google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

こんにちは。ひろむです。

 

今日は、パソコンから書いていますが、むちゃくちゃ精神的に

ショックで、仕事はしていますが、涙がでたりイライラしたりして

しんどいです。

 

www.potechitanguruguru.com

 

その後、鉄道警察から連絡があり、一部始終を目撃していた人が一人

鉄道警察に来てくれたそうで、走って逃げた老人夫婦の特徴などを

話していってくれたとの連絡がありました。

しかし、まだ捕まってはいません。

 

そういうことはどうでもよくなってしまいました。

 

中学受験で無事に娘が目指して合格した学校のコースのことで、

実は先日のカバンなどの引き取りのときに、たぶん医学コースに通っている親子に

教科書の中身をチラ見されて、嫌みを言われました。

 

それと、Twitterで仕事関係の人の方で、帰国子女でご自身のお子さんを

東京ではかなりの有名な塾に入塾させたと書いて自慢している方を見て、

「なんと恥ずかしい」と感じました。

 

そんなもやもやしているときに、あの東大理Ⅲに男の子3人を入学させた

お母さんが今度は末の女の子を東大理Ⅲに合格させたというネットニュースを

見ました。

ネットニュースなので、コメントを入れることができるところでしたが、

賞賛ばかり。

 

そんなに東大がいいのか、そんなに理Ⅲ(医学部にあたります)がいいのか?

子供に何をさせたいのか?

訳がわからなくなりました。

 

私が娘を中学受験させたのは、有名大学に入れたいという願望ではなく、

地元の公立の荒れようがひどかったので、仕方なく選択したまでで、

どこの大学というよりも、どういう職業につきたいかということを

優先に考え、入塾した塾でもそのように指導されました。

 

私は、中学は公立校でしたが、高校以降は私学です。

しかも、寺の中に仏教系の学校でしたから、宗教の時間が道徳の授業

でした。しかし、東大や京大を目指すクラスの子たちは、宗教の

時間はなしでした。

 

主人は研究員で、ある日大学時代の同級生の女子の話を聞いて、

びっくりしました。私と高校は一緒でも東大コースにいた子らしく、

恋愛や人付き合いがめちゃくちゃで、主人の友達がその女の子に

トーキングされてかくまった話を聞きました。

 

東大などを目指す子は何人かみたことがあります。

話をしたことも高校時代ありました。

でも、まともに話せるこはごく一部で、ほとんどがどこかねじがぶっ飛んでいるので、

話がまともにできないのです。

 

わが娘は中学受験準備と同時にいじめにあいました。

その前に学校見学で自分の母校ではなく、母の母校になりますが、

浄土真宗のお寺が運営している学校で中高一貫校を選び、しかも

これから必要とされる「英語力」と「美しい日本語」、「ディベート力」を

鍛える為の英語特化コースに専願枠で受験して、併願で午後受験に別のコースで

受験しました。

 

大学なんざ、これからの教育指導要領や大学入試改革を見ていると、

日本の大学にいるよりも、海外の大学に行く方がマシだと判断したからです。

そして、週に1回に宗教の時間と学年集会でのお経の時間があります。

 

宗教の時間と聞くと嫌悪感を持つ方は多いでしょう?

実は、宗教の時間は道徳の時間を兼ねているので、お経のひとつひとつの

感じの意味や、宗教家の話を聞いて「なぜ人間は生きていかなければいけないのか?」

「なぜ人間は死ぬのか?」「なぜ人をいじめてはいけないのか?」などの

人間としてあるべき姿を教えてくれます。

 

お経をお唱えすることができるというのは、一種の教養です。

家族でカトリックですが、お葬式の時には、そのお家の宗教を

重んじますし、もとおとお経を詠みあげることは、私には

音楽と一緒で落ち着くことなので、娘も同じ考えでどこに出しても

恥ずかしくない娘としてうれしく思っています。

でも、義姉が亡くなったときに、カトリックということで兄から暴言を言われ、

義姉の親族からも馬鹿にされました。しかし、初七日法要の際に、私と娘のみ

般若心経を詠みあげました。節回しは高校時代のままでしたが、お寺さんから

褒めて頂いてありがたかったのです。

 

現実をみると、テレビでは、高学歴タレントや現役東大生を招いてのトーク番組、

有名塾に通っている子のドキュメント、もううんざり。

 

娘が組立体操でむちうちになって、見学の身になり、当日近くで観覧していた

老人の言葉。「組立体操がないと、面白くないよなぁ」

子供はサーカス団員じゃありません。

 

私は、一応短大を卒業して、有名な会社に新卒採用されましたが、

パワハラに合い、いろんな会社を転々としました。

最終的に7年いて結婚退職したところはよかったのですが、

結局、自分の学歴なんて世間では通用はしないし、恥ずかしい限り。

 

でも、娘には学歴で勝負ではなくて、自分の得た知識と経験で素晴らしい女性かつ

人間に成長してほしいと願うばかりです。

 

今日は何をかいているのかまとまりがつきませんが、これにて失礼します。

こんにちは、ぺんぺんです。

今日はiPadから更新しています。

 

昨日、捻挫をしたことを記事にしました。

今も痛みはありますが、様子見です。

 

今朝はPTAの事で、賛同のコメントちょうだい嵐で、

PTAに関するつぶやきと、大勢の方をブロックしました。

 

今日は、捻挫で足は痛むけど、娘の中学の学用品引き取りに

保護者同伴でないといけなかったし、主人は会社だったので、

無理に行くことにしました。

 

この、今日の出来事を読んで、日本人が何かおかしくなっているかもと

考えて頂きたいです。

 

 

まず電車に乗って

今日の荷物引き取りは、カバンと体操服と教科書数冊のみでした。

ネームが入るので、親が必ず同伴でということと、

PTA活動不可の返答用紙提出でした。

いつも集合時間は早いのですが、今日は遅い時間でした。

足はまだ痛むし、少し早めの電車を調べて、

乗車したのですが、満員で座れず仕方なく痛みをこらえて、

娘と電車に乗っていました。

 

目の前の座席が空いてされた事

ちょうど、私の目の前の座席が空いたので、「あ、やっと座れる」と

思ったら、突然突き飛ばされて床に転びました。

すると60後半ぐらいの男性が仁王立ちで立っていて、

「老人が先や!お前は座るな!」と言ってきます。

私は「昨日捻挫していて、足が痛むから座らせて欲しいんです」

というと、「黙れ!嘘つき!と言って、遠くにいる奥さんらしき人を

座らせました。その方は、どうみても健常者で、奥さんらしき人も

私を睨みながら座り、蹴飛ばされました。

周囲の人は、その様子を見て、すぐ寝たフリをし始めました。

娘の助けで、何とか立ち上がって、車両の隅に移動して、

泣いてしまいました。

 

到着後の対応

終点まで痛みを我慢していました。

そこから娘の学校へ歩いて5分ですが、降りてもその老人夫婦は私達を

睨んできました。

もうこれは、駅員に言った方がいいと判断し、近くにいた駅員を捕まえて

話かけると老夫婦は逃げて行きましたが、

電車でに一部始終を話して、鉄道警察で事情聴取をしてもらい、

犯人不明で被害届けを出して、受理してもらいました。

娘の学校の方は簡単に終わり、荷物も宅配で送りました。

 

老いも若きもモラルの低下がひどい

過去にクラシックバレエで左足にヒビが入り、松葉杖を

つきながら、会社通勤した事がありますが、その時も

時間差通勤をしても、意地悪をされて座る事が出来なかったり、

痴漢にもあいました。

妊娠中、特に8ヶ月以上で、どうしても電車に乗らなければいけない

時に、一斉に寝たふりをされて、座る事が出来ず、大きなお腹でフラフラ

して怖かった事はあります。

今回については、座ろうとして突然突き飛ばされて暴言。

幸い他にけがはなく、娘にも怪我はありませんでしたが、

「老人が先!」て、それはどうなのでしょう?

怪我をしている人間の方が最優先のはずで、終点で走って逃げたのですから、

先に座る権利はないはずです。

 

それともう一つ。

陸橋を手すりにつかまって降りていると、車椅子ボランティアの人が

「邪魔!どいて!」と言ってきた事も驚きでした。

ゆっくり手すりにつかまって降りているのですから、

足が痛むから仕方なくしているのに、ボランティアの人からも

そういう言葉を聞いて悲しくなりました。

 

まとめ

新婚時代にも、こっちは一旦停止をしているのに、バイクのおばちゃんが

突っ込んできて、暴言を吐かれて、逃げられた事があり、被害届を出しました。

まともな人なら、救急車の手配とかするのでは?

今回も、みんな寝たフリ。

やりとりなど全て目撃している人は逃げました。

娘が支えてくれて何とか耐えましたが、逃げた老人は、

走れたのですから、健常者です。

今や老人の年齢の定義自体も変わっているし、元気な人は

多いです。「老人だから」という言葉はもうこの先は

通用しないし、ひどい事が行われているのに、見て見ぬふりは、

いじめの傍観者と一緒です。

大人も、自分の行動や言動をよく考えて欲しいです。

 

f:id:potechitan:20170311113305j:plain

 写真提供:「写真AC

どうも、ぺんぺんです。

 

まだまだ寒い日が続きますよね。私は仕事の時は、

専用のパソコンがあるパソコンデスクで仕事をするのが普通なのが、

パソコンデスクの位置が悪くて、こたつに逃げてサブパソコンで

仕事をしていました。

 

すると、捻挫で意外な宣告をうけました。

 

これは、こたつで仕事をしている人や、椅子に座らずに平机で

パソコンをしている人は、注意してください。

 

 

気を付けた方がいいですよ。これは仕事とは関係なしで

 

 

 

 

私の冬の作業場

私の本来の作業するところは、きちんと部屋の片隅にあります。

でも、部屋の死角で、クーラーなどの冷暖房の風が

こないのです。

それで、真夏と冬だけはクーラーの風がくる平机兼こたつしか

なく、セカンドパソコンで作業をして、データ共有ソフトで

データのやり取りなどをしていました。

 

自然に正座での長時間労働

夕方、家にあるお仏壇に正座してお経を詠みあげるのは、

私の仕事ですが、正座は昔からなれていることでした。

しかし、こたつや平机で仕事を長時間していると、

なぜか正座をして仕事をしていましたが、

少々しびれても大丈夫のつもりでした。

それが甘かったのです。

 

正座でしびれているのに転倒

昨日(2017年3月10日)の夕方に、仕事をしていて、

いざ立とうとしたときに、足が若干しびれていました。

でも、いつものことだしと思っていて立つと、

ぐらっとしてしてしまい、足を「グネッ」とくじかせて

しまい、転倒しました。

すると、当然のごとく痛みがきて、「あ、捻挫だわ」と

見事に捻挫をしてしまいました。すぐに冷シップをして、

家事などを娘や主人に頼みました。

 

整形外科での意外な結果

翌日になる今日(3月11日)、朝起きて、足を見ると、

腫れあがっていることは腫れあがっているのですが、

痛みはだいぶ治まっているのに、腫れがひどいなぁと

感じたことです。

以前から、足の甲から足首にかけて左足だけ妙に膨らんでいるのを

気にしていました。

クラシックバレエトゥシューズの練習で、ヒビが入ったことも

あるので、念のために整形外科を受診しました。

レントゲン撮影などをしてもらった結果、「軽度の捻挫」で

済んだのですが、意外なことを言われました。

それは、「今後は絶対正座しちゃだめ!」という話です。

 

長時間の正座で治らない症状と付き合う羽目に

「今後は絶対正座しちゃだめ」と言われたのにはわけがあります。

法事とか毎日のお勤めぐらいなら、短時間の正座でいいのです。

しかし、かなりの長時間の正座となると、お坊さんでもしないし、

実は体の圧力で、皮膚と骨の間に水がクッションとして形成されて、

腫れがったような状態になっているというのです。

この水は、抜いても抜いても一度やってしまうと湧いてきて

完治不可ということで、今後一切正座はしないということ、

法事など正座をしなければならない時は椅子に座ることと、

注意が出ました。

これは、死ぬまで守らないといけないということで、

「あーやっちまったー」と後悔しています。

  

 

ほんとうに仕事をするときは、気をつけましょうね

 やっちまったもんは仕方ない

もう完治不可だし、あきらめてこの生活を受け入れることにしました。

仕事は、もう子供も家にいる時間が短くなるので、

平机やこたつでする必要もなくなります。

だから、もとの仕事場に近々戻りますが、

「正座をする」という行為は、実はかなり足首近辺に

負担をかけていて、長時間長期間はやめておくということを

覚えておきましょうね。

(というか、これをしていのは私だけではないようですが)

f:id:potechitan:20170309163801j:plain

写真提供:「写真AC

こんにちは。ぺんぺんです。

 

以前、私が「気分障害」「ホルモン異常」の病気を抱えている記事を更新しました。

 

www.potechitanguruguru.com

 

実は、「気分障害」とはっきり分かった3番目の病院で、プラスされた

ことがあります。「若干の対人恐怖症もありますよ」と言われています。

自分としては、全く意識はなかったのですが、臨床心理士の聞き取り検査で

わかったとのことでした。

言われると、産後うつを発症してから「人と会うことが怖い」と

感じることはありました。

今もその感覚はなかなか抜けません。

 

この記事については、「こういう人間もいる」と覚えてて欲しくて、

書きました。

「コミュ障」ということでの理解は、やめて頂きたいと思います。

 

 

対人恐怖症の定義

誰でも、人と会うときに、場合によっては緊張して汗をかいたり

どもったり、うまく会話ができないということはあるでしょう。

「対人恐怖症」となると誰も自分に対して注目していないのに、

「人と会うのが、会うのが怖い」「誰も私を注目していないけれど怖い」と

いう意識が生まれて、どもったり、異常発汗、気分が悪くなったりするなどの

身体的症状が出てきます。

医学書の定義、専門医の意見では、

他人と同席する場面で、不当に強い不安と精神的緊張が生じ、そのため他人に軽蔑されるのではないか、他人に不快な感じを与えるのではないか、いやがられるのではないかと案じ、対人関係からできるだけ身を引こうとする神経症の一種 (新版精神医学事典より)

 掲載元:せせらぎクリニック「対人恐怖症」より

 

主治医から「対人恐怖症」について聞かされたときは、「どうしてかな?」と

思いました。

 

私の場合は?

私が気分障害を発症したのは、産後のトラブルからマタニティーブルーが産後うつ

発展して、さらに環境が変化したことで、うつ病と診断されました。

その時、旦那の実家のいろいろと口出しをしてくる話に、産後うつ

そっとしておいて欲しいのに、意見を求められ、精神的な安定を

完全に取り戻せなかったことがまず一つの原因です。

今の病院のカウンセリングで、もっと深く分かったのは、

「自分の言った意見は正しいはずなのに全部否定されて味方がいない」という

一人で戦わなければいけなかったという苦しさであることも見えています。

そして、引っ越しをして、環境が変わればいいのではと思っていたのに、

結果として悲しいことになったことです。

引っ越ししたときは、ご近所の方々で娘と同じ年頃のお子さんを持つご家庭が多く、

昼間にお友達になれたのに、3月末になったとたん、「私働きに行くから」と

ほとんどの方が働きに行くことを、黙っていて急に働きにでかけられて、

結局一人ぼっちになってしまい、気分障害が落ち着いていたのを

ぶり返らせることになり、マンションでしたから、完全孤独になりました。

子供センターとかにも行きましたが、なじむこともできず、

その結果、私の実家近くに引っ越すことになり、今の病院で「対人恐怖症」

もあると告げられました。

 

実際に告げられてから

「対人恐怖症」のもっと深い部分は「自分の立場が低く評価される恐怖」から

くるそうなのですが、産後うつ中に、かなり主人の実家から低い立場で

かなりいじめられたこともありますから、人と接するということは

恐怖なのかもしれません。

気分障害でホルモン異常でありながらも、「働きたい」というのはあったので、

パートにでかけましたが、すごく「対人恐怖症」がひどかった時は、

お金の受け渡しなど全くだめで、すぐに辞めなければいけませんでした。

しかも、私の気分障害は、難治性が高いと言われていたので、ますます

家にこもるようになってしまいました。

でも、子供がいるのですから、保育園の送り迎えは、克服の為に、

必ず出かけました。

そして、小学校に上がってからは、「怖い」という気持ちを抑えて

懇談会や発表会にも行きました。

クラウドソーシングの仕事を選んでから、最初は失敗ばかりで、

うまく伝えられなくて、文章での嫌がらせを同業者から受けました。

それで対人恐怖症を悪化させたこともあります。

小5から問題になったいじめ問題は、実家の父や主人に入ってもらいました。

相手は、私が気分障害精神疾患を持っているのを知っていて、

差別用語を平気で言ってきたからです。(本当なら法務局に申し立てを

してもいいのですが)

中学受験の当日は、もう泣きたくなりそうで不安で不安で控室で

iPhoneの音楽を聴いて、本を読んで「周りの人が怖い!怖い!」というのを

抑えました。

 

心許せた人は娘

対人恐怖症ですが、私が心を開けたのは娘と母です。私が心を開かなければ、

娘は誰にもいじめを訴えることはできなかったでしょう。

私も、娘の頑張りでなんとか今の人生を持ちこたえさせているようなものです。

気分障害の薬の中に、抗うつ剤は入っていて、恐怖心をや和らげる薬は

含まれていまうし、カウンセリングで気分障害と合わせた療法も

行われています。

でも、一番の最高に今効いているのは、「中学受験をなんとか乗り切った」と

いう必死のパッチで病気持ちの母が協力したという誇りです。

 

まとめ

最近は、Twitterでいろんなライターさんやブロガーさんと交流を

持つようになって楽しんではいますが、実は、本音をいうと、

「自分の発言がその人を傷つけているのではと思うから怖い」と

いうのが本当の部分で、話が食い違ってしまうところもあり、

ご迷惑をおかけしています。

SNSは楽しいけれど、本当のところは怖いし、信頼のできる友人でも

今は会うのが怖くてたまらなくて、実際に会うと早口になって、

「早く帰りたい」とさえ思ってしまいます。

私の発言がたくさんの人を傷つけてしまっているのなら、

どうかこの場を借りて、お詫びします。

こういう不器用な私ですが、どうかこのままお付き合いしてもらえれば

と思いますし、対人恐怖症の方について、「人と会うのが怖い」

「自分のしていることが人を傷つけているかも」と意識していることを、

理解して頂ければと思います。

f:id:potechitan:20170305214311j:plain

写真提供元:「写真AC

 

こんにちは、ぺんぺんです。

娘のいじめはどうもお蔵入りしながら卒業となりそうですが、

娘の方は新しい生活に向かって、立ち直りつつあります。

受験追い込みの時期が一番つらいながらも楽しかったと、

娘は語ります。

不登校期間中に、学校で間違えた漢字を教えられていたことがわかって、

手ほどきをしたり、過呼吸発作を起こしたときの対応と、

辛かったけれども、合格がわかった瞬間は大号泣したのが、私です。

(普通は子供が泣くと思うんだけれども)

 

しかし、中学受験準備を初めて合格するまでの3年間。

大人からの心無い言葉が、私の心をたくさん傷つけていきました。

仕事を抱えながらも、いじめと対決し、中学受験成功までは、

病気で自分も過呼吸発作を起こす危険はありましたが、耐えました。

 

この話は、ちょっと愚痴が入りますが本当にある話ですので、

中学受験をお考えのお母さんやお父さんにご一読いただければと思います。

 

 

「中学受験はおかしいからやめなさい!」という人

たしかに、中学受験というのは、特殊問題が出るし、

志願者を全員通すものではなく、「わざと落とす」という性質も

あって、その罠にかからないように、高校受験級の問題を

小学生が答えを小学生の理論で解答するのですから、

確かにクレイジーな部分はあります。

それを承知で、中学受験をやらせるのは、そりゃおかしいでしょう。

 

ただ、今の公立中学の教育を見ていると、

「だから、今の子供たちをどういう風に教育していきたいの?」と

いう道しるべが不透明でぐらぐらしているのです。

近所の中学校を見ていて、さらに子供が小学校に中学校の悪い子が

授業中に侵入してくるというのを聞くと、

これは公立中学には行かせられないと判断したので、

我が家は中学受験を考えて実行したまでなのです。

 

我が家はカトリックで、日曜日はミサに通っています。

時々、娘は子供侍者という神父様のミサのお手伝いをする

役目をたくさんしてきました。

しかし、ある日侍者のお世話をしている方の奥様から、

「中学受験するって聞いたけれど、おかしい!子供は遊ぶのが

仕事でしょ!」と怒鳴られました。

突然のことで、どう反応していいかわからず、きょとんとしましたが、

後日体の不調として現れました。

 

その方は、地元の中学校の現状について、あまり詳しくなかったことや、

今の教育事情に詳しくない年配の方だったので、

合格するまで、無用の傷つきを避ける為に、娘の侍者についても、

私の知り合いの方を通じて休ませてもらうことや、

しばらく教会から離れました。

合格して、ミサへの復帰はしていますが、やっぱり嫌みを言わます。

しかし、もう嫌みを言われてもスルーしています。

 

有名難関校にお子さんを合格させた人からの嫌み

お隣のお隣さん宅のお子さんが、有名難関校に合格されて、

お子さんの顔を隠さずにそのままブログに掲載したり、

Facebookにまで公開するというお母さんは、一番困りました。

お子さんが3人いらっしゃるのですが、気の強いお母さんで、

どこからかうちの娘が中学受験をすると聞いたのか、

いろいろと話をしてくるのですが、

一番参った一言は、

「あなた、精神疾患あるでしょ?無理ですよ。」

「お弁当とか送迎とかできるんですか?無理でしょ?」

でした。

「無理でしょ」というこの一言がきつくて、傷ついた言葉です。

既にクラウドソーシングの仕事も軌道に乗り始めて絶好調の時に、

この言葉で、がくんと精神面が落ちてしまいました。

 

さらに、LINEでいろいろと流されてくるので、大迷惑で、

ある日、思いっきりキレました。

f:id:potechitan:20170118134109j:plain

写真提供:「写真AC

「あのー、アドバイスとか言ってくれるのはいいけれど、

私はやるって決めたんです。”無理でしょ”って決めつけるのは、

私の心を傷つけてるってわからないんですか?」

と直接話したら、その日から私に対する声掛けはなくなりました。

その後、「精神疾患をお持ちのお母さんでも合格させてる方は

いらっしゃいますから」とLINEでメッセージがきましたが、

それなら、なんで私に「無理」とか言うたのだろうと思い、

悪いけれども、ブロックさせてもらって、道であっても

軽く会釈する程度にしました。

娘の合格については、話していません。

 

最強にきつかったのは主治医。でも救いの言葉でもあった

いちばーん、最強にきつかったのは主治医からの忠告でした。

「中学受験をお嬢さんにさせるの?お母さんが一番大変やで」

「むちゃくちゃお母さんが助けてやらないとあかんのやで、

耐えれるか?やめとけ、やめとけ」と言われ、帰ってから泣きました。

 

でも、よくよく話を聞くと、ご自身の娘さんを受験させたときに、

奥様が大変苦労されたこと、ご自身も協力して付き添いをして、

中学受験のハードさを知っているから、精神疾患で、

ちょっとしたことで傷つきやすい心の状態で、中学受験を

乗り切れるかという不安があったそうです。

特に、私はその耐性が弱いと判断していので、やめさせたかった

ということでした。

 

しかし、私の決心が非常に固かったので、サポートに回る約束を

してくださって、何度も中学受験で折れそうになった時に、

心のサポートをしっかりしてくださいました。

いつも診察でしくしく泣いていた私ですが、中学受験を決めたその日から、

心を強く持つと決めたので、泣くといっても、娘の前では泣きませんでした。

娘が泣いている時には、一緒に泣きたいときもありました。

でも、母親がぶれると子供が不安になると聞いていたので、

絶対泣かずに、優しく励まし時には厳しくもしました。

けんかもたくさんしました。

いじめでは、たくさん走り回りました。でも、合格までは泣かないと

決めました。(仕事では泣くこともあったけど、それは別の意味でね)

 

まとめ

その他にも、たくさん心無い言葉で傷ついたことはたくさんあります。

でも、たくさんたくさん浴びるたびに耐性がついてきました。

「子供の将来の為に」というのが強かったのと、

学校でのいじめ問題が、心無い言葉で傷つくことがあっても、

負けるもんかという気持ちをあげてくれたのだと思います。

何よりも、きつい言葉で反対した主治医が一番私を強くしてくれて、

サポートしてくれたのかなと思います。

塾の先生も私達親子を助けてくれたので、心無い言葉があっても、

救われました。

多くの方のサポートがなければ、中学受験というのは、

うまくいかないと実感しました。

まだまだ、中学受験というのは、なぜか嫌われる傾向のようですが、

将来は、中学受験というのが当たり前になるのかもしれません。

f:id:potechitan:20170216082956j:plain

 

どうも、ひろむ(@potechitan)です。

 

ブログを初めてまだまだ日が浅くて、娘のいじめ問題が発覚した昨年(2016年)の

11月からこのブログを始めました。

とにかく、始めた理由は、いじめ問題をみんなに知ってもらいたいということと、

中学受験について語りたいという気持ちからでした。

今はアフェリエイトという道も知り、現在は一度キャンセルしたものの、

Google Adsenseに挑戦することにしました。

でも、アフェリエイトをするなら自分のブログのPV数とか気になりますよね。

私は、とりあえず指南書に出ているGoogleアナリティクスレポートを

利用していますが、さらに深い分析が必要かなぁと思っていたら、

いい記事を発見しました。

 

www.lifelogweb.com

てんぐうさんのブログで、大変勉強させて頂きました。

(いつもありがとうございます!)

Googleのツールもいいのですが、もっと自分の記事がどのぐらい読まれていて、

どの記事についての滞在率など知りたいですよね?

そこで、てんぐうさんのブログで紹介されていた、「FARO REPORT」で

さらに分析をしてみることにしました。

 

登録は非常に簡単!

Googleアナリティクスレポートを利用するので、事前にこちらの登録は

必要で、Gmailのアカウントは必要になります。

ブログにアナリティクスレポートのコードを埋め込んでおいて、

2~3週間ぐらいはデータ収集させてみます。

同時に、「FARO REPORT」に登録をしておきます。

こちらに登録するときは、アナリティクスレポートで登録したGmailアドレスは

必要になります。

 

紐づけが終わると、自分のブログ名とアナリティクスレポートのIDが

表示されています。

その隣にレポート作成のがあるので、自分の知りたい情報を

月別に出力させることができます。

 

もっと深いデータを知りたいというのであれば、

プレミアム会員もありますが、無料会員でも十分な情報は

仕入れることができるので、無料で十分アナリティクスレポートより

詳しいデータが取れます。ただし、無料版でも欲しいデータが有料版で

あるというのもあるので、ご注意ください。

 

で、私の場合。1月のデータで解説

11月と12月のデータについてみてみたのですが、いじめ問題については、

ネットで知りたいというニーズがないせいかPV率は悪いです。

しかし、中学受験のシーズンとなる1月と2月はPV率がドーンとあがりました。

1月から2月は中学受験シーズンで、来年に挑戦するご家庭の方などが

どういう様子なのか知りたいということで、この手のブログを

検索したという可能性が考えられます。

関西は1月14日が今年は受験解禁日で、東京方面は2月1日。

先に受験がある地方の情報は得たかったのかもしれません。

f:id:potechitan:20170304120622j:plain

特にパソコンから見るのではなくて、気軽にスマホで情報を仕入れているという

傾向がみられています。

スマホからのアクセス率は70.6%、そしてリピーターで戻ってくる直帰率

79.9%で、さらに精査してみると、スマホからのアクセス人数は139人に対して、

パソコンは38人というのが、1月の結果でした。

 

多少webライターの仕事についてのネタにも食いつきがありましたが、

1月と2月については、中学受験ネタに食いつきが多くありました。

その後、芦田愛菜ちゃんのNN勉強法については、びっくりぽんアクセス数で、

過去最高のPV数をはじき出しています。

 

検索方法としては、Yahoo!よりもGoogleを使って検索している人が多いと

いうことがわかりました。

これは、多分スマホからの検索率が高いということと関係はありそうです。

 

扱うテーマでPV数はあげられる

まだ3月のデータ集計ができていないので、2月のデータを取ると、

芦田愛菜ちゃんの受験に関することや、中学受験での裏話、

仕事に関すること、そしてこの時期にいじめ問題が毎日のようにニュースで

取り上げられたということがあって、アクセス数が増えています。

ただし、特徴的なのはやはりスマホから見る率が高いということです。

正確なデータとしては、

スマホ閲覧者 1115人

・PC閲覧者 496人

・新規閲覧者 985人

スマホ閲覧率64.8%

直帰率 85・4%

という数字が出ています。(他にも数字があったのですが、

控え忘れてしまったー!)

前月よりはスマホからの閲覧者が増えているけれども、同時にPC閲覧者も

増えているというのも、このブログを「いじめ」「中学受験」「クラウドソーシング」という三本柱で組んで、あまりぶれることなく書き進めていたせいかでもあります。

カテゴリーはその時の気分で増やしてしまったのは、反省する点ではありますが、

ブログ内容は、他の人があまり取り扱わない「いじめ」について積極的に取り上げて、

ほぼ毎日更新で続けたせいかともいえます。

ブログを始めたのはいいけれど、アフェリエイトでの収入を考えたりする前に、

テーマをしっかり決めておくと、3か月ぐらいはなかなかPV数はあがりませんけれども、続けていくことで、リピーターは必ずついてきます。

 

まとめ

こういう解析ツールがあれば、自分のブログの解析は本当に役に立ちます。

はてなブログのツールや、アナリティクスレポートだけでは、心細い部分が

あったので、てんぐうさんが紹介されていたレポートツールは、

非常に便利です。

ちなみに、2月になってがくんと落ちるかなとも思っていたのですが、
いじめ報道が連日にわたって放送されていた影響か、検索エンジンの利用率が

GoogleYahoo!と二分化されていて、いじめに関する記事の滞在率が

高かったのは、意外でした。

今度、アドセンに挑戦する予定ですが、みなさんのお役に立つ記事を

書き続けていきます。

f:id:potechitan:20170103154400j:plain

写真提供元:「写真AC

 

どうも、ひろむ(@potechitan)です。

今日は、不登校中の娘と気分転換に映画を観に行ってきました。

進学先は私学でも英語特化コースなので、初めての試みとして、

吹き替えなしの「トリプルX 字幕版」を観に行きました。

初めての英語の字幕映画に緊張していましたが、

内容が面白かったので、喜んでくれました。

で、話は変わります。

映画館に行く前に、時間があったので、Yahoo!で情報チェックをしていましたが、

Yahoo!知恵袋で、クラウドソーシングという内職に興味があります。

大丈夫でしょうか?」

という質問が出ていて、びっくりしました。

 

「え?内職?」「そういう目で見てるとだめだよ」と思いました。

確かに最近主婦が在宅でできる仕事として、クラウドソーシングが

注目されていますが、「内職」という視点で仕事をされると、

痛い目に合いますし、我々すでにワーカーとして働いているものとしては、

痛いです。

まず、「内職」という視点を変えて欲しいです。

 

 

「内職」ではない!働く場所が移っただけ

そもそもクラウドソーシングとは、別名「リモートワーク」ともいいます。

物理的に離れた依頼者とワーカーが出会いの場として提供してくれる

クラウドソーシング社に登録して、案件を見つけて、相性が合えば、

契約をして働くというのが、流れです。

ワーカーは年齢層は広いし、ライターの仕事だけでなく、プログラミングや

ロゴやイラストの制作、ネーミングの提案など仕事内容は多岐に渡ります。

 

特に、女性だと在職中に有能なライターであったとかイラストレーターなど

専門職の方が、出産などの理由で外に出れなくなったので、クラウドソーシングの

職を選だ方も多く、また男性でも会社では働きづらいという点で、独立して、

クラウドワーカーになっている方など、様々な事情でクラウドワーカーに

なられています。

ですから、「内職」という視点で登録を考えるというのはまずいです。

 

私も痛い目にあった一人です

私自身、娘を産んで2つの病気持ちとなりました。

マンションのローン返済もありましたから、少し体が動けたらと、

不動産会社のチラシ配りなどの仕事をして、貯蓄をしていました。

その後、今の住んでいるところに引っ越しをして、娘もどんどん大きくなり、

教育面でお金が必要になりました。

そこで、テレビで紹介された「クラウドワーカー」という特集を見て、

早速「シュフティ」という主婦向けのクラウドソーシングの会社に

登録をしました。

結婚前は、お客様相談室でメール対応チームのリーダーをしていたので、

WEBでの執筆はいけるだろうと、ちょっとなめていた部分がありました。

 

ところが、登録してからたくさん痛い目に合いました。

ぼろくそに文章を馬鹿にされて、泣いたことは多々あります。

テストラィティングを3回されて、ようやく採用になったら、

もっとハードルを上げられてきつくて、契約解除したこともあります。

未払いをされたことも多々あります。

 

運営に言っても、「自己解決で」という姿勢でしたから、

何度も辞めようと思いました。

エヴァンゲリオンのシンジ君じゃないけれど、

「逃げちゃだめだ!この道で生きるって決めよう!」

決心したわけです。

その後は、登録会社が増やしましたが、クラウドソーシングの経験を

もっと何かに活用できないかということで、

いろんなことにチャレンジして、今は電子書籍の出版も準備していますし、

新しいwebの仕事にもチャレンジしています。

 

そして現在は?

今は子供の問題があるので、クラウドソーシングの仕事は少な目でも、

電子書籍の出版準備は順調に進んでいます。

新しいお仕事に挑戦して、資料をあつめて下書きを開始しています。

「PVモンスター」というところで採用になり、提案が通ったのですが、

報酬はPV数が絡んできますから、SEO対策は必要ですし、

読み手さんの心をわしづかみにするような記事づくりをしないと、

報酬が発生しないので、真剣です。

今までは、泣いてばかりでしたが、この何年かで鍛えられたように思います。

 

病気を抱えているし、薬の影響で思考能力は落ちているので、それに耐えながら

いろいろと考えるので、kindleや本、資料を持って、メガネをかけたまま

寝ていることも多い生活です。(笑)

でも、私は、この道でどこまでいけるかわかりませんが、頑張ります。

f:id:potechitan:20170302172019j:plain

 

どうも、ひろむ(@potechitan)です。

私のこの名前は「鋼の錬金術師」の作者である荒川弘(あらかわ ひろむ)さんから

頂戴しました。

ひろむとのお名前ですが、実は女性で、妊娠・出産後も仕事を続けていたという

度胸からあやかりたいと思い、自分のネームは「ひろむ」にしようと

思ったわけでございます。

 

突然、「ハガレン」の漫画の写真を掲載させて頂きましたが、

私は、この漫画全巻で大変共感したセリフがあって大好きな漫画の

一つです。(あ、もうひとつは銀魂ね)

 

先日、私の読者さんから「クラウドソーシングで働いている人は、

思考停止していると思っていたけど(後省略)」という我々ライターには

ありがたいコメントを頂戴しました。

フフフ、実はベテランさんや、すごくやり手の方、この仕事で新たに道を拓いて

いる人は多くて、クラウドソーシングには籍は残しつつも、

独自路線を走っている人は多いです。

ではでは、クラウドソーシングにとどまっている人と、もっともっと活動している人は

どう違うかを見ませんか?

 

 

 

複数の媒体で活動している

クラウドソーシング社が紹介する仕事から、

現在契約している仕事をそのまま受けている人はたくさんいらっしゃいます。

しかし、クラウドソーシングの世界にどっぷりつかるのではなく、

ご自身のブログを持つのは当然のことながら、アドセンに挑戦するのはもちろん、

noteにて、自分の知識をブログ形式で披露する方もいるし、自分の持っている

スキルを売買したりしている方は多いです。

また、私のように、電子書籍を発刊するという動きをする人もいれば、

PVモンスターにチャレンジする方も多いです。

常に「何かを発信する」ということに、情熱的です。

また、クラウドソーシングでの仕事から、クライアントさんのスカウトで、

直接契約ということで、クラウドソーシングから離れるという方も多いです。

ただし、トラブルがあっても、助けてくれる人がいなくなるので、

この点は自己責任にはなってしまいます。

 

Welq問題で明らかになったワーカーの実態

昨年、コピペや無断引用・事実とは違うことを掲載していたとして、

閉鎖に追い込まれたWelqなどのおまとめサイトは覚えていますか?

その時に公開されたマニュアルは、ベテランやそれなりに経歴を積んでいる

ライターから見れば「それってやばいでしょ?」というものでした。

(この件について取材したライターさんがいるのですが、

性格的にひどいライターさんなので、個人的にはその方のブログ内容は

紹介しません。ごめんなさい)

 

Welq関連に関わったライターさんのほとんどがライティング初心者さんで、

著作権のことや引用のルールについては、詳しく知りませんでした。

そのマニュアルを頼りにしていました。

疑うという点を持っていなかったということになりますね。

怪しい点や絶対に質問して、納得しなければ契約解除するか、

相手の様子を見ます。速攻応募ということは、あまりしませんね。

それなりに経験を積んでくると、「この仕事やばいよ」とか、

「ここのクラウドソーシング社から離れようかな」とも考えるように

なります。

すると、勝手にクラウドソーシングという枠から外れて、

独自の路線を歩むようになります。

私も、クラウドソーシングの仕事を、請け負ってはいますが、

その裏で、たくさんの野望は出てきて、調子がよければ、バシバシと

計画を進めています。

今は、子供の問題で控えめですが、解決すればバシバシです。

 

「思考を止めるな!前に進め」ってマスタング大佐が言っていた

これなんです。

私が何度も筆を折ろうとしていた時、何度も子供のことで悩んだ時、

「思考を止めるな!前に進め!」ていう言葉に何度も助けられました。

 

鋼の錬金術師」に出てくるマスタング大佐の言葉が、

私を何度も助けてくれました。

じーっとその場で仕事を待つのではなくて、アグレッシブに活動すること、子供のことで悩んでも前に進む勇気を与えてくれた言葉です。

クラウドソーシングでも、複数登録をしたり、いろんな分野で執筆するのは、

「思考を止めないこと。いろんなことに挑戦すること」

それだけなのです。

その場で止まってしまうと、人間成長しないと思います。

クラウドソーシングだけでなく、いろんな場に挑戦することは、

いろんなことを勉強することにもなるし、

どうすれば自分の文章能力を上げれるかなどの勉強になるので、

私は、いろんな可能性をいろんな場で見出していくのみです。

 

まとめ

ある方からの書き込みを、webライター仲間に紹介してみましたが、

「おぉ、いい誉め言葉だねぇ」との返事でした。

webライターは、とにかくたくましくてアグレッシブです。

私は、自分自身ではよくわからないのですが、

「仕事するのはや!」と言われます。

仕事の中身について、抜かりなくするのが私のポリシーですが、

納期よりも早めに納品するのは当然としています。

だから、高い評価は頂いていますが、このままクラウドソーシングでの

仕事を続けるのではなく、noteやPVモンスターで頑張っていますし、

教育面でちょっと実はこっそりとした活動もしています。

何もかも前向きに考えて、これはいけると判断したものは、

慎重になりながらもチャレンジしています。

病気の影響で思考能力は落とされていますが、絶対いろいろと面白いことや

これは挑戦したいというのはあきらめません。

↑このページのトップヘ