7a34f7594ed49fa5a49d2eff77f59988_s


こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

小6で年明けに中学受験をする子供さんは、夏期講習を終えて、そろそろ志望校の入試説明会や、塾側が用意している特殊問題を解く時期に入っていることでしょう。

同時にお住まいの地域によっては、小学校の運動会が秋開催というとこもあって、怪我の心配もあると思います。我が子が、実はこのパターンで、8月25日から2学期が始まり、組立体操の練習中に転落して、むちうちになりました。

9月はずっとコルセットをつけて、通学していましたが、痛みと落ちた時の恐怖、そしていじめが始まりかけていて、対策に困りました。しかし、無事に今はいきたかった学校の中3生なので、結果よしでした。

しかし、痛みとは別に、成績も落ちて、塾側は首の痛みは気にしてくださいましたが、その後も落ち続けて「中学受験自体をどうするか」を考えました。(結局はいじめが原因とわかったので、母親の私で対応はしました)

成績が落ちてしまって、さて親はどうするべきか?経験を元に解説していきます。



成績が落ちてしまっても、今は落ちても仕方がないと思う


310275201911722b52c4c4257c1d2d95_s

塾からの夏期講習中に行われるテストや、その後の小テストなどで、徐々に成績が落ちていく子供さんは一定数います。

8月は暑く9月からは徐々に涼しくなるので、大人でも体調を崩しやすいのに、子供さんならさらに体調を崩しやすいのは当然です。(現在私も風邪でコンコン咳き込み、子供も忙しいのか風邪で1日学校をおやすみしました)

体調の悪さは、考える力が落ちる根本となるので、体調面の管理はお母さんがしてあげましょうね。塾へお弁当を持っていかせるのも、できればコンビニ弁当ではなく、お母さんが用意した栄養バランスを考えたお弁当を用意して持たせましょう。

インスタグラムで「#塾弁」「#中受弁当」といったハッシュタグで検索すると、いろいろと参考になりそうなお弁当が出てきます。もしくは「#今日のお弁当」というハッシュタグでも、おいしそうなお弁当が出てくるので、子供さんが好きなものを1品つけてあげると気分もあがりますよね。

それと、学校の宿題と塾の宿題で、夜2時ぐらいまで勉強する子も出てくるのがこの時期で、もし運動会の練習があれば、寝不足で練習に参加すると、怪我をする恐れはあります。

練習を休ませるわけにはいかないので、参加ということにはなりますが、なるべく12時には就寝というペースがよいので、子供さんの体調に合わせた勉強と食事にしてあげてください。

できないことを責めない。できない理由を考えさせる

pp816IMGL0944_TP_V4

思わず「なんで、この問題ができないの?!」と子供さんを責めるお母さんやお父さんはいませんか?
よく考えてみましょう?

その問題は、お母さんやお父さんは解くことができますか?

解けないのに「なぜ解けないの?」と責めて、怒るのではなくて、子供さんに「どうしてこの問題できなかったのかな?一度自分で調べて考えてごらん?」と自分で考えさせるようにしましょう。
それでもわからないという場合は、担当の先生に質問するクセづけはつけるようにするのです。

私立校に無事合格しても、その後、塾へ通うかどうかは、成績次第になりますが、担当教科の先生に聞きjに行くクセづけになります。私立中学でも、面倒見のいい先生はいますが、たまに、えこひいきをしたり、成績が低い子を見捨てるという先生や学風はあります。

もし、子供さんを責める前に、お母さんやお父さんが、一度解いてみて、自分達が解けないのなら、責めずに、そっと自分達もその問題に触れてみて、中学受験の問題の厳しさを知ってみましょう。


ちなみに、私は特殊算の旅人算で子供が悩んだので、初歩問題と基礎問題、そして応用の手前までは、自分で解いてみました。解答の難しさを知り、それ以来、責めることはやめました。

精神面での疲れを1日でも1時間でも楽にする日を作る


IMG_1213

我が家のケースでいけば、小5から囲碁をしていたので、学校から帰宅して、塾へ行かない日や行く日でもほんのわずかな時間があれば、囲碁をしていました。

もちろん正式版の19路をするとしんどいので、短期決戦2分で終了する9路盤で、簡単な頭のトレーニングをしていました。

その子によってストレス解消の方法は違いますので、囲碁だけでなく、イラストを描いたり、少しだけ漫画を読んでも、ストレス解消につながればいいでしょう。


ついでに、我が家は保育園の年長さんからスイミングに通い、選手コースで週末に1時間だけ泳ぎに言ってました。それでストレス解消ができていましたので、塾の先生とどのぐらいまで通わせるか話し合い、12月中旬まで泳ぎに通いました。

適度な運動は、ストレス発散と脳の休憩になるので、子供さんが続けてきたもので、気楽に楽しめるものなら問題はないです。

注意したいのは、最近の子供さんはスマホを持っていることが多く、小学生でも持つ時代になりました。知らない間に、ロックを解除してゲームを入れていることがあるし、LINEも便利な反面、いじめの温床になりやすいので、スマホを持たせる時には、フィルタリングをしっかりかけて、無断でゲームやLINEを入れないようにしましょう。

まとめとして。スランプ抜けは秋の一時期を越えれば大丈夫


05cc675f725bcf77dda27a5176f0fee8_s


スランプから抜け出す方法は、他にもありますが、ふとしたことで、スランプが改善されて、何が原因だったのかというのが、後から振り返ってもわからないことがあります。

我が家の場合は精神面と学校環境でしたので、少しここで、書くのは子供にもやめてほしいとは言われているので、詳細は書きません。

解決策としては、事情を知った先生の手助けと、私ども親が子供の精神面について、原因がわかってから、対応を考えたことでした。

それぞれの子供さんによって、どういうスランプを抱えるかというのは、一般の教育雑誌やサイトで、解説は出ていますが、結局は「親が子供の気持ちにどこまで寄り添って、精神的なゆらぎをなくすこと」だと思うのです。

塾の先生にご相談するのもひとつの手段ですが、塾によっては、成績の悪い子を見放すというひどいところもあるので、入塾時に相談しやすい先生を一人でも作っておくといいです。


これから、本番に向かって、忙しくなりますが、ご両親も子供さんも体と精神面には十分気をつけてくださいね。


スポンサードリンク