google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

2017年01月

f:id:potechitan:20170107150622j:plain

 

年末年始にかけて、預かっていた姪から始まり娘が感染し、私も感染して、

そして今同居している両親をダウンさせている風邪。

「まるで風邪の無限ループやわぁ~」という状態です。

私はようやく復活してきたのですが、復活してくると、気分障害の症状が

出てきてしまいます。それた、「胸の痛み」で医学用語では「心臓神経症

いうものなのだそうです。

 

 

「胸の痛み」が出たきっかけ

一回目は、一昨年に乳がんで急逝した義姉の葬儀後でした。

6年前に人間ドッグで2ミリほどの大きさでみつかり、

部分摘出だったのが、リンパ腺に転移していて、全摘出になり、

抗がん剤治療やホルモン治療をしていました。

一昨年にぎっくり腰を起こしてから、一切、義姉が電話に出ることがなく、

亡くなる数日前に兄から「もう末期がんで助からない。明日、終末期ケア専門の

病院へ転院させる」と連絡があり、両親は慌てて最期の面会に行きました。

その翌日の明け方に息を引き取ったのですが、

私達妹家族が行くと、兄からの罵声と義姉の親族からの嫌がらせと罵声と怒号

でした。

両親にこのことを話したのですが、「葬儀の間はけんかするな」と止められ、

我慢しながらの葬儀でした。

後でわかったことですが、義姉はぎっくり腰がわかった時は、骨全部に転移

していて、胸膜にも転移していたので、肺に水がたまるようになっていた

そうです。

私が、気分障害で入院もしたことがあるので、兄もいけないのですが、

実家から離れていたところに住んでいたので、私もお世話ができたのでに

かたくなに拒否したのも問題ですし、義姉の実家のお嫁さんの実家が

ある新興宗教の団体の会員で、私と娘はローマ・カトリック信者であると

いうのが気に入らなかったようです。

すごく、腹が立って、初七日法要の時に、真言宗なので、

般若心経をシーンと静まり返っている中、私一人大声で読み上げました。

(親戚は全員浄土真宗で、義姉の親族は某新興宗教団体だから読み上げられません)

葬儀終了後、「ズキ」とした痛みが続いて、我慢できないぐらいの痛み

だったので、救急で診察を受けました。

検査をしてもらったのですが、気分障害を患っている上に、

罵声暴言を受けて、心が傷ついて、心の痛みが「胸の痛み」に

変換された「心臓神経症と診断を受けました。

 

その後、何度も続く胸の痛み

「心臓神経症」と診察を受けてから、ちょっとした心の傷つきで

「胸の痛み」が出るようになりました。

義姉の法事がその後もありましたから、兄宅に行くのですが、

お仏壇を見るだけで、うずくまるような胸の痛みがでます。

対処としては、痛み止めと精神安定剤の頓服しかありませんでした。

カウンセリングの時や母との会話でなんとか緩和しようとするのですが、

その後、娘のいじめもありましたから、余計「胸の痛み」と

付き合わなければならない状態でした。

愛犬を年末に亡くしたときも、かなり胸の痛みは出ました。

 

風邪をひくと、痛みは消えていました

年末年始と風邪をひいて、親子でぐったりしていました。

すると、愛犬を亡くした辛さは少しはあったかれども、体のだるさや

娘の高熱で、悲しいことを忘れる時間ができたので、痛みは消えていました。

頓服薬もほとんど飲んでいなくて、自分でも薬の残量を

確認してみてびっくりしました。

しかし、風邪が治り始めると、今度は娘の中学受験の本番が

来週の1月14日なので、その心配で胸の痛みがでてきて、

辛くて寝込むようになってしまいました。

 

まとめ

一番のショックは、義姉の葬儀の兄と義姉一族の罵声罵倒かと思います。

普段は怒らない兄が、異常なぐらい怒り狂ったのは初めてで、

もう少し早く言ってくれていたら、義姉を看取ることもできたのに、

すごくショックでした。

そこから、ずっと「義姉にすまないことをした」と後悔する日々が

もう1年経つのに続いています。

娘が中学受験を成功させれば、少しは痛みも消えるかもしれませんが、

それでも、きっと一番の根底部分にある「義姉の死」で

受けた心の傷が癒えない限り、治まることはないと思います。

 

f:id:potechitan:20170106202931j:plain

写真提供:「写真AC」

 

いよいよ中学受験本番まで明日で1週間前になります。

出願はWEB出願で、支払いをカード払いにしたので、その日のうちに

受験票の発行はできました。

あとは、本人の体調や精神面を整えてあげて、本番に発揮してもらうのみです。

でも、最悪なことに年末に風邪をひいたので、立て直しに時間がかかっていますし、

算数もややピンチ状態なので心配です。

 

 

WEB出願で助かったこと

この頃、併願する子供のお母さんの負担軽減と学校側の事務手続き省略のために

WEB出願を導入するところは多いです。

うちは、最初は他校と併願する予定でしたが、学校でのいじめの余波で成績が

ダウンしたので、人気女子中ではありながら、私の母の母校に着目しました。

すると、その学校が今年の受験からWEB出願を導入するということだったし、

娘の模擬テストの様子から、その女子中(中高一貫校)に専願すると判断しました。

WEB出願は、手軽な面はありますが、受験料をカード払いでするかコンビニ払いに

するかで、手数料がかなり変わりました。カード払いの手数料は1324円で、

コンビニ払いだと324円でした。しかし、以前にも書いたと思うのですが、

コンビニ払いでなかなか受け付けてくれなかったので、再出願のデータを入れて、

カード払いにして出願すると、すぐに受験票の発行ができました。

しかし、受験票の出力が、一般家庭のプリンターでは無理でした。

というのは、A4の横方向で紙をいれないと出力できない仕掛けになっていたので、

データをUSBメモリに入れて、コンビニで出力しました。

ちょっと面倒ではありまhしたが、交通費を考えると、WEB出願は便利です。

 

敢えて併願校は捨てた

最初は、超難関校を想定して、今回受験する学校はすべり止めと考えていました。

しかし、学校見学会ですべり止めの女子中を気に入って「ここに行きたい」と

娘が言い出したので、ここを本命校に考えました。

しかし、その後、学校でいじめられたことが判明し、しかも担任までひどい仕打ちを

していたので、せっかく実力がついていたのに、落ちてしまい、超難関校を

あきらめざるを得なくなりました。

記念受験」ということも考えましたが、そのために、問題傾向のちがう学校の

勉強をさせるのは得策ではないと考え、一校集中型でありながら、午前で特別専願枠を

使い、午後で「いけたらラッキーコース」で受験することにしました。

特別専願枠は、「必ずここの学校に入学します」という約束が前提なので、

合格率がぐーんとあがります。仕方ない「のですが、この枠を利用させてもらうことに

しました。しかし、プレテストで「いけたらラッキーコース」がB判定と高い合格率で

出てきたので、塾の先生達は、我々の出願方法を把握したうえで、なるべく

「いけたらラッキーコース」で合格させようと努力してくれています。

 

今、一番気を付けていること

風邪をひかせない、インフルエンザにかからないということで、

マスク着用は絶対してねとしています。

その他に、学校のことを思い出させないように、精神安定を

最優先させています。

ちょっとしたことで、学校のことを思い出すとパニック状態になるからです。

これは、今後、中学校に上がった時に影響が出るかもと思うので、

受験が終了したら、学校に少しでも足を踏み入れることができるように

していきますが、今は無用の刺激を与えないようにしています。

 

塾での授業にめげないようにそっと声かけ

塾には、過酷ないじめにあっていたことは伝えているので、

怒鳴り散らすことはないのです。

しかし、算数の赤本の過去問でポカミスをしてしまうらしく、

それで心が折れそうになるようです。

逆に国語がどんどん伸びてきていて、もしかすると、総合点で

合否判定をされるのであれば、国語でかせぐことは可能です。

でも、当日は何が起こるかわからないので、算数も

十分できるように指導はしているのですが、うまくできないので、

イライラはしているようです。

そこは、母親の私が話を聞いてあげたり、リラックスで肩をもんであげたり

していますし、12時までには寝かせています。

 

まとめ

本番まであとわずかですが、無事に合格することを祈るばかりです。

で、今日、塾から戻った娘から話を聞いたのですが、

指導してくれた教科の先生方が駅でお見送りをしてくれるそうです。

だから、ぼちぼち入学金の準備(特別専願での合格なら合格発表日に

学校で入金)と受験日当日の電車の時間の確認が必要です。

なんだか私が緊張してきましたが、娘の方がもっと緊張していると

思います。

本番に向けて、実力が発揮できるよう支えてあげます。

f:id:potechitan:20170106160235j:plain

 

どうも、ひろむです。

カスタマイズ度が高い「はてなブログ」に自分のブログを開設して、

いろいろと自分なりにカスタマイズさせていますが、

どうしてもうまくいかないのが、

「あわせて読まれています」というのが反映されないことです。

他のカスタマイズは成功しているのですが、どうしても

「あわせて読まています」のカスタマイズができません。

”うーん”と悩む日々。

参考にさせていただいたブログを紹介させていただきます。

 

 

あわせて読みたいG」の導入

「太陽がまぶしかったから」の池田仮名さんのは

結構有名なので、ここになんとかたどりついて

魔法の呪文をいれてみましたが、表示されませんでした。

シートの問題もあるという指摘もあったので、

変更しましたが、だめでした。


bulldra.hatenablog.com

 

HSKぐーたらジャーナル」で紹介されていたLink Withinにも挑戦

したのですが、反映されませんでした。

そろそろ「わたしゃのブログをいじめるのね。ひどいわ。ひどいわ。

私、そないな女やないで」やしきたかじんの歌の一節で

出てきそうな恨み節が出てきます。

hmaki.hatenablog.com

 

忍者画像RSSなども試すも反映されず

一応、このブログを始めた当初に「はてなブログカスタマイズガイド」を

購入していました。

はてなブログカスタマイズガイド―HTML & CSSで「はてなブログ」を次のステッ | 相澤 裕介 |本 | 通販 | Amazon

そこで忍者画像RSSの紹介が出ていたので、試してみたのですが、

やっぱり反応なしでした。

www.ninja.co.jp

この中の「忍者画像RSS」を利用したのですが、無反応でした。

 

なんとなく反映されない原因がみえたかも?

コンチクショー!というわけで、このカスタマイズで、

約1日半をつぶしましました。

でも、シートを変更したし、いろいろと弊害となるようなものを

消したので、最終兵器として記載は残した

「忍者画像RSS」はいつか発動してくれることを信じて、

残しておくとして、多分なにかが邪魔をしているものと思っておきます。

 

まとめ

とあきらめモードで締めくくろうとして、まとめを書いて、

いつもプレビューで確認をするのですが、

いきなり「忍者画像RSS」が反映されましたー

と思ったら、すぐに消えるという現象がでました。

「なんでやのん?なんでやのん?私のなにがおかしいのん?

泣いてもいい?もう付き合ってられないわ」

またしても、やしきたかじんモードになりました。

プレビューでは見えていたので、いけたと思ったのに、

突然消える現象って、軽いいじめかと感じるぐらいでした。

が、またもや復旧!もういじめの世界でした。

ちょっと不安定なのかなぁという気もします。

何はともあれ、よかった。

これは、あんまり書くのもどうかと思ったのですが、

現実に起こっていることなので、

先に書いた源ちゃんとは無関係ではありますが、

これが、公立の小学校で本当に起きているということを

知ってもらいたくて、文章のみで書かせていただきます。

 

 

冬休みの宿題を持ってきたはいいけれどひどい

不登校になって、一応いじめ対策の先生と担任が終業式の日に

詫びに来たのと今後の対応や冬休みの宿題などの書類を

持ってきてくれました。

しかし、中身を見ると、一応冬休みの宿題内容が書かれた

学年通信とドリル類は入っていました。

それと、成績表も入っていましたが、娘がどうしても

見た瞬間「書きたくない」と言って泣き出したものがありました。

卒業文集の原稿用紙でした。

過呼吸発作も起こしたので、「なんで書きたくないの?」と

聞くと「一学期から怖い思い出しかない。友達との思い出は

楽しいけど、学校の行事やクラスでの楽しい思い出はない。

なんで書かなあかんの?」と反論しました。

どうしたものかと考えましたが、「そしたらさ、クラスの友達のことだけさらっと

書いたらどうかな?それでもいやならママが先生に話つける」と

納得させました。

 

恐ろしいほどの量を出す「自学」

5年生の時から「自学ノート」というのがあって、宿題にも出されていました。

一応書くテーマが決まっているようで、一度そのテーマに手を出せば、

再チャレンジできない決まりになっているようです。

それが、不登校の期間中にかなり娘はたまっているからと

10テーマ出されましたが、かなりの分量で、はっきりいうと

生徒へのいじめとしか思えられません。

これは、担任に問い詰めなければいけないのですが、

娘は途中で放棄して、受験勉強に専念することにしました。

娘にテーマを見せてもらったのですが、

「これだったら、写経10枚の方がマシだわ」と思うぐらい

きつい分量でした。

 

年賀状を送ってこない

1年生の時から、担任の先生は年賀状を送ってくれていました。

しかし、去年は一昨年義姉が喪中だと娘が事前に申告しているのに

出してきて、常識を疑いました。

その前に、「テスト返却が半年もない」と学校に申し入れをした

仕返しだと思います。

そして、今年はというと、全くきません。

今日は1月5日。普通なら、3日までには来ているはずなのに、

担任からの年賀状はありません。

あきらかな嫌がらせです。子供じみた嫌がらせです。

 

3学期について

娘としては、まだいじめ対策の授業が2学期の終わりに1度しただけで、

継続して行うということは聞いているけれども、

いじめの主犯格が反省しているとは思えられないので、

学校へは行かないと言います。

私も、受験が1月14日で15日に合格発表で、無事に合格できても、

学校に行かせるつもりはありません。

ただ、中学校へいって、急にいじめられた時のことを思い出して、

不登校になるのが怖いので、娘には、「ちょっとずつ気分のいい時に

学校の前まで行こうか」と話しています。

いじめ対策の先生もそれは認めてくれているので、

ちょっとずつ克服させようとは思います。

今は「逃げ恥」をしていてもいいのですが、

これから先、同じような困難にあうので、いじめられたことを

バネにして、強くなってもらいたいと思っています。

 

まとめ

強くなってもらいたいけれど、3か月間ひどいいじめを受けたのですから、

簡単に心の傷が治るとは思いません。

それよりも、担任の頭をどうにかしてやりたいと思っています。

一応、始業式の日に担任へ娘がした宿題をできた分だけは持っていきます。

その時に、ちくりと年賀状のことは言おうかなぁとは思いますが、

いうのも私が同じ子供レベルになるだけなので、言うつもりはありません。

ただ、自学の量については、こなせる量ではなかったので、

それはいうつもりです。

学校に出てくるまで、こういう嫌がらせはつづくのかな?

あまりにも子供じみた先生にあきれる日々はつづきます。

f:id:potechitan:20170105193128j:plain

引用元:オフィシャルサイト

http://www.hoshinogen.com/profile/

 

昨年「逃げるは恥だが役に立つ」や「LIFE!」「真田丸」で特に注目されるように

なった星野源さん。

「逃げ恥」の平匡さん役や適役でした。

俳優もこなし、ラジオのパーソナリティもこなし、歌手でもあり、

そして、文筆活動もされてると知り、びっくりしました。

「LIFE!」は、私がシュールなコントが好きなのであまり注目

源さんの存在を意識していなかったのですが、「逃げ恥」で

「え!こういう役もこなせるんだ!」とびっくりしたわけで、

しかも、本も年末に大量に本屋さんで置かれていたので、

購入しました。

 

 

病院で思わず笑ってしまうエピソード満載!

f:id:potechitan:20170105194557j:plain

 

一番最初に出版されていてベストセラーになっているという、

「そして生活はつづく」を購入して、

年末年始は風邪でダウンしていたのに、ちら読みしていました。

休日診療に行ったときに、待ち時間つぶしに読んでいました。

中身を読んでいると、面白い面白い!

というのも、彼がパーソナリティをしている「オールナイトニッポン」でも

福山雅治くんよりも、結構下ネタワールドであるのは、知っていました。

YouTubeでも、何日か前のを聞くことは出来ます。

「逃げ恥」放送中に一度聞いてみたのですが、福山くんよりも

ドン引きしたので、「なかなか面白い人だ」と思いました。

本の内容は、本の日常にあることはどんどんつづくという

ありふれた話なのですが、源ちゃん節炸裂で下ネタも入り、

あらゆるパロディも入って、思わず、休日診療所で笑い転げて

しまいました。

 

なぜ、そんなに面白いの?

他の源ちゃんが執筆している本にも言えるのですが、

本の日常にある些細なことに目を向けていて、それがなぜか

下ネタにつながるんです。でも、終わりはきちんと

まともな意見や感想、ご自身が思うことをきちんと書いて

まとめているところがいいのです。

そして、音楽と同じように、なんとなくリズム感があるんです。

それが、読みやすさにつながっていると思います。

いくつか芸能人さんのエッセイなどを読んだことはありますが、

「これ、ほんまに本人が書いてるんだろうか?」と思うことはあります。

小林麻央さんのブログの内容は、あれはご自身が書いていると思います)

私も、webライターとして、記事を書いているときに、

「リズム感がない」と多々注意されます。

確かにそうだなと思うことは多くて、チャレンジしても、

そう簡単に身に付くものではありませんでした。

だから、源ちゃんの本をゲラゲラ笑って読みながらも、勉強

させてもらいました。

 

彼の苦労を知りすごく共感

彼は若いのに、くも膜下出血とわかり2度手術をしています。

すごくつらかったと思います。

源ちゃんの別の本で、この手術についての話は出ています。

最初はかなりショックだったようですが、でもポジティブに考えて

治療に専念された姿を読んで、共感しました。

私自身は、くも膜下出血ではないけれど、いつ治るかわからない

「心の病」すなわち気分障害と診断されて、何度もネガティブになりました。

しかし、源ちゃんが手術を2回受けても、元気にポジティブに物事を

考えて前に進む姿は感動しました。

(この話の中で、どうしても若い男性なりにある下半身の話が

含まれているのですが、それも大爆笑しました)

 

無理しないでね源ちゃん

「逃げ恥」で大ブレークして、いろんな仕事が大量に入って、

過労で年末前に倒れたとのことで心配しましたが、

無事に紅白で「恋」を歌ってくれました。

「SUN」で出演した一昨年は、義姉を亡くしたばかりで

じっくり見た記憶がありません。

昨年末に、愛犬を亡くしましたが、今年は

源ちゃんの頑張りを見たくて、紅白を最初から見ました。

元気そうな源ちゃんも見れたし、恋ダンスもできて嬉しくて、

胸キュンになりながら寝ました。風邪を引いているのに

「馬鹿だなぁ」と思いました。

 

まとめ

これからも、彼はどんどん執筆業と歌手と俳優業で

頑張っていかれると思います。

コンサートは噂では非常に取りにくいと聞いています。

特別なファンクラブもないので、もし今年コンサートがあれば、

自力で頑張って取るしかありませんが、

彼がまた過労などで倒れないように、祈りながらも

応援します!

 

 

 

 

↑このページのトップヘ