bd42fc50992ab2321cc739a2638be811_s


こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中学受験専門塾では、集計や各学校の受験問題の分析、蓄積しているデータからの受験生の傾向や、今後の受験傾向などを発表するという「入試分析会」「入試報告会」が開かれます。

その塾に入っていなくても、申し込みをすれば、参加することができて、その塾なりの分析を聞くことはできます。
ちなみに我が家は、その手の分析会や報告会には参加していません。
参加したのは、大学入試改革に伴う「英語に関する大学入試問題説明会」と「受験校選定の説明会」で、通った塾主催のものしか行っていません。

果たして、行くべきでしょうか?



個人の意見としては、別にいかないくてもいい

娘の受験時から、大手中学受験専門塾ではあって、知ってはいましたが、「勧誘される」というのがいやでしたので、参加はしていません。

その塾生でなくても、行きたい学校や中学受験の傾向を知ることはできますが、行った方の話によると、「冷静に説明するか、熱血感ありすぎてしんどいか」という話でした。

しかも、興味本位で参加したのに、定期的に入塾案内と学力テストの案内がくるので、少し困ったとも聞きます。

私どもの家の近くでは、大手中学受験専門塾がなかったので、参加しても勧誘されても、通える距離ではないので、一生懸命語られても意味がないというわけです。

それと、一番いやだと思ったのは、何か洗脳せれる感じがして怖かったので、一切参加はしませんでした。

自分たちが通っている塾は、全国展開でもなく、老舗の関西では地味な塾だったので、熱血漢というのはありませんでした。

唯一よかったのは、大学入試改革に伴う「英語教育の変化についての講演会」はよかったです。

入試説明会・報告会ってどんな感じ?関東・関西で温度差あり

IMG_2245


会場にいきますと、資料がどんと渡されて、その年の受験状況や変わったことなどの報告がされて、
塾側での分析データも公開されます。

他の有名塾と重なることがあるので、家族で分担していくこともあるようですが、我が家の場合は、主人はあまり教育にうるさく言いたくないタイプだったのと、「中学受験って、というより受験は水物だから、どう流れるかわからない」という主人と私の意見の一致もあり、一切参加しませんでした。

いろんな塾の分析データを見ても、よく似たようなものではないかと思ったからです。

関西でも大手塾は分析会や報告会は行われていますが、関東と比べると温度が低めかもと、聞きに行った方からの話で、

この手の分析会などが苦手なもうひとつの理由

いちばん、分析会などが苦手なのは「ママ友」を作ってしまう機会になって、お付き合いするのが苦手というのもありました。

持病の加減もあったので、他のお母さんとの温度差もあったしで、あえて受験中は「ママ友」は作りませんでした。

自分の病気のことで、子供に迷惑をかけたくなかったこと。
ママ友間でのトラブルを避けたかったこと。
マウンティングにあいたくないこと。

これらの事情から、私は分析会などの保護者が集う機会は、極力避けました。

そのおかげで、お母さん同士のトラブルを回避できましたし、マウンティングで自分が嫌な気持ちになって、子供に精神的影響を与えたくなかったので、分析会などに行かなくてよかったです。

大学入試関連での英語の講演会は、非常に有意義で、行ってよかった講演会でした。
今、大学入試改革については、テストパターンが始まっているところもありますが、先におおよその話と、母親である私が、予想されている英語の出題パターンを知ることができたので、こういう講演会はよかったと思います。


まとめとして

受験にカンカンになっているお母さんやお父さんは、必死になって分析会や報告会に出かけていますが、子供さんはどう感じているか?

小6ぐらいでは、まだまだ親御さんの言われるがままにしているか、すでに独自の世界を作っていて、我が道を行くかの世界で、入学してからでないと、子供さんが満足する中学かどうかは本当にわかりません。

分析会などについては、行くもよし行かぬもよしで、データに振り回されて疲れてしまうだけです。
説明を誤解してしまうという危険性もあって、ある日、子供さんを追い詰めることもあるので、そんなに行くことはないですよ。

スポンサードリンク