも問題があります。

今回、娘がいじめ対策専任教員に、担任からの小5からのひどい仕打ちや

暴言、娘をいじめた子達を優遇していたということを、素直に話したことで、

聞き取り調査後、かなり痛いお灸をすえられて、学校でのいじめ教育の

徹底とその後の対応、担任の今までのひどい仕打ちに対しての謝罪は

ありました。

しつこい私への電話、教室を離れていることが多すぎたことなど、

娘は全ていじめ対策専任教員に、聞き取りの時に暴露したので、

かなり厳しく注意されたようです。

 

つまり、わが子がいじめを受けているとわかったら、

  • 担任を通り越しても構わないので、冷静に学校長にいじめの事実を話す
  • 子供は、解決の糸口が見えるまで不登校にしても構わない
  • 金銭的被害や身体への被害が出ていれば、弁護士と相談の上、被害届を!

不登校に関しては、公立の学校であれば、「原級措置」(いわゆる留年)は、

基本として行わないとなっていますし、いじめ防止対策推進法によって、

いじめが発生したとわかった時点で適格な措置をすることが、教育委員会

学校に義務付けられています。

いじめ防止対策推進法って

しかし、「原級措置」については、私学や国立の

学校となると、適用されないケースがあるので、親側もしっかり勉強して、

冷静にヒートアップしないで、学校や教育委員会と向き合わなければいけません。

f:id:potechitan:20170218130542j:plain

 写真提供:「写真AC]

 

こんにちは。ひろむです。

 

ついに、有名子役の芦田愛菜ちゃんが、「偏差値70」の学校に複数合格していた

謎が今週発売の「週刊新潮」「週刊文春」に紹介されました。

特に細かく書かれていた「週刊新潮」は、今日(2月18日)の段階では、

売り切れでした。

しかし、「週刊文春」の取材でどうして、短期間で中学受験、しかも

東京ではかなりのハイレベル校に合格できたかも、見えたので、

検証がてらに書いてみます。

 

 

NN勉強法というよりコース名です

実は、芦田愛菜さんが早くから「早稲田アカデミー」に通っていたことは

秘密裡に有名な話で、多くのツイッターから「早稲田アカデミーで見かけた」と

いう情報は流れていました。

小4から入塾していたという話から、すでにこの学年で「中学受験」をする

つもりだったことは考えられます。

そして、NNコースに入っていたということは、それなりの学力がないと

入れないコースなので、元々勉強はできていたということになります。

早稲田アカデミーのNNコースについて、ホームページでも紹介されていますが、

かなりのハイレベル校のみにしか対応していなくて、

志望校別での徹底指導。

これの内容についていくには、体育会系の根性は必要でしょう。

そもそもNN志望校別コースというのは、(なにがなんでも)志望校別コース

いう意味で、絶対その学校に合格するという目標でビシバシと行きます。

 

NN志望校別コース 入塾説明会より

 早稲田アカデミーの小6難関中学受験対策の最大の特徴が、4月から開講するNN(何がなんでも)志望校別コースです。このコースでは、それぞれの学校を徹底的に分析している専門家が、テキストやカリキュラムを開発し、直接授業を担当します。その専門性や高品質の指導は他塾に通われている方々からも高い評価をいだたいております。講座説明会では、そのカリキュラムや教材の内容、コースの仕様、そして各学校が求める学力とその対策について詳しくご説明をいたします。ぜひご参加ください。

 

対象校については、

開成 麻布 武蔵 駒場東邦 桐朋 早稲田 早大学院 慶應義塾普通部 桜蔭 女子学院 雙葉 渋谷幕張 早実

となっており、自分が受験する学校によって、通う校舎が異なります。

 

今年の説明会スケジュールも出ていますが、都内でこの学校を狙うのなら、

入塾希望者は増えるのは確実ですが、入塾テスト自体がハイレベルだと考えられます。

www.waseda-ac.co.jp

 

私が腑に落ちない点があります。

テレビでの報道では、読書を1か月60冊ぐらい読んでいたという点です。

NNコースに入ると塾の宿題でかなり疲れるし、どのぐらいの頻度で通塾していたかは

不明ですが、学校の宿題と塾の宿題そしてテストや授業の予習・復習で

かなりハードだった中で、1か月60冊ぐらいは読んでいたというのは、

少々無理があるのではと思うのです。

 

確かに、私の姪で灘中を目指す子は、休み時間でも本を読んでいて、塾も

関西では有名な塾(名前は教えてくれなかったらしい)にトップでいますが、

その子の読んいる速度や読んでいる内容などから換算しても1か月で60冊前後を

読みこなすというのは厳しいと私は思うのです。

うちの娘は今年中学受験合格組で、読書はしていましたが、古典で長編ものを

読ませていたこと、現代文学でも長編ものを読ませていたこと、そして、

速読コースでハイスコア(1900)を出していても、学校の宿題と

塾でのテスト勉強や宿題でなかなか読書時間が設けられず、1か月の

読書数は、3冊でした。その上に、読書ノートを絶対書かせていました。

だから、1か月に読む本の数は3冊でした。

しかし、国語については、読書量が多くても、その本に書かれている筋や

メッセージが理解できなければ、レベルアップにはつながりません。

それで私が取ったのが、読書ノート作戦でした。

 

芦田愛菜ちゃんが子役で台本読みで記憶力がよかったとしても、1か月で

60冊という数字はどういう本だったのかという疑問点が

どうしても出てきてしまうわけなんです。

一部噂では、図鑑もカウントされているというのがあるので、

果たして真実はどうなのだろうと考えてしまいます。

 

読書冊数について、娘に聞いてみたのですが、

「速読使ってもさすがに受験勉強をしていたら、1か月で60冊ていうのは、

しんどいと思うよぉ。分身の術を使わないぐらいしんどいと思う」

と話していました。

 

私は、高校時代の恩師から「本を読んだら読書ノートを書きなさい」と

指導を受け、個人的に見てもらい、それで論説文や小説などの

記述問題に強くなったというのはあります。

読書の習慣は、小さい時から物心ついたときから、一人で、

絵本を読んだり、図鑑を眺めてみたり、自分で意味不明な小説を

書いてみたり、本の虫ではありました。

 

NNコースについては、かなり無理のあるコースだなぁと私は

個人的に思うのですが、関西と関東とで中学受験の進め方や

考え方が激しく違うので、今回明かされた芦田愛菜さんの通塾と

コースを知って、「あららら」と驚いたわけです。

 

まとめ

最後になりますが、「週刊文春」に掲載されていた芦田愛菜ちゃんの

将来の夢は、「薬学の勉強をして女優もします」という意味での

一言が掲載されていました。

さて、どっちを目指すんだろう?

↑このページのトップヘ