google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

e9df00f201cd723dccdd15d6a971a201_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwak231)です。

現在、私が住む大阪は新型コロナウイルスの感染率が高いということで「緊急事態宣言」が出ていて、5月6日まで休校になっています。

学校からは登下校システム「ミマモルメ」のシステムを利用した緊急メールとホームページで、今後のことについて案内はきていて、指示に従いながら対応しています。

世間では、オンライン授業問題の話など出ていますが、今回のことで「あ、今の日本では無理だ」ということが見えてきました。

受験の時も気付いたのですが、まだまだ日本は世界の教育と比べると遅れています。
さて、私が子供の学校の対応で考えさせれたことを紹介します。



学校が採用している連絡ツールでサーバーダウン

子供が通う学校では、多くの学校が利用している「Classi(クラッシィ)」を採用しています。



子供の学校では、ICT教育を本格的に導入していないコースでもClassiのアプリをスマホなどに入れるように指示が出ていました。

3月末にシステムメンテナンスで利用できなくなっていて、4月以降から使えるとアナウンスがありました。新入生はIDとパスワードは発行されていないので入れませんが、在校生が新しいクラスがわかると知り、一斉に入ろうとして、サーバーダウンしました。

すぐに緊急メールでサーバーダウンしたことと、システムが不安定であることの連絡がきました。クラスはなんとかわかりましたが、先生からの連絡をしたくても、システムが不安定なので、何がどうなってるかわからない状態です。

結局、登下校システム上の緊急メールで、詳細を小分けにして連絡されることになり、今後のことや学校から渡したい書類などは郵送となりました。

先生たちもパニック。オンライン授業は難しい

大人たちの間では、すでに在宅勤務になっている方はZoomなどのオンライン会議ツールを使っていますよね。

すでに学校によっては、いざという時ようにとオンライン授業ができる学校は存在しますが、ほとんどの学校では出遅れているというのが現状です。

子供の学校のケースでは、海外の提携校の子供達とのオンライン英語コミュニケーションが行われていましたが、学校でのみ。スカイプを使っていますが、外部では使わないという約束になっています。

最近、大人でもZoomのセキュリティの気弱性が指摘されていますが、学校で導入するとなると強力なシステムのプロテクトをしないと、学校内のシステムが荒らされることになります。

すでに学校がきちんとシステム管理を行っている学校では、別の独自システムや「ロイロノート」など
が利用されていて、サーバー管理やシステム担当教員を育てています。



ロイロノートも人気があるICT教育ツールで、問い合わせが殺到しているようですので、本格導入するのには、時間がかかるものと思われます。今すぐ導入といっても、緊急事態宣言が終わってからスタートするという結果になり得ます。

今現在、子供の学校では「すらら」が導入されていますが、ロイロノートの方が生徒さんと先生とやりとりがしやすいと思うのですが、パソコン系が嫌いな先生はいますから、子供達も学校も今は振り回されているところではないかと思います。

これから私立中高でどんどん格差ができるかもしれない

オンラインを導入していなくても、自力で勉強をしている子は勉強しています。「通信教育でなら大丈夫だろう」と思っていましたが、今度は通信教育の受付元がどんどん緊急事態宣言の影響で、人員を減らす可能性はあります。

私ごとですが、通信教育で勉強しているものがありまして、緊急事態宣言により営業時間が短縮になり問い合わせの返事がかなり遅れています。

学校側が、オンライン授業を行っていなくても、課題を出している学校はあります。子供も知らない間に課題が出されていないかをチェックしていますが、パニック状態とサーバーの不安定さで課題が見れない状況になっています。

日頃から、学校側での非常時対応を考えておくべきだったのかもしれません。しかし、想定外のことが起きているので、どうすればいいかも迷っているところでしょう。

これを機会に私立中高で学力差がつく恐れはあります。しかし、フォローが上手な学校ではきっと落ちることはないと思われるけれど、今後の対応次第でどんどん格差は現れるでしょう。

まとめとして

今、中学受験準備中のご家庭はもちろん、公立私立中高生のみなさんは、とても不安な中で毎日を過ごしていると思われます。

公立では一切課題が出ていない学校もあると聞いています。塾に通いたくても塾も休校をしているところがあるので、子供たちが今一番困っているし、ストレスも溜まっているでしょう。

もちろん、親御さんも今後のことで不安を抱えていると思います。悲しい話も出てきていて、心を痛めます。

今は、勉強はもちろん手探りで勉強していかなければなりませんが、退屈だからと外に出ずに家でできることをしっかりやってみてください。

お手伝いしていることの中から、中学受験の問題に繋がったという問題もあるので、今は家でじっくり学校へ行ける日を待ってくださいね。


スポンサードリンク

671002


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

ついに、東京や大阪など7都市で「緊急事態宣言」が出されました。私が住むところは、大阪ですのでもちろん緊急事態宣言の指示に基づいての行動となります。

食事や日常品の買い物は大丈夫ですが、「できるだけ外には出ないで」というアナウンスがずっとテレビに出てきます。

ちょうど高校入学となっていた子供ですが、緊急事態宣言により、5月7日以降に延期になり登校日を設定されていましたが、休校中にしておく課題や入学に関する資料を郵送すると連絡がありました。

中学受験では新学年になったところで、これからいろいろと難しい分野を勉強したい時期なのに、学習塾も閉鎖の対象に入っているので、困っている方がいらっしゃると聞きます。

今の段階でわかっている情報をまとめてみました。我が子の学校での対応も参考に紹介しますが、かなり学校で休校中の対応が違うということもわかりますので、ご参考に読んでくださいね。



中学受験専門塾の現状

中学受験専門塾は「緊急事態宣言」の中では学習塾とみなされるので、休校という流れにはなります。先日、個別指導を行っている塾で新型ウイルスの感染が確認されました。

緊急事態宣言が出ている自治体の塾は、指示に従わないといけないし、保護者からも「行かせたくない」という声が出るので、無理に開くことはできないです。

今、オンラインで全て行う家庭教師の広告がネットで行われているのをご存知でしょうか?

私も調べ物をしている時によく出るので、気になっています。中学受験・高校受験対策向けとして展開しています。

もしかすると、オンライン家庭教師の会社が増えると思われますが、大手の中学受験専門塾でも、システムなどが整い次第、オンライン授業に変更するものと思われます。

ただし、今月いっぱいはオンライン授業にすぐ変更といかないと思われますので、今は手元にあるテキストが頼りになります。

また、この時に一番怖いのが、オンライン家庭教師でも、法外な金額で教えようとする人がいないかということです。

我が家はきていませんが、親がブログやSNSをしていて、そこから勧誘にきているという話を聞きます。絶対に見ず知らずの方の勧誘はお断りしいてください。

現役の私立中高生の現状

早くからオンライン授業を積極的に取り入れている学校は、普段から双方向システムを導入している学校は、休校措置となっても、すぐに家でのオンライン授業が受けられるシステムに入れ替えて、オンライン授業に切り替えて、授業を開始しているところがあります。

しかし、オンライン授業を導入していても、外部からの学校へのサーバーを防ぐ為に、制限をかけている学校もあり、せっかくICT教育をしていても、今回のような緊急事態時に「どうしよう」となります。

我が子の学校も、外部からのサーバー進入を防ぐ為に、iPadproを導入しているものの、プロテクトをかけているので、オンライン授業に必要なアプリを勝手に入れることができずの状態です。

今日、学校から連絡を受けて、休校中にして欲しい課題と学校関連の重要書類を一緒に郵送すると連絡を受けました。こちらも学校に入学式時に提出する書類がありましたし、授業料の減免書類(国はすでに提出すみ。自治体分がまだ)をまだいただいていないので、対応がどうなるかと心配しています。

「ICT授業しているのに、オンラインできないの?」とよく事情を知らない方から言われたのですが、学校が決めているICT教育の方針や、ネット管理者の考え、私たち保護者が知り得ないことがあるので、今は学校からの指示を待つのみです。

もしかすると、今準備中でオンライン授業ができるようにしてくれているかもしれませんので、今は親側は静かに待ちましょう。

まとめとして。心ない人の声はシャットアウト

こうして、中学受験のことや私立校の状況について書いているブログに対して、心ない人からのコメントや、SNSを通じた心ない声は出てきます。

もし、この記事を読んでいて、SNSで発信をされている方も気をつけていただきたいのですが、何を言われてもスルーしても構いません。お返事を差し上げてもいいのですが、結局はその方の価値観を押し付けられてしまい、ただでさえ緊急非常事態が出ている地域の親御さんは、子供さんのことで心配なのに、無用の心の傷つきを生みます。

その方は良かれと思って言っているかもしれませんが、当事者としては、ほとんど外出できずストレスが溜まっているのに、ほんの一言でかなりのダメージを受けます。

今は、「いのちをまもる」ことが重要ですし、お金には変えられないことですから、教育格差が生まれるかもしれませんが、それは後からでも追いつけます。今だけは、「いのちをまもる」ということだけを大切にしてください。

スポンサードリンク


f53c0038d070f912b37219451b32b38d_s
photo by 写真AC

初投稿:2018年4月17日
追記日:2019年7月25日
追記日:2020年4月7日

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

我が家の子供は中高一貫校の中学で勉強していますが、学力に不安を感じる子や将来の大学受験対策に,、早めに通塾している子はクラスはいます。

特に中3になると、他校への編入を考える子供さんもいて、高校受験対策をしている子もいます。

学校側では、成績の悪い子に対しての「居残り授業」、長期休暇に入れる「特別講習会」で対策をとるようにはしています。

我が家も通信教育を受講させようか考えて、候補としてあがったのが、「進研ゼミ」「Z会」のふたつを選択しました。まず「進研ゼミ」から資料取り寄せをして子供に見せたのですが、意外な反応を見せて受講を取りやめました。

なぜ、受講をやめたのか、実際はどうだったのかなどを後日談とともに紹介します。




進研ゼミの中学講座と中高一貫コースの大きな違い


進研ゼミでも「中学講座」はあるのですが、「中高一貫コース」をなぜ開講されているかというと、
  • 授業進度の違いを配慮
  • 私学独特の英語の教科書の違い
を考慮しているところです。

「私学独特の英語教科書」というのは、公立中や私学(中堅校以下)では、国の選定教科書を使います。しかし、一部の私立校では「プログレス」「プログレス21」という国の教科書よりも内容の濃い教科書を使っているからです。

子供の学校は「New Crown」を使用していますが、他校でやはり「プログレス」を使用している学校はあって、内容やレベルが全く別世界です。

※医療系コース・国公立理系コースの生徒さんは、我が子の学校のケースでは、中2から独自教科書をしようしていました。そして、我が子の在籍コースは、英語教育重視だったので、国の教科書と独自教科書、そしてネイティヴスピーカー作成の独自教科書を使っています。

そして、中高一貫校の場合は、中3で高1の授業をすることがほとんどですので、学校での授業進度に合わせてもらうことはできます。
(複数コースを抱えている学校の場合は、少し難しい場合もあります)

「中学生講座」では使用している教科書にばらつきはあれども、大きく授業進度に差がでないので、中高一貫校コースとは一線を画することになります。

中高一貫コースの資料を取り寄せてみた

到着した時の画像がなくて、大変申し訳ないです。

この理由は後ほど説明するとしまして。一度どういう問題をするのかなどの資料を取り寄せて
検討することにしました。

資料申し込みは電話でもできますが、ネットから簡単に申し込みできます。

<追記>
現在下記サイトから、チャットで質問もでき、資料申し込みができます。

「進研ゼミ 中高一貫コース」のサイトはこちら

申し込んでから1週間ほどで、実際に使うテキストのサンプルとコース説明や支払い金額などが書かれた紙が入っています。

ここであれれということが起きてしまいました。

中2コースを申し込んだはずなのに、中1コースがきたのです。
(すぐに電話を入れて中2コースの資料を送ってもらいました)

まず、中高一貫コースには「オリジナルコース」か「ハイブリッドコース」の2コース選択制です。

ハイブリッドコースというのは、専用タブレットもしくは手持ちのタブレット(iPadを推奨)で動画配信も見ての受講になるということです。

さらに、在学中学と目指す進路によって「スタンダート」と「ハイレベル」の選択ができますが、数学と英語の授業内容に合わせてあげる必要があります。


現在(2019年7月25日時点)では、紙ベースとタブレットとの対応のみです。

費用面などについて

支払い方法は、12ヶ月一括・6ヶ月分支払い・毎月支払いと選択できますが、
一番やすいのは12ヶ月一括のオリジナルコースで1ヶ月分換算で
7818円になります。
現在、月額8,444円となっており、オリジナルタブレットでの授業になります。

オリジナルタブレットについては、4ヶ月以上受講をすれば無償ですが、4ヶ月未満でやめてしまうと、端末代9,720円の請求がくるので注意してください。

以前はiPad購入ができたのですが、オリジナルタブレットは、アプリを追加できない仕様になっているので、勉強に集中してもらうようにしています。

資料などを見て、納得できれば申し込みにとなりますが、中高一貫コースは電話のみでの申し込みです。

実際に子供にやらせてみるとあれれという結果に

中2対応のテキストのサンプルを、子供に渡してやらせてみたのですが、「ママ、これもうやってるよ」との一言。

英語のテキストだったのですが、資料請求時に中学名は伝えていたし、進研ゼミを運営しているベネッセは、我が子が通う学校では、学力テストを提供しています。

授業進度やコースは把握しているのに、テキスト内容と合わないということに気がつきました。

さらに、数学もやらせてみたのですが、「これ、できるからいらない」という反応でした。

うちの子供がこの講座を利用していた時は、iPad対応でしたので、専用端末は不要としていました。しかし、このままやらせるのもお金の無駄遣いでしたので、すぐにやめさせることにしました。


まとめ

その後、なぜかこどもチャレンジの資料が毎日のように送られてきたので、ベネッセに問い合わせをして、DMを止めてもらうようにしたのですが、それでもどんどんくるので、個人情報抹消をしてもらいました。

それ以降は一切ベネッセ関連のものは届いていません。


さて、通信教育については、中高一貫校の子でも合う合わないとわかれて、別のお子さんはZ会の中高一貫コースでようやくしっくりした内容だったので、続けていると聞いています。

Z会も検討したのですが、レベル的にはハイレベルで通塾タイプもありますが、東大級を目指す子が通うということと近くにZ会の教室もなかったということから、通信教育や通塾は一切やめました。

※後日、中2の後半で、Z会の通信講座を利用することにし、国語と英語のみ受講しています。

この記事と合わせて読んでみてください。





私立校の場合は、子供さんの性格や勉強方法、よほど成績が悪くない限りは通塾や通信教育をする必要はないと思います。

もし通信講座を取ろうかと決めたときは、資料を取り寄せて、学校での授業進度やお子さんの反応は確認して、検討してください。

【追記と最新情報:2020年4月7日】
新型肺炎ウイルスの影響で、特定の地域に「緊急事態宣言」が出ました。東京と大阪・兵庫も含まれており、有名な私立学校ある地域が現在へ休校かオンライン授業に切り替わりを始めています。

1ヶ月程度の休校を国は指示しているので、「学習の遅れ」を心配されるご家庭で、すぐに通信教育で1ヶ月分の授業分を補おうと考えている方は多いかもしれません。

中2ぐらいであれば、学校での授業の進め方は把握している子が多いので、この1ヶ月を通信教育で補うというのはいいかもしれません。
しかし、新中1生は入学した学校がとる授業スタイルを把握していませんから、学校の授業が再開した時に、通信教育の速度とのズレが生じるかもしれません。

特に緊急事態ですので、5月以降どういう指導を行うかもわからないのが現状です。

すでにオンライン授業に切り替えている学校であれば、今は準備と正常に双方向ができるかのテストとして、試験的な授業や宿題配信をしています。

ですので、慌てて通信講座受講については、学校が復活してからでも遅くはありませんので、すでに教科書を手に入れていれば、自習としてお勉強するか、小6までに習ったことをおさらいする程度で大丈夫です。

スポンサードリンク


163344
イラスト by 「イラストAC」
<加筆修正日:2018年1月23日>
<加筆修正日:2019年1月9日>
<加筆修正:2019年10月30日>
<加筆修正日:2020年4月4日>

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のぺんぺん(@penpenwaker231)です。

1〜2月は全国的に中学受験突入中でしょう。
同時にそろそろ、小学生で中学受験を目指す子は、2月が塾の新学期ですので、
新小6のお子さんはぼちぼち受験準備に突入になりますね。

5月ごろから入試説明会も始まるところが出て来ますが、高校入試で求められる
「内申書」が必要なのかどうかが気になりますよね。
関西と関東、超難関校でも対応が異なりますので、この記事は昨年(2017年7月)に
執筆したものを再構成したものですが、今後、かなり変更されることを含め紹介します。



内申書は中学受験においては一応参考程度(例外あり)

内申書とは、高校受験では重要な書類の必要ですが、在学中の成績や素行、出席日数などが
記載された書類ですよね?
今の公立中学生の子は部活をしていないと内申点が悪くなるということで、近所のお子さんは毎日部活と塾通いでヘロヘロです。

さて、中学受験で内申書(もしくは在学証明や通知簿のコピー)を求めてくる学校は全国的には根強いものの、内申書なしで当日の得点を重視する学校は多いです。

私自身も気になり、当時の塾の先生にお聞きしたところ、「一部の学校では、内申書や在学証明を小学校の担任に書いてもらわないといけないのですが、かなり内申書を出さなくていいところは多いですよ。当日のテスト結果が全てですね」という話でした。

志望校は、内申書を何に使うかというとそれぞれ違いますが、基本は「出席日数の確認」程度で、
もし他に提出してほしい書類というと、「英検4級以上取得していれば、証明書の提出」は
言われます。

ただし、教育指導改革が2020年に変わる前に、2018年度から英語教育について変更が出ていて、
小3・4は「国際理解タイム」的な指導、小5からは「教務化」で国の選定教科書を使った指導
で「成績」がつけられるために、すでに全国的に受験科目に「英語」が英検準2級レベルを出している学校が出ています。

ですから、外部英語認定の証明を出していても、入学試験で実力が試されることにもなります。

また、超難関校では、出席日数も合否判定に使われる学校もあります。
特に有名なのが関西ではスーパー難関校と言われている「灘中学校」がいくら当日の入試結果がよくても、小5から小6の2学期までの出席日数が合否判定に使われ、特別な理由(入院など)で欠席日数が14日以上であれば、不合格になるケースも出ると言われています。
(もちろん、長期入院など特殊理由で欠席した書類を出願時に添付して、内申書にも記載してもらうことで考慮はされます)

志望校が「内申書必要」となっていれば、入試説明会で必ず何に使うか、合否判定に使うかはしっかり確認してください。(個別相談で教えてくださることもありますが、あまり公表しないですね)

*内申書は、担任の先生に直接お渡しして、必要な学校数だけ記入していただきます。
内容は、最終的には教頭先生と校長先生の確認をいただき、学校印を押して、小学校側で封印を行なって、お子さんもしくは親御さんに渡されます。

中身を見たくなるかたもいらっしゃいますが、開けずにそのまま願書と一緒に提出してください。
封入の際に割印が押されるはずなので、決して開けないでください。

内申書がない場合、後日提出する書類は?

無事合格して、入学者の集合日や制服の採寸日に書類や入学までの宿題を出される場合があります。
その時に、保護者に渡されるのが、合格した中学校・校長名の手紙で「6年間の健康記録と歯科記録・6年間の指導記録の提出」を小学校の校長が期日までに中学校に送ってほしいという手紙が渡されます。

さて、小学校時代にいじめにあった私たちは、「6年間の指導記録」の取り扱いを小学校側がどう書くかを心配しました。

10月下旬に8月下旬からずっといじめにあっていたことがわかり、11月下旬から2月初旬までは不登校にしました。合格後、子供の気持ちが落ち着いてから、特別室にかくまわれる形で学校に出ていましたので、あとで不登校になってから再度登校するまでの欠席日数が82日と私は記録していました。

中学から指定された記録は現在通っている中学校には、小学校から無事渡されたことは報告を受けました。ところが、初めての3者懇談会で「え?いじめにあわれていたんですか?それは全く小学校からの記録に書かれていませんでした」と担任から聞かされてびっくりしました。

小学校側も素直にいじめの件を書いてしまうと、小学校の管理面を怪しまれるので、不都合な点は隠したのかもしれません。同時に小6の成績も、不当評価を受けていていました。成績はテストの点数から言えば、90点代なのに、成績表は「頑張りましょう」ばかり。

さすがに、法務局に「人権侵害」として申し立てを考えました。結果としては、中学でまともな評価を受けることができたので、申し立ては取り消しましたが、小学校の成績評価を疑うことになりました。


中学校に入学してからの評価は変わります

小学校の評価の付け方は「絶対評価」で、ある1人の生徒が様々な教科に対して、どこまでできるか
という付け方なので、担任の私情が入ってきて、納得のいかない評価がでやすいです。

反対に中学校からは、「相対評価」になって、母体数(クラスの人数)から各教科の先生で判定をするけれど、学力テストや定期考査、普段行われる小テストなど総合的に順位をつけていって、それぞれの教科で先生が細分化されていれば、先生方で協議の上、評価をつけていきますから、定期考査と大きな誤差は出てくることはありません。

たまに、私立中学で困った先生はいるようですが、それでは学校の評価が落ちるので、
真面目に勉強をして結果を出していれば、文句はつけられません。


中学にあがってからの子供の成績は?

小5と小6の担任の評価がひどくて、毎回泣いていたのですが、中学にあがってからは、普段の小テストの結果や定期考査の結果、特に英語特化コースなので、ネイティブスピーカーの先生の授業の評価が重点的に見られました。

担任からの話を聞くと、書く方は成績は中間ながらもスピーキングで良いということで、英語のみは中間クラスながらも、スピーキングタイムの評価は高くついていました。

得意な数学や理科、そして基本の国語もよくてやっとまともに
成績がつけてもらえたと子供は喜んでいました。


まとめ

内申書がない代わりに、後日「6年間の指導記録の提出」は校長に依頼をお願いしましたが、
きちんと出してもらえているか心配はしたものの、届いていた代わりに内容を変えられていたのはびっくりしました。

全国区で有名な学校では、しっかりと学校に通っているお子さんで優秀な子を確保したいという考え方から、内申書で出席日数が極端に少なくて、成績が異常にいい子というのは「しっかり学校に通っているのか」と疑問は出てきます。

しかし、最近のいじめ・不登校問題から考えると、内申書というものはなくてもいいものかもしれません。

今後は、小学校で習う科目や子供たちに対して「思考力」を求める教育を施す考え方のようで、中学受験のシステムもどんどん変わるでしょう。

内申書についても、今後必要としていた学校も、「提出不要」とする学校は今後増えてくるかもしれませんので、最新情報はしっかりとしらべておきましょうね。

今の所は、必要ではない学校については、当日の実力が大切なので最新の情報収集はしっかりと塾とともにしておくことは大切です。

【追記事項:2020年4月3日】
2月末から新型コロナウイルスに伴う学校の一斉休校が始まりましたよね。3学期の評価や出席日数について、混乱が生じた模様です。私の子供の中学(私立中高一貫校)でも、成績表は渡されまして、出席日数を確認しました。

子供達が見れる成績表には一切の記載なしでした。しかし、学校側では出席記録を残す義務はあります。
心配されるお母さんは多いと思いますが、現在のところは「特殊事情による臨時休業」という観点から、欠席日数には含まれない模様です。

インフルエンザなどの「出席停止」でもありませんし、国全体で罹患するかもしれないウイルスですので、出席日数には含めないと思われます。学校での記録上は、生徒さんが不利益を被らないよう配慮するべきと文部科学省から通達が出ています。

新型コロナ 小学校 中学校出席日数などについて

4月は入学式や遠足など様々な行事が入りますが、クラスター感染防止の為に休校期間が伸びる恐れはあります。対応が早い自治体や学校では、オンライン授業の準備を進めているところもあります。勉強面で心配かもしれません。しかし、出席日数については、文科省は不利益にならないようにと指示を出しているので、子供さんが中学受験の面で不利益を被らないと信じましょう。

スポンサードリンク


082243

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今、新型肺炎ウイルスの猛威で、徐々に休校していた学校が新学期開始の延長を発表し始めています。我が家は、高等部の入学式が延期にはなっていますが、感染者が激増しているので入学式がどうなるかが心配です。

新学期や部活動もいつから開始になるか見えない状態です。

今、お父さんやお母さんでリモートワークとして、在宅勤務に切り替わっている方が多いですよね。連絡ツールを使われている方は多いのですが、子供の授業に使えないかという声が上がり始めています。

オンラインでの授業やクラスメイトとの会話はできると思うのですが、私達親や学校でできることって、そうすればいいでしょうか?



かなり遅れている日本のオンライン授業

bb6bb7e497ba35ecfe43f7abd8a2f84f_s

新たな教育指導要領には「プログラミング」が入りましたが、実際には「オンライン授業ができない。もしくはなかなか難しい」です。

数年前(我が子が小学校高学年)から、先生がパソコンを使った授業を一部行ってはいましたが、Wi-Fi環境下での授業ではありませんでした。

それから、中学受験をして私立中高一貫校へ入学し、ICT教育導入クラスに在籍していますが、全校Wi-Fi整備が入っておらず、各クラスからオンラインで授業が成立するかというと、今のうちに学校全てにネット環境、特にWi-Fi環境を整備する必要が出てきます。

モバイルWi-Fiを緊急導入するという方法があるかもしれませんが、今後のことも考えて、早めにネット環境を学校側が導入し、先生もオンライン授業に使うツールやソフト・アプリに慣れておく必要があります。

慣れていない先生が多いので、ネット関連でサポートできる先生などの配置は必要です。

そして、ご家庭ではタブレット端末やパソコンを購入するという経済負担が出てきます。同時にネット回線を引いていないご家庭もあります。

国は、低所得者向けで尚且つ小中学生家庭に、モバイルルーターを無償提供すると発表しました。



ところが、通信費は使用者が支払うということで、通信量が多ければかなり高額出費になるのではないかと思われます。

家で子供一人でパソコンやタブレットを操作するとしても、小学校低学年・中学年は一人では操作するのは無理なので、親御さんが見てあげる必要があります。ということは、共働き家庭では誰かがひとり家にいなければいけないとなります。

さらに、自分で買ってきたパソコンやタブレットを子供に与えるのはよいのですが、悪質なサイトへ入ったり、勝手にゲームアプリを入れて課金する恐れがあります。

WindowsパソコンとMacで年齢制限をかける方法はあります。しかし、簡単に子供は解除する恐れはありますし、ウィルス感染の危険があるので、本来は学校側が提供する端末類を使用するのがいいのですが、どこまでするべきかが問題です。

慌ててパソコンやタブレットを買う必要はなし。

SNS上では「オンライン授業が始まるかもしれないから、タブレットを買おうと思います」という投稿をいくつか見かけましたが、慌てて親が買いに走る必要はないかと思います。

自治体や学校側から貸し出しを受けられる場合もありますし、すでに全校ICT教育を実施している学校では、既存のアプリで対応することも考えられます。

この機会にと、学校側からタブレット購入の案内があるかもしれませんので、学校からの連絡待ちでも遅くはないと思います。

学校によっては、子供さんが持っているスマホを使って、オンラインで英会話授業に使っている学校もあります。既存のものを利用できるのなら、新たに購入は控えてもよいです。

問題なのは、すでにICT教育を行っている学校では、生徒が勝手にアプリを入れらないように、プロテクトをかけていることがあります。

子供の学校で購入したタブレット端末がこれにあたり、年1回行われるアプリ追加のプレゼンテーションで、追加できるアプリを決めて業者さんに入れてもらっていました。

プロテクトがかかっていて、親御さんが会社で使っている会議ソフト(Zoomやスカイプ)が入っていないので、どうすればいいかと子供達の間で話し合い中です。
しかも、2年間かなり使い込んでいて、調整などをする為に3月に業者さんへ預けるはずでしたが、一斉休校でできなくなり、今は不調の中で使っています。

今後、オンライン授業に移行するにしても、全員の端末で不調が出ているので、代替え機が必要になりますが、親のパソコンを利用する方法に移行するかもしれません。

まとめとして

新型肺炎については、長期化する恐れがあるとされていますが、長期化すると教育面でどうすればいいかと悩むところですね。

オンライン授業についても、いますぐに導入したくても、完全スタートしたくても時間がかかるのではないかと思います。

今すぐにとはできませんが、準備期間中はもし手元に新しい教科書があれば目を通すだけでもよいし、ドリルをやっておく、前の学年に習ったことの復習など。

おうちでできる範囲でもいいので、いつオンライン授業が始まってもいいような姿勢はしておいて、今までの復習をしておくとよいでしょう。

焦る気持ちはありますが、慌てて先に購入してしまってから損をすることもあるので、学校側の連絡も待ってみましょう。

スポンサードリンク

66582fbf053f0b2bbe1102f13dabcf2f_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

4月に入り、新型肺炎ウイルスでいつ学校が始まるかが議論になっています。急激に増え始める兆候が見られるためで、入学式や新学期がかなり遅くなる可能性がありますね。

オンライン授業の導入も検討されていますが、その影で、新聞もしくはネットニュースでこの記事を見た方はいらっしゃいますか?



娘さんと息子さん二人とも発達障害で、息子さんの中学受験のツイートから連載が始まっています。

実は、発達障害がある子や「グレーゾーン」と言われている子が中学受験を目指したり、実際に受験し合格していることはあります。

私の幼なじみに発達障害と付き合いながら、立派な仕事をしている人はいますし、子供の友人にも発達障害でありながら、素晴らしい才能を持っている子はいます。

残念なことに、才能は認められて「学校においでよ」と言われても、家族から辞退しているケースはありますし、大人になって「こういうことが怖い」とせっかくの才能を封印しているケースはあります。

読んでいて、何か大人の世界で利用されたという感覚はあります。私自身、最近になり知ったこともあるので、紹介しますね。


記事となったご家族の事情

今回、紹介されたご家族はお母さんと息子さんの中学受験についてです。しかも、発達障害でADHD(注意欠陥・多動性障害)で、集中力が途切れて気が散りやすいという障害です。

娘さんも同じ発達障害で、中学受験をさせても公立中学一貫校へ進学しています。お母さんはシングルマザーですが、娘さんも息子さんも中学受験をさせています。

経済的余裕の問題から、娘さんは専門塾に通わず公立一貫校へ進学。息子さんの場合は、算数で非常に素晴らしい才能があったので、数学オリンピックの常連校でもある灘中への進学を決めました。

誰でも、中学受験専門塾の費用には参りそうになって、私も子供の受験時にお金で結構悩みました。

しかし、紹介されている息子さんについては、特待生制度がある塾をみつけて、条件つきで特待生として入塾しました。その条件は「灘中を受験すること」が条件でした。

塾内での成績がよく、灘中模試などでも好成績をあげていたので、塾へ支払うお金は困らなかったと思います。しかし、通塾する費用面、もし灘中に合格してからも通学できるのかという問題が出ました。

合格はできましたが、入学後の金銭面や発達障害特有の行動に対応できるかの問題で、入学を辞退。その後、塾側から東京・開成中などの受験の指示は出ましたが、結局は公立中高一貫校へ合格し、進学が決まりました。

学校側からも十分なサポートをすることや、事情を知った方からのクラウドファウンディングの申し出はありましたが、母子家庭にのしかかる金銭支援の壁(クラファンから得たお金を使えば、母子家庭の公的支援停止など)で、諦めるしかないと判断して、新しい道へ進むことになりました。

私自身も理解するのに時間がかかる発達障害とお金の問題

発達障害といっても、いろいろとタイプがあって、紹介された息子さんは受動型の自閉症スペクトラムを持っていると診断を受けているという話です。

おとなしいタイプの子も入れば、急に怒り出して暴れるタイプの子もいます。私の知っている子も、おとなしい子はいましたけれど、ちょっとしたことで怒って大変でした。

お母さんが心配されたのは、おとなしいタイプでは精神的負担がかかりやすく、二次障害が出ると学校へ通うこともしんどいと話されています。

学校側にも話をして、十分な配慮をしてくださることは約束していただけたようですが、いろんなご家庭の子がくるので、周りの生徒さんが息子さんのことを十分理解していただけるのかと思いました。

そして、記事でも書いていらっしゃいますが、母子家庭なので国や自治体からの援助を受けて生活をしています。

もし、灘中へ合格して通学させていると、国からの低所得者向けの支援金(10万円)は出ますが、クラファンを受け取っていたりすれば、クランファンは課税扱いになり、国からの支援金も受け取れない。そして、母子家庭への援助も打ち切られてしまう。

様々な金銭問題から、私立中学への進学はやめて、公立中高一貫校を受験し合格しています。

少し疑問に思ったのは、母子家庭でもお母さんがかなり稼いでいる方で、子供さんを中学受験させて、入学している子はいます。しかし、今回ご紹介した方は、塾さえも通わせるのは難しく、実際は通学さえも難しい状況ではなかったのかと思います。

子供さんに希望を持たせることはいいことです。実際に学祭にも行かれていたとの話なので、子供さんの夢を叶えてやりたいと、受験前は気持ちがあがっていたと思います。

現実はというと厳しくて、支援があっても今度は国や自治体からの助成金を打ち切られると、どっちをとるべきなのかと。

子供さんの才能を伸ばす為にと、有名な学校へ通わせるというのはよいかと思います。しかし、子供さんの特別な障害と金銭面から考えれば、つらくて悲しい話かなと思います。

発達障害の子供さんで才能ある子をどう開花させるべきか?

学校側が受け入れ可能としても、金銭面と学校側で「どこまで対応ができるか」がキーポイントと思います。

金銭面でいえば、学校側でも特待生制度があれば、中高6年間授業料免除になります。しかし、設備費などの諸費用は納付しなければいけませんし、交通費もばかにはできません。私どもの家庭でも諸費用や交通費は悩みの種です。

学校側もフォローはできると思いますが、特殊な子に対してどう接していくべきかのスペシャリスト的な先生がいらっしゃれば、大きな問題にはなりません。しかし、慣れていない場合は、せっかく入学できても対応できなければ、せっかく持っている才能を潰しかねません。

私の幼なじみや友人の子供さんに、特殊な才能を持つ子はいましたが、理解されずに支援学校へと行った子はいます。その後、大人になってから立派な職業についている方もいます。しかし、様々な制限があり、車の運転は控えています。

今回紹介した記事で対応しているお母さんは、今後連載をするとのことですので、発達障害を持つ子とどう向き合うかを執筆されますが、私としては、親と子の関わり合い、そして周りがどう支援したりしていくかで、発達障害をもつ子供さんの才能を生かすも殺すもあると思います。

個別での障害の違いがあるので、統一した結論は出せませんが、個別に対応していく必要があるのではないかと思います。

私も、今回この記事をあげる前に、当初は悩みましたが、中学受験の傾向が徐々変化していて、不登校の子が新しい環境下で勉強したいと受験しています。発達障害についても、今後は私立校での課題になると思われますので、私も今回のお母さんの記事を継続して読んで、私立校のあり方を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク


IMG_22032019_103518_(720_x_600_ピクセル)

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今日から4月となりましたね。子供の通う高等部の入学式の日程案内はきましたが、新型肺炎の影響で取りやめになるか、最悪自治体などの要請で休校期間が延長する恐れがあります。

授業にも影響が出るので、とても心配しているのですが、学校側の対応待ちですね。最悪、オンライン授業に対応できるように、私のサブで使っているパソコンを子供が使えるように準備はしています。

さて、ちょうど通信教育を受講していて、我が家はZ会を利用しています。ベネッセを利用した時期はありますが、子供からの意見でZ会を利用しています。

利用し始めて、変更をかけた部分はありますが、継続して利用しています。
さて、利用してからの様子と、これから続けていくつもりかなど紹介します。



取り組み始めて、一度は悲鳴。最近の様子は?

最初は国・数・英の3教科で受講開始しました。しかし、数学のみがコースの進行速度と合わず、相談の結果、数学は受講なしとしました。



国語と英語のみ受講は続けていたのですが、中3になってから学校での課題が増えて、講座の宿題を提出していない状態が続きました。(保護者向けアプリで提出状況などが把握できます)

一度、しっかりと子供には注意はしました。

受講料は馬鹿にならない金額なので、サボらずにやって欲しいと伝えました。子供からは「いろいろと学校から課題が出ていて、手が出せない」と泣き出す状態でした。
反抗期が重なっているので、私からガミガミ言えば、さらに課題をしない状態に......

主人に「z会の課題をしない」と相談をしました。すると「僕から言うから、ぺんさんは黙っててね」と言われ、主人に子供への話し合いを託しました。

主人は、いつのまにか子供の性格や「どう言えばすんなり納得するか」というのを知っていました。身近にいる母親が気がつかないことも知っていました。

いざという時は、父親の出番ですね。

提出が間に合わないものは諦めることにし、最新版の講座を視聴してから、課題を出すようにするのは約束してくれました。

1月に行われた学力テストにチャレンジ。その結果

00be05a0c02aa28cc9a5115f253c8ed3_s

今年(2020年)1月の特定日に、学力テストが実施されました。3教科受験で、数学は受講していませんでしたが、自分ができる範囲のみでも提出するとチャレンジしました。

結果は、悲惨な結果にはなりましたが、同じ学校で受講している子の人数がわかりましたし、学校で集団で受けるベネッセの学力テストとの違いが出ました。

学校で受講しているのは基本4名。教科で受講している人数は違うのですが、レベルの高いクラスの子と一緒に勉強しているという、ちょっとした自信はついたようです。

学校で行われた学力テストがベネッセのものを使用していたので、教科別で比較しました。ただし、数学はZ会では受講していないので、比較資料とはしませんでした。

国語については、ベネッセとZ会ではレベルではほぼ同じでした。この3年間で苦手としていた教科なのに、いえ中学受験時に成績がよくない科目でしたが、自然と実力をあげていることがわかりました。

算数は、Z会のレベルが高すぎるので仕方ないということで公表なしです。わからないながらも、頑張って解答したことがわかりました。

英語は、先日英検準2級を合格しているのですが、試験結果としては少し成長している様子はわかりました。Z会の内容としては、一部高校レベルが入り始めていたので、正直にいえばキツかった内容と思われます。

継続して受講するかどうか相談をした結果

スケジュールを立てずに、空き時間にZ会の課題に取り組んでいたことも、テストの結果の話し合いでもわかり、「いい加減な気持ちで受講するなら、もうやめてみる?」と聞きました?

そして、ベネッセの中高一貫コースに戻るかも聞きました。

彼女にとって、ベネッセは小学校コースでのいやな思い出があって、戻るつもりはないときっぱり言いました。「だから、Z会で頑張りたい!」と子供の必死な訴えから、受講継続を決めました。

子供に必ず守って欲しいことを伝えました。

  • 保護者用アプリでどの教科を取り組んだかわかるから、間隔が開いた時は注意する
  • 将来いきたい大学とはかけ離れているカリキュラムでも応用はきくから続けること
  • 受講していて、どうしても辛くなった時はすぐに言って欲しい
これら3点は守って欲しいと伝えて、了承を得ました。
つらくて続けにくければ、無駄なお金の出費になるし、勉強が嫌いになってしまいます。私の過去のことから、無理にレベルの合わない勉強をすれば学力低下に繋がるので、素直に「無理」と言ってもらい、今後どうするかを考えようと思います。


まとめとして

今は、一斉休校で学校からは宿題が出ていて、中学3年生の最後に勉強したかったことは、宿題でもって補完できました。

しかし、今後4月の入学式と始業式を終えてからは、新型肺炎の具合ではまた休校が延長するかもしれません。

その時に、オンライン授業が行われるかもわかりませんし、今後のことはわかりません。

というわけで、通信教育をとっておいて、少しは先取りでお勉強ができるのはよかったかもしれません。しかし、学校での勉強とは違うことは多いので、やはり新型肺炎が収束して、学校へ通えるようになるしかないかなと思いますし、ダメなら、オンライン授業が行われる体制作りをして欲しいばかりです。

スポンサードリンク

fab38c22c2011f8f0defc9d973de82c9_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今日(2020年3月30日)、芸能人の志村けんさんがコロナウイルスの治療中に亡くなられたと訃報が出ました。とても人気のある方でしたので、世間では大きな悲しみが渦巻いています。

今まで「自分達には関係ないでしょ」という考えが広がっていましたが、他人事ではないという考え方に切り替わっています。学校関係についても、4月再開を目指しているようですが、この数日の患者数増加と志村さんのことを考えると「子供を学校には行かせたくない。感染すること・感染させてしまうことが怖い」という流れが出始めています。

さて、2021年の1〜2月に受験を控えている新小6の子供さんをもつご家庭でも、不安を感じているかもしれません。

我が家は私立中高一貫校の新高1の子供がいますが、入学式の案内はきているものの、今後の罹患者の増加次第では、休校措置などを行うものと思われます。(すでに事前にそのように連絡がきています)

では来年受験をする新小6の子供さんの中学受験はどう影響がでるか?私でご紹介できる範囲ですが、参考になれば幸いです。


通塾がまともにできるか?オンライン授業への切り替えになる恐れはあり

国の学校一斉休校に伴って、一旦大手塾は学校と同じ動きを取って、一定期間休校処置を取りました。
中には学校が休みでも、授業をしていた塾はあります。

今はほぼ通常通りに塾は再開されていますが、春季講習の短縮は行われているはずですし、集団指導や個別指導でも感染防止の為の対策は取られていることでしょう。

しかし、最近急激に罹患者数が全国的に増えてきていることから、再度国から外出自粛の要請はあるかと思われます。

一部の塾では、オンライン授業に切り替えられる準備はしているようですが、生徒側の方ですでに個別指導塾や、家庭教師、オンライン専門塾へ切り替えている様子が出ています。

すでに、オンラインで中学受験を乗り切ろうと謳っている塾は出てきているので、今からの受験対策がどうなるか気になるところです。

小学校の再開が微妙

中学受験専門塾は、小学校再開の様子と合わせながら動いていますから、再度休校決定になれば、塾側も保護者さんからの要望があれば、それに応じなければ塾から生徒を逃すことになります。

子供さんの精神面を考えれば、小学校に通いながら塾にもいき、気晴らしをしながらの中学受験がいいのですが、流行の度合いによっては、またもや一斉休校は避けられません。

学校が休みとなると、感染を心配するお母さんからの声は大きくなるので、仕方なく休校とするか、事前に準備ができているなら、オンライン授業に切り替えるでしょう。

多少の費用負担増加はありますが、小学校の再開が塾への通学と連動すると思われます。

志望校の学校見学会・説明会・文化祭・体育祭に入れない!

私の子供の学校から、まだ新年度の年間行事表はもらっていません。ホームページを確認したところ、個別での相談会は応じているようで、流行次第では、個別相談会は中止としています。

しかし、ほとんどの学校が集団感染を防ぐ為に、学校見学会・説明会は中止にする方向ですし、5〜6月頃に文化祭や体育祭を開催している学校は、おそらく中止や生徒のみでの開催になるのではないかとみています。

入学式ですら、保護者のみで2名の制限がついているぐらいですから。(中学の入学式の時、一族郎党できていたご家庭がありました)

ホームページで、状況を見ながら説明会などを開催の案内を出すかもしれないので、チェックは必要でしょう。

まとめとして

2021年受験組の子供達は、異例づくめの受験となることは間違いありません。休校や外出自粛となれば、思うように出られないです。

感染のことを考えると親御さんも外に出すことは怖がるかと思います。

もし、まともに受験できるとしても、出題されることとしては時事問題として今の直面していることは出題されるでしょう。

異例のことで、私もどのようにお伝えするべきかと迷っていながら書きましたが、どうか、手洗いとうがい、マスクの使用は確実にして、お過ごしください。


↑このページのトップヘ