71454e7dc3f04cf0d7cb26f5f4ef74ce_s

「ぺんぺんのぺたぺた知識欲」のぺんぺん(@penpenwaker23)です。

9月4日に、近畿地方を台風21号が直撃し、我が家と私の実家は被災しました。
(主人の実家は大阪北部でも被害なしでした)

大阪南部にある我が家と実家で、停電が4日間続きましたし、まだ物資面でも困っているところはあります。そして、近畿圏でもまだ停電や断水が続いているところはあります。

我が家はカーポートのパネル1枚、実家は屋根(昔ながらの瓦葺き)が損傷していて、ブルーシートで養生してもらって、修理待ちしています。

写真関係は、停電での都合であまり撮影していませんが、お伝えできる範囲で、今回の恐怖を紹介します。

スポンサードリンク


台風接近前に早めの休校と休業。翌日は休み

今回の台風は、大阪湾を通過するコースでした。「大阪湾を通過する=紀伊水道を通過する」コースは、70歳代以上なら「一番危険なコース」というコースです。

紀伊水道を通過するコースは、過去に「室戸台風」「ジェーン台風」など被害が大きく出やすいコースと言われています。過去に、紀伊水道通過の台風で多くの死者と家屋破壊を出しているからです。

私が物心ついた頃から考えると、台風が来てもそんなに恐怖を感じないコースばかりでした。しかし、今回は台風の右側が我が泉州地域に当たるということで、要注意となりました。

娘の学校は、前日に「明日9月4日は休校」と出ましたし、主人の会社は、「明日は休業」と指示がでました。台風最接近が、4日の午前中からお昼ということでしたので、電車などの公共期間も、「9月4日の午前中の特定時間には止めます」というアナウンスを流しました。


前日にやったこと

まさか、長期停電になるとは思わなかったのですが、念のために、足が少し不自由な両親を我が家に避難させることにしました。

近所でしたが、車で迎えに行きました。(我が家はカーポートに2台停められますので)
戦中から建っている家なので、万が一のことを考えて、我が家にいる方が安全だろうということで、いることにしました。

実家の雨戸は全部閉めて、戸締りはしっかりしました。

我が家でしたことは、インスタント品(カップヌードルなどのお湯で簡単に調理できるもの)や飲料水(お茶やお水、様々な飲み物)を早めに買いに行き、懐中電気を人数分揃えて、予備の乾電池を用意するぐらいでした。

ところが、忘れてしまったことは、
  • スマホの充電バッテリーの確保(私のiPhone用の1台のみ)
これは、とても痛すぎました!

オール電化のご家庭は、さらに「カセットボンベのコンロ」がなければ、かなり不便でした。

台風通過当日

9月4日。学校は休校になり、主人の会社も休業。
電車は、JRだと午前10時が最終になりました。我が家もシャッターを全て閉めて、通過を待つことにしました。

すると、午前11時ぐらいから、風がきつくなってきて、雨きつくなってきました。我が家にいる動物達(チワワとうさぎ)のうち、チワワの「マロンさん」がブルブル震え出して、怖がって机の下に隠れました。

そして、台風本体が来たというぐらいの風の音がして、ふっと室内の電気全てが落ちて、外からは何かが飛んでくる音がして、「メリメリメリ」と何かが剥がれる音がしました。

シャッターには「バーン」と何かがぶち当たる音がしたし、子供は悲鳴をあげ、私も思わず「きゃー」と叫びました。

この状態は2時間ぐらい続き、そして風の音が消えていき、外へ出ても大丈夫かもっていう状態になりました。

我が家の被害

IMG_1692


まず、主人と外に出てみると、カーポートの屋根1枚が剥がれて飛んでいっていました。(あとでご近所さんが「これぺんさんとこのとちゃう?」ともってきてくれました」)

IMG_1694

我が家の地域は、水洗トイレですが、汲み取り式で定期的に浄化槽の掃除に来てくれます。浄化槽のふたは、通常は風などで飛ばないようにロックがかかります。

ところが、前回の清掃の時にロックを忘れていたようで、浄化槽のふたがどこかに飛んでいっていました。

カーポートに停めていた車(我が家と実家用)は無事でしたが、よそのお宅では、飛来物で窓ガラスが全部割れていました。

屋根は我が家はなんともなかったのですが、我が家がお付き合いしている工務店さんの話では、屋根が全部吹き飛んだ家もあるということです。

工務店さんの話では、我が家よりひどい被害の家が大量にあるので、カーポートのみの修理であれば、かなり修理の順番はあとになるので、しばらく待ってほしいとなりました。

台風が去ってからは、ご近所さんで飛来物の交換会と掃除をしましたが、両親が実家に帰りたいということで、主人と相談して、私と娘が実家に行くとして、実家から通学になる可能性も考えて学校へいくのに必要なものなどを用意し、実家に向かいました。

ここで<その1>を一旦終了


実家へ向かう時に、撮影し忘れてしまったので、申し訳ない。

このtwitterのツイート以外に、フェイスブックでも多くの写真が公開されているけれど、いつも利用している道路の電柱が道を塞いでいる状態であったり、信号機が動いていない、もしくは信号機がまともな方向を向いていないという被害が出ていました。

お巡りさんも出て、交通整理に当たりましたが、これはあくまでも序章で、台風通過の日から、我々は大変なことになるのでした。

今日は、ここまでということで失礼します。