e956ed6484fc7589ba8888dc3090ace7_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

春から中3に進級するのですが、私学ですので、上の高校へ進学するか、別の高校へ進学するか選択する時期でもあります。しかし、中2後半から急激にクラスのみんなが、勉強を頑張る傾向があって、今までの成績順位に変動が出ています。

順位変動が出るという話は、担任の先生からお話は聞いていて、3学期終了時の成績表を見る覚悟はしていました。その前に子どもから「私、塾かよいか通信講座をしたい」ということで、塾がよいか通信教育がいいかを話し合った結果、「Z会の通信教育」を受講することになり、すでに勉強を始めています。

以前、「進研ゼミの通信教育」のお試しを試したところ、「子どものコースの進度と合わない」という理由から受講はなしにしましたが、「Z会がしっくりくる」ということで、受講を決めました。

関連記事:進研ゼミ中高一貫コースを試してみたぞ。その結果は?

では、「Z会の通信講座」について、特に私立中高一貫に通っている子どもさん向けコースを中心に紹介しましょう。



まずは資料請求とお試し版で様子を見ましょう

Z会も進研ゼミと同じで、まずZ会のサイトから資料請求することができます。

IMG_22032019_103518_(720_x_600_ピクセル)


私立(公立・国立も含む)中高一貫校生であれば、中高一貫コースを選択して、必要事項を埋めるて送信すると、多少時間はかかりますが、資料一式とお試し教材、もしipadスタイルを選択するなら、映像授業を見るための案内も入っています。

子どもにはお試し教材と映像授業を見るための案内を渡しました。
ちなみに、Z会の通信講座は、
  • テキストスタイル
  • iPadスタイル
を選択することができ、iPadを持っていない場合は、Z会を通じてフィルタリングなどを施した特別価格で購入することができます。我が家は、iPad miniを娘に譲っていたので、それで試してもらうことにしました。

一通り、子どもが試した感想を聞くと、「英語の発音がとてもきれい!数学がまだ習っていないところがあるし、不安なので受講したい」という感想と希望でした。

実際に、英語の映像授業を見たのですが、発音と指導が上手で、しかも子どものコースとほぼ同じ指導速度でした。国語も同じぐらいの指導速度でした。

問題だったのは、数学で、子どものコースは国語・英語に特化させているコースで、数学は公立中学よりちょっと難し目をしているので、Z会が想定している速度とズレがありました。

ズレが生じている分は、主人が大学時代に高校受験・大学受験をする子どもさんの家庭教師をしていたことや、仕事が研究職で数学ができないと困る仕事でもあるので、帰ってきた時間や休日にわからないところを指導するという方法で、受講開始しました。

Z会の受講回避は差がありますよ

050b4e229c4b4c1f7cf100a204f2c35d_s

進研ゼミの場合は、主要科目5教科で毎月払いなら7835円としていますが、Z会の場合は、「英語・数学・国語」で1講座・毎月払いで4100円としています。(iPadスタイルの場合)
<参考>
進研ゼミ中高一貫コース受講費について
Z会受講会費について(中高一貫コース)

3教科受講を推奨しているので、自然と「英語・数学・国語」と選択することになりますが、Z会で受講する場合、セット割引の適用があります。

支払い回数で適用料金が変わりますが、3教科以上受講していると、1ヶ月あたり300円の割引が受けられるので、我が家は3教科受講の毎月払いにしたので、
1講座分4100円×3教科-セット割引分300円=12,000円
を毎月支払うということになります。

12ヶ月一括払い、半年一括払いで、割引金額は変わるので、一括払いへ変更と考える方もいるかとは思いますが、途中で合わないかもということでご心配であれば、損をすることにはなりますが、毎月払いで1年間受講してみて、継続する際に半年もしくは1年一括払いにするとよいでしょう。


受講開始するとドーンとくる教材たち


IMG_22032019_103535_(720_x_600_ピクセル)

入会手続きを終えると、ダンボール一箱分に使用するテキストやワークブックなどが入って届きます。

iPadスタイルなら、添削はプリントに書いたものをカメラで撮影して、送るという便利な点はあります。

すでに受講を開始していますが、やはり数学の部分で困っていて、3月号であれば「因数分解」でつまづきを始めています。映像授業は見ているのですが、わかりにくいらしく、休日に主人に教えてもらって納得しているようです。

英語と国語は、ちょうど授業速度が同じかやや学校が早めだったようですから、適応できています。

Z会の場合、保護者が子どものZ会での学習状況や添削問題の成績を把握できるアプリを提供しているので、それで子どもさんがさぼっていないかの有無を確認することができます。

本来は、声をかけて聞いたり、教材の様子を見ればいいのですが、簡単に見せないということがあるので、アプリから管理することができます。
※アプリからの管理やお子さん独自の学習管理は、iPadコースのみですので、注意してくださいね。

まとめとして、中1時と中3進級時で全く変わる

中1の時に、Z会も試したのですが、少し難しかったようでお試しの段階で取るのはやめました。
そして、私も認識が甘く、Z会は無理だと思ったので、受講はやめさせていました。

しかし、入学してからこの中3進級までの間に、様々な経験や成績の変動で、考えさせられることは増えて、通塾を考えましたが、帰宅時間や部活のことを考えると、「通信教育」しか道はないかと考えました。

始める前に「絶対続けてね」ということは約束して、そして中2が終わろうと言う時に、Z会がしっくりくるということは意外なことでしたので、結果はどうなるかはわかりませんが、今後の飛躍を楽しみにするということにしましょう。

スポンサードリンク