823b6ed2295cb21cb4ddc781b3734c37_s


どうも!「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

最近、SNSで「中学受験2019年組の母です」「2020年中学受験組」とプロフに書かれているお母さんらしきアカウントが増えています。
最近は小学生はもちろん中高生でも自分のスマホを持っていますから、小学生らしき子のアカウントも見かけます。

教育系サイトでも、取り上げられるようになった「受験垢」。
これは、受験に対していい効果となるのでしょうか?
今回は、「中学受験垢」について、とりあげていきます。



「受験垢」とはなんぞや? 中学受験とすぐバレるアカウント


「受験垢」というのは、本体のアカウントは持っているもしくは持っていないけれど、同じ受験の身である人と繋がりたいということで、発生したものです。

うちの子が受験した時には、存在しなかったのですが、急激に出てきたのは去年(2017年)ぐらいからで、お子さんご本人というケースもあれば、お母さんが運用しているアカウントもあります。

twitter内でのやりとりが多いとおもえば、インスタグラムでも「受験垢」が発生していています。
ハッシュタグでたどるとすれば、twitterであれば「#中学受験」、インスタグラムでは「#中学受験」「#中学受験2019組」「#中学受験2020組」と出てきます。

中学・高校生でも「受験垢」はあって、それぞれにハッシュタグが存在しています。

中学受験垢については、お母さんが運用していることが多く、塾名は隠語にしていて受験年度を書いています。

塾名の隠語としては、「N」は日能研、「S」はサピックスと見られ、関西で幅を聞かせている浜学園などは登場はみかけません。
東京から発展している塾名へ通学していると思われるお母さんのアカウントがほとんどではないでしょうか?

ちなみに、インスタグラムでの「中学受験垢」を見ると、塾が宣伝のために運用しているものもあれば、プレテストを受けに行った学校の写真、テスト勉強の様子、塾へ持ち込むお弁当の写真と出てきます。

出願関係の写真も出てきて、びっくりしました。

なんのために「中受垢」が存在するの?

中高生の間では、子供達が自分たちが向かう「高校受験」「大学受験」の勉強のモチベーションとして利用しているというデータが出ていて、役に立っているかというと、「やや役に立っている」という結果が出ています。

参考データ:リセマム 中高生9割「SNSが勉強に役に立っている。勉強垢の利用は3割

中学受験に対しては、お子さんよりお母さんやお父さんが「中受垢」を作って運用していますが、正確なデータは出ていないものの、かなり最近目立つようになって、もろにどこを受験するのかを、公表している方も見かけます。

なぜ受験垢があるのか?運用次第では個人情報バレバレになります

ほとんどの受験垢を運用している大人の人で、慎重に扱っている方はいますが、プロフ欄で何もかもがバレてしまうことはありますし、ツイートを読んでいると、どこを受験するつもりなのか、どういう塾に通っているか、どんな勉強方法をしているか、全部バレます。

なぜ受験垢が存在するのか?

自分が通っている塾以外で、同じ年度に中学受験を目指す親御さん同士の交流の場所として、twitterやインスタグラムを使っているわけです。

書いている内容や画像としては、
  • 「WEB出願、怖い!なんであるのよ!」
  • 「勉強サボっているから、注意した」
  • 「字が汚い、どうすればいいのだろう」
  • 具体的に受験校を公開している
  • 「出願の写真って、私服でいいのだろうか?」
  • 「同じ塾のお母さんにバカにされた」
  • 塾へ持ち込むお弁当
  • 願書(お子さんの顔をフィルターにかけてないケースも)
  • 説明会での様子
などなど、悩みや愚痴・受験校情報がほとんどです。
実際に見たところ、具体的な受験校を書いている方を見かけたのと、塾名を思わず書いている方もいらして、お子さんのいる塾やクラスまで特定できるレベルのものもありました。

中学受験で一番ストレスが溜まるのは、お子さんなのですが、いつもそばにいるお母さんもストレスが溜まるし、一人孤独な中で、お子さんと受験をともにするので、愚痴や悩みは吐きたくなるのはわかります。

しかしですね、twitterやインスタグラムで、お弁当公開ぐらいで済ませていれば問題はないものの、事情を知っている人や、受験経験者、塾関係者、最悪の場合は小学校での同じクラスのママさん、塾でご一緒しているお母さんに見られてしまうと、トラブルになって、こじれる可能性も潜んでいます。

お母さんのモチベーションをあげるとしても気をつけたいこと

お母さん同士の繋がりの輪ができて、様々なお母さんと情報交換できればいいのですが、かなり「お子さんに対しては毒になっていること」「言えばお子さんのモチベーションを落とす事」を話しているツイートを見かけました。

かなりきつい事を言ってから、お子さんの様子がおかしくなっているというツイートの流れの方も見てしまいました。

それに「いいね」をつける世界。

冷静に考えれば、恐ろしいというか、無事に中学受験を乗り越えられるか、合格後に親子関係が崩壊する可能性も秘めています。
不合格時も、SNSで繋がっていた仲間に伝えるのも、いやになるのではないのでしょうか?

不合格時が一番怖い、私はそうみています。

まとめとして

受験垢は、モチベーションアップや、愚痴や悩みの相談には便利かもしれません。

しかし、もし同じ中学を受験するのであれば、「ライバル」としてみることになります。
すでに出願時期に突入していますが、果たして受験垢は、お母さんやお父さんの心の拠り所になるでしょうか?

私の子供の受験時は、「受験垢」自体が存在しなかったので、つい最近見かけるようになって、恐怖を感じています。受験自体が「みんなには秘密」という考え方でしたし、バレれば、いじめの対象にもなった環境でした。

同じ中学受験のお母さんと距離を置く事で、誤報を聞く事がなかったので、なかった方がよかったです。

今はもうすでに「受験垢」が多数存在していますが、運用面で、個人情報をバラさないということは、気をつけてください。

スポンサードリンク