1f3c7b0f1cdaaf550007ab5eec8759e7_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

最近は、なにかと忙しくブログの更新をストップしていました。
これから先はといいますと、中3から上の高校へそのまま進学予定なので、何かと親が呼び出されて、説明会などで忙しくなってしまいます。

どんどん中学受験は、過熱化している傾向が強まっているのは確かです。
高校から私立に入るということは、目指す学校によっては、今後受け入れを止める学校が増えるであろうと考えられます。

すでに、都内の一部私立中高一貫校で、高校からの受け入れを止めている学校はあります。

実は、このサイトを休止している時に、問い合わせから何通か「中学受験の費用っていくらですか?」「教育費ってこの先どのぐらい必要でしょうか?」といった、このブログの感想と同時に質問をいただくようになりました。

少しだけですが、これから先の中学受験の傾向と教育費について少し解説します。



親御さん世代と今とでは中学受験事情は異なります!

ご質問をいただいた方の中には、「自分が中学受験経験者です」という方が少し見受けられました。

急遽(小4でも決めても緊急ではないのですが)子供が中学受験を決めたので、専門塾は高いと聞いたので、自分が指導するというご家庭、中学受験専門の通信講座を受講してわからないところを親御さんが指導するパターンが多く見受けられました。

私がたまにSNSや学校でお会いする方で、確かに塾に通わずに「ご家庭での自力」で合格している生徒さんはいます。

ただ、親御さんの年齢や卒業校によりますが、今の中学受験の問題を見ても、指導できないというパターンはあります。

特に算数で、特殊算や図形の問題。特殊算は、
数学が得意なお父さんでも、小学生の知識で解くという
条件をつけられると、全く解けません(それは我が家で起きました)

国語は、お母さんが教えられる部分はあるかもしれません。

しかし、共働きのご家庭で子供さんに十分な指導時間が取れないとなると、どうしても専門塾の力をお借りすることになってしまいます。

もし、現在(2019年9月)、小6生で急に中学受験を決めた場合、受け入れてくれる塾が非常に少なく、個人指導、もしくは家庭教師にお願いするしかないということは出てきます。

親御さんが指導できるということであれば、子供さんの学年などを考えて指導は構いませんが、万が一のことを考えると、専門塾にお願いすることも少し考えておく必要はあります。

現在の貯蓄を見直してみましたか?

質問ついでに、現在の貯蓄を教えてくださった方がいらっしゃいましたが、しっかり貯蓄グセをつけている方と全く考えていなかった方といろんなパターンが出てきました。

ご実家からの援助を受けている(教育費の一括贈与制度を利用など)ご家庭もありますが、
子供さんが産まれてから、「小さいうちは体験が大切」ということで、海外旅行や大量の習い事を
させていて、気がつけば、何も貯蓄していないという方はいらっしゃいました。

今のご時世、赤ちゃんがお腹にいる段階で「この子にはいくらほどかかるのか?」という
予想プランや、生活費からの貯蓄は考えておく必要があります。

私どもは、安定期に入ってから、産まれてくる子供に対する社会制度や学資保険、会社で利用できる貯蓄制度を調べ上げました。

会社で利用できる「財形貯蓄制度」があったので、結婚後すぐに初めました。
家計に余裕をもたせることは大事なので、主人名義もしくは私名義の預貯金口座に分散貯金を
しました。

某奥様系キラキラ雑誌での教育費の解説では、一生涯にかかる子供の教育費は1000万円とも言われていますが、学校に対して払うお金以外に、留学や諸費用なども含まれています。

ということは、「老後2000万円問題」と同時に教育費問題で、我々子供を持つ世代は悲鳴をあげなければいけません。

その中で、しっかり1000万円貯めているご家庭もあるので、自分たちの生活を見直しながら、貯蓄していく必要はあります。

学資保険を有効か?すでに入っているなら解約すると損かも

すでに学資保険に加入されている方は多いと思いますが、その学資保険の財源はどこからでしょうか?

結構学資保険に入っている方がほとんどでしたが、自治体から支給される「子ども手当」から支払っている方がほとんどでした。

子ども手当は、自治体によりますが、中学3年になって翌年の3月31日まで支給されるところが
ほとんどです。
まれに、18歳まで支給とするところもありますね。


もし、子ども手当で学資保険の支払いをしていて、中学卒業と共に打ち切りとなる場合であれば、契約内容によっては、高校3年間の学資保険の支払いはどうなるか?

支払いは可能かを考えておく必要はあります。しかも、支払い期間満了前に解約してしまうと、解約返戻金が元本割れするということにもなります。

支払いを開始していて、すでに10年以上経過していれば、そのまま支払い続けるしかありません。
学資保険は、貯蓄性のある保険でいい面はありますが、支払いが続けられるかも考えておく必要はあります。

早く気がつくほど、学費を貯めやすくなる

メールでのお問い合わせで、確かにお叱りのメールをちょうだいすることはありますが、学費面での
ご相談を拝見すると、「私どもの考えが甘かったかも」という言葉がつきます。

勢いにまかせずに、冷静になって考えて私に聞いてみたいということで、問い合わせフォームから勇気を
出して、質問されたのだろうと思われます。

中学受験、いえ終わってからは予想以上にお金が飛んでいくことは間違いありません。
私もある程度予想はしていても、「え?嘘でしょ?」という出費は発生しています。

今年の夏に、オーストラリア研修旅行にいくことは、だいたい自分が学生時代に同じような
海外研修旅行に行って、実際に両親が出してくれたお金のことを知って、しっかり貯めていたから
行かせることができました。

行きたくても、ご家庭のお金の事情で行くことができないという生徒さんもいました。

「お金への気づき」が早ければ早いほど、学費対策はできますし、貯めやすくもなるので、
子供さんとは、「どういう仕事につきたいの?」という話はしておいて、
どこまで自分たちがお金を出せるか、そして貯蓄だけで乗り切る方法を考えてみてください。

さいごに

このように中学受験のことと同時に学費面でのご相談をしたいけれど、どこにすればいいかわからないということを知りました。

ファイナンシャルプランナー3級の知識と、現在私立中以降一貫校に子供を通わせているという母親と、金融系サイトでのライターとして、執筆をしていた経験から、「ココナラ」で教育費についてのご相談を受け付けております。





少々厳しいご意見を述べさせていただくかもしれませんが、もしよければご利用ください。


これから先、どんどん教育費は値上がりを見せるのではないかと、心配しております。
私自身も一人娘の教育費について、貯蓄は十分かは見直しをしながら貯めておりますが、どこまで通用するか?

ますます見えない世界ですが、ご一緒に考えていければと思います。

スポンサードリンク